本文へスキップ

浮気を疑い続けているだけでは余計苦しくなるだけ

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気を疑い続けているだけでは余計苦しくなるだけ

夫(妻)の不倫を疑い続けていても、何も変わらない、苦しさが募るばかりです。
多くの方が陥りやすい傾向ですが、あなたはいかがでしょうか。

いくら問い詰めても潔白だと返してくる。明らかにあやしいと思える兆候があっても、必死に煙に巻く。
そして暴言まで吐いてくる、、、

私の被害妄想なのか。いやそんなはずがない。
もう頭の中がぐるぐると回って、ただ辛いだけの日々。

このままでは、ずっとこんな生活を強いられます。



夫の浮気を疑う妻浮気はしていないと言い逃れする夫



知らぬが仏であれば違ったけど、そうじゃない

夫(妻)の浮気に気づかないほうが良かった。

であればこんなに苦しむことはなかったのに。

外で彼女(彼)と浮気してきて家に帰れば何食わぬ顔した普段の夫(妻)でいる。

している方にとっては、最高の居心地良さです。

機嫌がいいに決まっています。家族でのお出かけもついてきますし、旅行も計画するわけです。

だから浮気している以外は何も変わらない。

信頼、信用ができ、経済的にも頼れる夫です。

妻であれば、自分がいなくても家、子供のことは任せられ、仕事や趣味、外での付き合いに時間を費やせます。

そんな一見夫婦は普通の状態。

でも、する方にとっては安心を確信して浮気していられる状態でもある。

これでいいのでしょうか。

まさにこれぞ”知らぬが仏”なのですが、この状態だったなら、「私はこんなに苦しまなくてもよかったのに、、、」ですか?

確かに”知らぬが仏”状態であった夫婦も多いとは思います。

勝手に浮気していつしか終わったケースもあれば、今なお続いていて何年も経過した。

このまま墓場まで持っていくのでしょう。

だって、ほとんどの浮気夫(妻)は離婚したくてやらかしているわけじゃないから。

しかし夫婦の浮気っていつかばれる(場合が多いんです)。

「ばれないよう上手くやっているし、大丈夫です」というケースでも、「今はまだ」なだけであって、「数ヶ月後に」「数年先に」ばれるかもしれません。

不倫も続けていると思いも変わっていく場合もあります。

本日は”ただ刺激を求めたいだけの不倫からの変化”がテーマではないので、端折りますが、ずっと知らぬが仏のままではない場合が多いということです。

そうです、知ったら最後、だから不倫は苦しいのです、、、。


夫の不倫に悩む妻夫とw不倫している女性


わかってしまう、見抜いてしまうのも夫婦だから

探偵は思います、どんなに上手く浮気している夫(妻)でも、また(失礼ですが)どんなに気づかない妻(夫)であっても、「あれっ!」「んっ!?っていうことは起きます。

その要因で圧倒的なのが、今や携帯、スマホから発覚したケース。

そして圧倒的とは言いませんが、わりと多い、急に「離婚」を言ってくるケース。

どちらも、夫(妻)の浮気を疑っていなかったとしましょう。

でも何となく見たスマホの中身に女の人と、、、

そしてある日突然、「離婚」だとか、「もう気持ちがない」など投げかけてきた。

そこから思う、浮気の疑惑いや確信か。

信じていたからそこまで疑っていなかった。けど、こんな有様。

見てしまった以上、聞いてしまった以上、知ってしまった以上、いくら夫(妻)が否定したところで、収まりはつきません。

まして過去に一度や二度、浮気したことがある夫(妻)ならば、余計あやしいと感じてもしまう。

だから掴んだ材料をもとに、問い詰めたりもするでしょう。

しかし返ってくる言葉は、「浮気していない」と。

もちろん疑惑は晴れません。だって相当に怪しいんだから。それもあることがきっかけでそこまで思うようになったわけです。

先ほども言いましたが、急に離婚言ってきた、スマホの中身が、、、など。

何度突っつていも、浮気はない。

そのうち、被害妄想だ、おかしいのはこっちだと振ってくる始末。

あまりにも言われれば、「私が勘ぐり過ぎなのか?」とも思えてもくる。

でも、違う、黒に決まっている。

こんな葛藤が毎日続く、夫が仕事から帰ってくれば、また言ってしまう。

堂々巡りは続くのです、、、


暴言を吐く浮気夫


疑えば疑うほど、夫(妻)の言葉も究極化してくる

そして行く末は、「そんなに信頼できないなら、離婚でもいい」とくる。

浮気している俺(私)なんかと一緒にいても辛いだろうから離婚でいいってと開き直っているかのようだ。

ただその言葉の裏には、「浮気なんてしていないのに、俺(私)は気の毒だ。」という建前。

結局離婚の話し合いになっても、俺(私)は不倫なんてしていないのに、妻(夫)がやたらと騒いで、もうこの状態で夫婦関係の維持は耐え難いというところでしょう。

でも、ほんとうは離婚はしたくない。

ばれずにあのまんまが良かったのに。

されている妻(夫)も離婚を望んでいるはずがない。

ただ不倫をやめて欲しいだけ。ちゃんと姿勢を正して欲しいだけ。

いかがでしょうか。

こんな状態のなか、将来の夢を語ったり、家を買ったり(買おうとしたり)、夏冬、旅行に出かけたりもしてきたのです。

頭の中がおかしくなりそう、、、

違いますか?


とにかくどう向き合うかということよりも、真実をはっきりさせることです。

グレーのままで疑いをかけたままでは、何も変わりません。

その苦しみがずっと続く日々を強いられます。

妻(夫)がやるべきことは、問い詰めて謝らせる、認めさせる、観念させるのではありません、この不倫を壊すことです!

底深く潜っていた真実、潜ろうとしている事実を引きずり出すことからです。

だって、知ってしまったわけですから。


浮気夫(妻)にどう向き合うか|コラムメニュー