本文へスキップ

「残念だけどしょうがない」不倫相手からの別れのメール

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

「残念だけどしょうがない」不倫女からの終わりのメール

浮気がばれてあっさり認めた夫。
家庭を壊すつもりはないから、仕方なく相手との終わりを選んだわけだ。

「残念だけどしょうがない」そんなリアクションの不倫相手にも妻の怒りが収まるはずがない!

妻に対する謝罪の気持ちより、不倫の恋愛ごっこの終わりを悲しむだけの女。
夫もばれたから仕方なく終わりにしてあげるも同然な上から目線。

二人の関係、簡単に削除できても、傷を負った妻の心身は壊れかかっている。



ダブル不倫する夫のダブル不倫の相手


浮気問題は一色単ではない。

そんななかで探偵がよく遭遇するダブル不倫。

とある30代の夫がいた。その夫、既婚女性と浮気していたのだ。

妻は夫のスマホからダブル不倫の事実を知った。そして相手は心当たりのある女性だった。

夫のスマホには、どこでどう会っていたかも書かれていて、ラブホテルにも行った事実も書いてあったという。

夫のスマホ見れていたのだ。

驚くことに、女からのメールには、「旦那以外久しぶり、、、」
さらに、「このまま旦那だけで終わりたくない。刺激が欲しい」

そう綴られていたという。もちろん、浮気夫のほうも、利害一致した内容で返信していたのだ。

で、二人の密会は頻繁ではないものの刺激を求め続いていったのだ。


浮気がばれてみとめた夫


世の中、浮気がばれるときはあっけないものだ。

この浮気夫、「最近俺を邪険にしている!」、「そんなんだったら俺、出ていく」と、妻に放った。

それはそうだ、刺激が欲しい理由で面識ある女と不倫しているんだ。
まして妻は黙って何も知らない嫁を演じている。

そんな状況で、こんな浮気夫を優しく迎えろ、居心地よくしろだと!?
冗談じゃないって感じだ。

妻は我慢の限界だった。

だからとうとう、夫と彼女の不倫について、すべてお見通しだったことぶちまけたのだ。

で、心身とも崩壊状態で、離婚まで考えていると夫に言った。

すると浮気夫、あっけなく彼女との不倫を認めたのだ。

で、よくある決め台詞が出た。

「家庭を壊すつもりはなかった」と。

妻の怒りはおさまらない。そんなに不倫していたいなら、彼女と結婚すればいいとも言ってやった。。

すると、またまた浮気夫の決め台詞。

「彼女のこと好きではない」だと!

ほんと浮気夫の多くはこう言うものだが、この浮気夫はその後、すまなかったと謝罪し、もう連絡も会うこともしない。連絡先も削除すると言ったという。

もちろん妻は腹が立って仕方がない。矛先は相手の女にも向かった。

「不倫までしてて、彼女は妻の私に何ら謝罪もないのか!?」と。

するとまたまた出ました、浮気したお方たちの常套文句、これは浮気妻も一緒だ。

「悪いのは全部、俺だ!」と。(「彼女には関係ない」も類似パターンであるけど)

さらにとどめの一発が出てきたが、これも常套文句。言わなきゃいいのに。

「ちなみに、黙って人の携帯(スマホ)見るのってよくないよね。俺だったら絶対にしない」だと。

なんだか上から目線な感じ。本当に反省しているのか。

こんな様子なら、水面下に潜る二人も多いはずだ。


浮気相手にメールする夫


しかし浮気問題、夫婦問題は様々だ。

水面下に入っていく二人もいれば、これが潮時だと終わりにする二人もいるものだ。

この浮気夫、一応、相手に「もう不倫はできない。ごめん、終わりだ」みたいなことを送信したという。

それは妻も確認したので明らかなのだが、妻をまた怒らせた女からの返信、、、

「残念だけどしょうがない。終わりにしよう。」だと。

妻と子供に対して悪かったの一言もなく、恋愛を断たれたことによる悲しさをうたっているじゃない。

まして妻にばれたってことすらこの浮気夫は女に言ってない様子だった。

怒った妻は、「彼女はこんなことしてて妻と子供に何の謝罪もないのか!?」と放った。

すると夫は、彼女のご主人に悪い事をしたから始まり、再度送信。

で、彼女から返ってきた返信に、やっと、たった一行謝罪の言葉が入っていたのだが、このメール、妻に確認されてることも知らないから、二行目からはこんな調子

「**君(浮気夫のこと)も大変だったわね。

残念だけどしょうがない。お互い削除しましょう。」

夫も女も何事もなかったかのように、ぽちっと削除で済ましているが、された妻の傷はすぐには癒えない。

ダブル不倫していた二人も、「苦しかった」などと綴っていたが、そんな苦しみはちっぽけなもの。

ほんと、不倫はやっているほうも含め、みなを不幸にしてしまうものだが、やったほうの二人、三日もすれば回復するって。


浮気、不倫を斬る!|メニューへ