本文へスキップ

浮気の証拠が欲しい|不貞を立証したい!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気の証拠が欲しい|不貞を立証したい!

「最後の最後に切り札となるものは浮気の証拠です。
 また将来に向けてあなたを守る保険となるのも浮気の証拠です。

 浮気の証拠を使用する目的も時期も人それぞれですが、探偵に調査を依頼するのであれば、中途半端な証拠で良しとはせず、不貞行為があると推測される証拠をとるべきです。」

不倫調査の依頼人夫と不倫相手の不貞の証拠


 探偵に浮気調査を依頼するに至った経緯は人それぞれですが、探偵・興信所に費用までかけて依頼すると決めた相談者に対して弊所はこのようにお話をしております。

 「最後の最後に切り札となるものは浮気の証拠です。また将来に向けてあなたを守る保険となるのも浮気の証拠です。

 浮気の証拠を使用する目的も時期も人それぞれですが、探偵に調査を依頼するのであれば、
中途半端な証拠で良しとはせず、不貞行為があると推測される証拠をとるべきです。」


千葉県の探偵相談員


 浮気の証拠として立証するため、探偵MKリサーチはトータルで判断し調査の方向性を提案します。

 浮気の証拠とは、不貞の関係があったと推測できる証拠です。

 要するに不倫している二人の間に肉体関係があると推測される事実です。

 分かりやすく言えば、ラブホテルやモーテルへの出入りを証拠として捉えれば、まず間違いなく不貞行為はあったものと判断され、浮気の証拠としては有効です。

 ところで通常、探偵相談員は、相談時に、「ご自身で浮気の材料とか証拠となるようなものをお持ちですか?あるのならその内容を教えてください」と質問するはずです。

 その際、相談者によっては、「浮気相手とのメールのやりとりを見ました。ただ見ただけですし、メールの内容を撮影したり保存したりはしていません。」

 また違う相談者は、「浮気相手とのメールは写真に撮ってあります。ある程度の枚数にもなっております。」

 いかがでしょうか。依頼者が持つ浮気の証拠材料としては、後者が格段に有効であります。もちろん、誰しも写真として保存できるわけではありませんが。

 しかし、浮気相手とのメールを見て「二人は親密な関係だ!」とただ言っている方に対してと、浮気相手との親密な内容のメールをある程度の期間、写真を撮って保存されている方に対して、必要とされる探偵の浮気の証拠は各々違うのですと言ってきております。(要するに探偵にどの程度の浮気の証拠をとってもらえば良いか)

 また、「浮気相手と一緒にレストランで食事してきたようです。二名と書かれたレシートが見つかりました。間違いありません・・・女性と一緒でしか入らないような店です」と相談時に話された方もいれば、

 「仲が良さそうにレストランで写したツーショットの写真が出てきました。カラーコピーして保管してあります。」

 いかがでしょうか。一枚のツーショットの写真があるかないかだけでも、浮気の状況証拠としての説得力が全然違ってきませんか?

 そのように依頼者が持つ浮気の状況証拠の中にも、戦力におおいになる材料もあれば、そうでもない材料もあります。(まったく無駄ということはありません。どんなに小さな材料でも蓄積しておくべきです)

 またまれなケースですが、依頼者が持つ浮気の状況証拠の内容の質が良く、かつ量も豊富であり、それら単独でも結構有利になるだろうという証拠まで握っている相談者もいます。

 が、それで十分かというと、そうではないのです。

 要するに具体的に不倫の二人が不貞行為に及んでいただろうと推測ができる行動の事実を目で見る写真(映像)で捉えることが必要となってきます。

 
探偵はその部分、要するに目で見る写真(映像)の部分を捉えるため、どの程度の量の浮気調査を行えばよいか依頼者ごとに方向性を判断するのです。
 

 すべての浮気調査の依頼者が同じ量の証拠が必要か?なんていうことはありません。

 どの相談者に対しても、同じくらいの浮気調査を促す探偵・興信所は本来おかしいのです。


茨城の探偵相談員


 もちろん浮気の証拠はあればあるほど良いに決まっていますが、これで十分でしょうという線引も大事。
 
 それは依頼者の費用対効果のためです!


 幾ら料金がかかっても良いから、とれるだけ浮気の証拠をとって欲しいという依頼者などあまりいません。

 たとえそう言われたとしても、どの程度の浮気の証拠の内容と量があれば十分か探偵はきちんと解説しなければなりません。

 当然、浮気調査の後の方向性によっても違うと言う探偵もいるでしょう。

 しかし離婚するしないにしても、慰謝料を請求するしないにしても、きちんとした浮気の証拠はとらなければだめですと言うでしょうから結局同じことなのです。

 浮気の証拠としての考え方として、探偵MKリサーチの過去の事例で解説します。

 千葉の30代の妻は、目で見れる豊富な浮気の状況証拠を持っていたので、たった一度の夫と浮気相手との外泊の証拠写真、それもホテルではなく浮気相手の部屋での外泊で不貞を認められた事例があります。

 もちろん、その判断は、担当した弁護士がそれで闘えると踏んだからです。

 それと相反して、40代の千葉の浮気相手の部屋に転がり込んでいる夫がいまして、4〜5回ほどの浮気相手の部屋への出入りを証拠として捉えた証拠がありました。

 しかし、裁判所は、「それだけでは不貞は認められない」との判決でした。

 夫は頑として不貞を認めない態度で(不貞行為がないことはないのだが・・・)貫き通したそうでした。

 しかし、浮気相手の部屋に二泊した証拠であったが、他の日に二人でデートした事実を捉え、手をつなぐ、肩を抱く、車中でキスをしているという証拠写真が撮れたため、裁判所が不貞を認めた40代の千葉の奥様の事例もあります。

 また浮気の証拠の内容としてこのような考え方もあります。

 浮気相手とラブホテルに入った証拠(数時間の滞在)をとりました。もちろんそれ単独でも、不貞行為は立証されます。

 しかし、担当した弁護士は、「たとえラブホテルに行かないにしても、もう一度親密な様子で会っていた証拠が欲しいですね。食事でもいい。」と言ったそうでした。

 依頼者はラブホテルだし一回でも十分だろうと踏んだのです。が、だめと言うことではなく、継続性が欲しかったということです。

 
みなさんが思われる浮気の証拠と実際に浮気と立証できる証拠とのギャップはあるようです。

 また裁判所の裁判官の個々の判断にも影響はされるようですが、ここまでの浮気の証拠はあったほうが良いという探偵の見解も受け止めることも大切です。

 飲食店でツーショットだけの写真で不貞だという方はいないとは思いますが、一晩浮気相手の部屋に外泊した証拠だけで、不貞が立証できると思ってはいけないということです。(実際は不貞の関係であるはずですが・・・)

 
不貞行為そのものを立証しろと要求しているわけではなく(それは不可能な話ですから)、不貞行為があるだろう、続けているだろうと推測できる証拠をとりなさいということです。

 費用をかけて探偵に依頼するのであれば、きちんとした浮気の証拠をとるべきです。


 浮気の証拠とはでも証拠に関する事例を紹介しています。

 ぜひご参照ください。

 もちろんそれには、依頼者の予想より日にちを要する場合もありますが、探偵MKリサーチはむやみに調査を行うことはせず、依頼者の費用対効果を考え、調査方法、手段を適切に効率よく講じ現場に臨みます。

 また依頼者がどれだけの状況証拠を持っているかによって、どこまでの浮気の証拠をとれば良いかMKリサーチは良心的にご提案している探偵・興信所です。


 浮気調査に至った理由とは|探偵MKリサーチに戻る。