本文へスキップ

苦しくないですか?|浮気夫(妻)にどう向き合うか

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

苦しくないですか?|夫(妻)にどう向き合うか

浮気されていて苦しい、、、そうではありません。
どうしてよいかわからない、、、だから苦しいのではないでしょうか。

夫(妻)の体たらくを見ていると本当に辛く苦しいものです。

夫(妻)の浮気はかなり確信している、受け止めているのではありませんか?

苦しいのは「夫(妻)が浮気している」からなのでしょうか。

そんなにまで苦しい原因ってこうなんだと思いますよ。




探偵に依頼したされ妻ダブル不倫している夫


浮気を疑って問い詰める、突っつくの繰り返しではありませんか?



夫(妻)は浮気している!

そう確信できるだけのものを見てしまた、知ってしまったから、問い詰めるわけです。

まず認めるだろう、そして謝るだろうと期待する。

しかし出てくる言葉は、「何もない」「浮気じゃない」「不倫とかそういう関係ではない」と切れるか、固く口を閉ざすか。

そして押し問答の末、疑惑だけが残り、引きずっていくわけです。

それ以降も疑心暗鬼な日々を強いられ、「また浮気しているのでは?」「きっと今、会っているに違いない」とか、「今から浮気しに行くな」と、そんなことばかり考えてしまいます。

そうこうしているうちに、またあやしい兆候が出てきた。

黙ってなんていられない!

そして妻は夫にまた問い詰める、突っつく。

仮に認めたにしても、核心までは認めないし、相手のことなど話すわけがない。

そしてまた茶を濁すという流れです。

それでも妻はまた問い詰める、突っつく。

すると、そこまで疑うなら夫婦の意味がない。離婚でもいい。

出ていくぞと言う始末。

妻はあやしいと確信しているから、本当のことを言って欲しいから騒いでいた。

でも、とうの浮気夫は隠すばかり。
浮気はしていないのだと。

そしてあれだけケンカしても言い合っても、また普通に戻っている。

こっちがおとなしくしてれば、あっちも物騒なことは言わない。

けど、この問題が起きてから、夫(妻)が浮気していると知ってから、冷え切った状態なのは確か。

帰ってこない、帰りが遅いのも、こっちがつまらない顔して仏頂面で、睨んだり、邪険に扱うからだ!と言ってくる。

「お前が怖い、、、」とまで言ってきたし。

つまりこんな夫婦の状態になったのは、私のせいだと。

そうじゃない、そっちが勝手に不倫してぐちゃぐちゃにさせたのでは?

上手いように問題を、今の状態になった原因をすり替えてくる浮気夫(妻)だ。

ずっとこの繰り返し。
もはや夫婦の間では堂々巡りです。


夫婦であるのに、どうして浮気なんてして、、、浮気は嫌だ、困る。

「夫(妻)が浮気していることが苦しい、、、」

確かに、そうです。

夫の浮気、妻の浮気、それ自体が辛く苦しいのは事実。
でもそれだけでしょうか。

そこまで苦しい原因はもっと違うところにあったのです。

浮気問題を乗り越えた方、これからやっと乗り越えられそうな方の声を聞けば、「なるほどなあ」と私たちは身に染みて感じるところです。

どうしてそこまで苦しいのか、、、


夫の浮気で苦しい妻浮気していないと言う夫



どうしたらよいかわからないから苦しいのです



実際に、浮気問題に遭遇している方と接しているのが私たちです。

そしてその後どうやって立ち上がって乗り越えていったのか、

問題を解決していったのか、全ての方は無理ですが、知りえるものです。

そのようななか、

「はっきりしたことがわかって、だいぶ楽になりました」

「真実を知ってどうするか考えられるようになりました」

そして、本当のことを知る前、見る前は、それは恐怖でした。さらにどん底に落ちてしまうのではと、、、

でも違った。

知って見て、「あ〜そうなんだ!」とぱりんって弾けたのです。

確かにかなり疑っていたわけですが、

いったいどうなってしまうのか、、、。

辛い、苦しい、怖い、不安、心配という恐怖を予想していた。

でも知ったら違った。

やはり私は正しかった!呆れた、バカかっ!泣いてばかりいられない、もう立ち上がらないと、、、

そういう気持ちになったのです。

つまり、「どうしていいのかわからない」というどん底から、悪いことをすべて知って自分に織り込んだことによって、今までのもやもやが吹き飛んでいったと。

「どうしていいのかわからない」から、

この不倫という現実に真正面から立ち向かっていく

もうこんな夫(妻)とは離婚する覚悟ができた

どちらにしても真実がはっきりしたから、できた選択でした。


もうこれ以上、嘘はつかせません。

今まで霧でかすんでいた真実、完全に隠蔽されていた真実が、明るみに出てきたからこそ、どん底から這い上がっていく気持ちになったのです。

であれば、今までの苦しさからはきっと解き放たれます。



夫(妻)にどう向き合うか|コラムメニュー