本文へスキップ

浮気相手を訴えたい調査事例|探偵MKリサーチ

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気相手の女を訴えたい|夫の調査事例/千葉

 夫の浮気相手の女性は近所のスナックのママだった・・・

 夫の浮気で精神的苦痛を被ったばかりか、浮気相手の女性からも挑発的に受けた屈辱にいたたまれなくなった妻は、浮気相手を訴えるため、証拠収集の浮気調査を探偵に相談したのでした。

 夫の浮気ばかりか浮気相手の女性からも挑発的な屈辱を受けた妻の苦しみは相当なものだったでしょう。 

 千葉のMKリサーチが過去にお受けした相談から浮気調査に進展した事例を紹介します。


不倫相手と別れない夫不貞を否定する不倫相手


夫の浮気の経緯とは


 
夫は50代で自営で農家をしています。夫は大のお酒好きで、夜飲みに出かけることは多かったのですが、若いころからでしたのでもう慣れていました。

 しかし、ここ半年前から夫の行動に不審感を抱くようになってきたのです。

 毎晩のように飲みに行くようになったのです。それも近所のあるスナックに。1年ほど前、千葉県外から来たという女性が経営している小さなスナックでした。

 夫は、その女性のお店に夜ばかりでなく、昼はランチをやっているお店だったので、昼も1時間ほどランチを食べに行っています。

 それからも夫の帰りは段々と遅くなり、深夜自宅に帰ってきてからも、誰かと電話をしている様子で、そのお店のママだと確信もしたそうです。

 気になって悶々としている妻は、夫に無理に強いてある夜女性の店に同行したそうです。
 妻は女性のお店に入ってから1時間ほどで一人で店を出てきたそうです。

 妻はいたたまれなかったそうでした。その女性の視線や発してくる言葉のひとつひとつをとっても・・・妻をバカにしているようにもとれ、挑発的で、無神経な言葉の数々・・・。他のお客様にはまず言わないでしょう。

 妻は再確認したそうです。「この女と夫とはぜったい何かある。浮気している」と。

 また妻は、浮気相手の女性から攻撃されているにもかかわらず、横に座っていた夫は、ただ黙って聞いているだけで、まったくフォローもしてくれなかったことにも心を痛めたそうでした。

千葉の探偵依頼人


 その後、妻は夫の浮気で問い詰めるようになり、浮気相手の女性の店にも行って欲しくないよう言い続けそうです。

 夫婦間は冷え切って口論も絶えなくなり、ついに夫は家を出ていったのです。

 夫は「もうおまえとはやっていけない」などと言い放ち、隣の市の兄弟の家に居候させてもらっているようです。夫の居場所は確かです。

 しかし、夫は相変わらず浮気相手の女性のお店には昼夜問わず来ています。店の近くに夫の車がとまっていますからすぐわかるそうでした。
 夫はまったく行動を改めません。
 

妻は探偵に浮気調査を依頼する決心をしました


 
妻は、夫との離婚も覚悟していたそうですが、浮気相手の女性から受けた屈辱を忘れることができません。

 何としても許すことができないくらいの挑発的な態度と言葉を浴びせられたからです。

 それを思い出すたびに、悲しくなり辛くなるそうです。「何で?どうしてそこまでされなければいけないの?」と。

 妻は、夫と浮気相手との不貞関係を確信していたのですが、証拠がありません。
 勿論、夫は「ただのお客だ。それ以上何ら何もない!」としらを切り続けています。
 まして浮気相手の女性なんてもっと上手(うわて)です。

 このような経緯を経て、妻は千葉の探偵MKリサーチに浮気調査を依頼されたのです。

 以後、7日間に及ぶ浮気調査の結果です。

 夫は毎晩、浮気相手の女性のお店に来て、飲んでいます。閉店は0時で、最後のお客らが帰ってからも、しばらく店にいます。

 店の2階が住居になっているのですが、夫は店から出てこなく、2階の住居に入っていった日が4夜ありました。

 夫はお店にくるときは、自分の車を隠すようになってきており、妻にも探偵調査員にもなかなか見つからないような場所に駐車させて歩いてきている・・・そのような警戒行動をとっていました。

 外泊した翌朝、夫は浮気相手の女性に見送られ仕事に向かっています。ほんと家の近所であるにもかかわらず堂々とした行動でした。

 そして、お店が休日の前夜は、夫は浮気相手の家に外泊し早朝から夫の車で二人で出かけ、行楽地に行って楽しんでいました。

 昼は昼で毎日のように夫は浮気相手の女性のお店に現れ、ランチをとっていることは妻の情報通りで、夫は「妻は昼飯つくってくれないから食べにきているんだ・・・」と妻の悪口まで言い放っていたことには驚かされました。

 浮気調査によって浮気の証拠をつかんだ妻は、今後、夫との離婚を前提に、まず浮気相手の女性に対する慰謝料請求を行うとおっしゃていました。

 示談に応じない場合は、浮気相手を訴えるとまで決断されていました。


茨城の不倫調査員

浮気相手は示談に応じず、司法の場に託すことになったその結果とは


 
このような探偵の浮気調査による証拠があっても、浮気相手の女性も夫も「不貞関係」までは認めませんでした。

 がんとして不貞行為はない肉体関係はないと・・・。

 実際に弊社探偵による浮気調査の証拠があっても、不貞行為はあるとは断言はできません。

 浮気相手の女性宅には実は息子さんも同居しており、夫が外泊した夜も息子さんは2階にいました。

 浮気相手の女性も、「ご主人はたくさんのお得意さんの一人。飲んで帰れなくなって泊めてあげた方なんて珍しくありませんよ。」などと夫との関係は否定していたそうです。

 その後、弊社探偵相談員がお聞きしたところ、浮気相手の女性への慰謝料請求が認められたそうでした。

 判決のおおまかな理由とはこうだったそうです。

 「度重なる、度が過ぎた交際によって、妻が受けた精神的な苦痛は大きく、妻は浮気相手に直接、家に泊めさせることはやめてほしいなどと言ってきた。にもかかわらず行動を改めず、まして夫婦間を破綻状態にも導いている。」

 裁判所は外泊した頻度、回数なども考慮されたそうです。浮気の証拠とはもご参考にしてください。

 弊社探偵相談員もほっとし、今後新たな人生を幸せに送って欲しいと願うばかりでした。

 
 夫の浮気|夫の浮気調査の事例集
に戻り、他の事例も見てみる。

 
 夫の浮気調査の相談なら千葉の探偵MKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

浮気調査の探偵|千葉・茨城