本文へスキップ

2週間で4,5回浮気調査して料金はいくら?

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

2週間のうち4〜5回稼働して料金は|調査料金の事例

 期間を2週間設定して、あやしい(希望)日に調査を実地するプランは好評です!

 MKリサーチで実際お受けした料金事例を紹介します。


探偵に不倫調査依頼する妻


 
≪わかっている情報と依頼内容≫ 

 依頼者は千葉に住む30代の妻。同居する夫の浮気調査であった。

 なお浮気相手は同じ職場の未婚女性。氏名は把握していたが、居住住所までは不明。

 不倫相手に慰謝料請求をするための不貞の証拠と相手の住所の確定を依頼された。

 夫と不倫相手の交通手段は電車とバスであった。また勤務先は千葉県内。


 ≪どのように調査を稼働したか≫

 サラリーマンの夫の勤務終了後から帰宅までの浮気調査を行なって欲しいという流れであった。

 なお、休みは土日祭日。

 今までの経緯から土日は不倫相手との接触はなさそうだということで、依頼者が確実にあやしいと踏んでいたのが、平日の金曜日の夜であった。

 また、月曜、水曜あたりも週によっては会っている様子があったそうで、その日の朝に、「今日は飲み会で遅くなる」とか何かしら都合つけて言ってきていたので、できれば前日の夜か当日の朝に、調査を決行するかどうか決めて良いのであれば非常に助かるということであった。

 夫が浮気相手に会う頻度は、多い週では2〜3回ではないかと。

 しかし、仕事で忙しい週は本当に仕事でそのまま帰宅してしまうのではないかという不安もあった。


 探偵MKリサーチは以下の調査提案をしました!

○土日をぬかした月曜から金曜までを2週間に渡って、スタンバイする。

 その2週間で5日(5回)、調査員は出動する。

 調査開始時刻は、18時より。
 調査終了時刻は、帰宅するまで。

 接触した場合は、時間無制限で最後まで調査する。
(どんなに遅くても終電では帰宅していたそうだった)

○5日(5回)の調査予定のうち、金曜日の2回ははずせない。

 残り3日(3回)をどうするか・・・
 これは依頼者に状況によって決めてもらう。

 夫の様子から判断して(判断できたそう)、前日の夜か、最悪当日の朝に指示してもらって結構だと提案。 

 月曜から金曜日まで毎晩淡々と調査するまでもない。

 ある程度のやまが張れる状況であったので、弊社の提案は非常に効率が良いことは間違いありません。

 上手く行けば、2回の金曜日は不貞の証拠がとれ、残りの3日(3回)も接触してる証拠がとれる可能性は大だったのです。

 やはりポイントは、残りの3回を急な調査要請で構わないとしたことなのです。

 かつ2週間の期間、依頼者の状況判断で調査するしないの選択をしてもらう体制を敷いたことは大きいでしょう。

 探偵MKリサーチはこの条件での浮気調査を、

 
総額¥400,000円(別途消費税)で決行

 もちろん、全ての諸経費はオール込みです。

 相談員が、夫の浮気の経緯を聞いても、2週間あれば十分に結果がとれると確信できた調査であり、依頼者は「3週間目までは覚悟しておきます」との弱気発言もありましたが、追加調査の必要もありませんでした。


 稼働状況は以下の通りでした。

1週目 月曜日  18時〜22時     4時間
    水曜日  18時〜21時     3時間
    金曜日  18時〜24時     6時間

2週目 水曜日  18時〜24時     6時間
    金曜日  18時〜 1時     7時間

 総合計時間数にすれば26時間です。

 40万円を割ったら、1時間あたり¥15,385円。(調査員2名、車両1台です)

 その金額だけに目がいきますと、調査員2名ではまあ低料金だとは思いますが、特に安いわけでもありません。良心的な相場くらいでしょうか。

 しかし、この浮気調査の条件を理解していただければ、依頼者にとっては金額以上にメリットのある内容だと思われますし、どこの探偵・興信所も同じような条件でやってくれるとは思えません。
 
 弊社では、このプランは好評でございます。(一度に複数のご依頼は無理ですので、お受けできない週もございます)
 
 しかし、この千葉の依頼者様と同様に40万でお受けできる場合も多いのですが、調査内容、調査環境によっては弱冠のプラスアルファーもありますので、ご理解ください。いずれにせよ相談時に必ず決めます。

 40万円〜50万円の範囲でお受けできるとご承知いただけたらと思います。

 同じようなプランの浮気調査が良いのかなとご検討の方は、ぜひ一考してください。


 料金費用の事例メニューへ