本文へスキップ

妻と不倫相手を比べている夫|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

妻と不倫相手を比べている夫|探偵コラム

妻と女を測りにかける夫は多いものだ。
何度か浮気がばれ、そのたびに真剣に悩んだ夫。
さらにその決断も二転三転する優柔不断さは極まりない。

妻をとるのか女をとるのか、浮気している夫が真剣に悩んでいたとしたら、どう思いますか?

浮気している人に対して真面目なんて言いたくないが、基本真面目な浮気夫はさ迷うわけだ。

夫はいったいいつになったら真の決断ができるのだろうか。



探偵に相談する東京の妻夫の不倫相手


最初から妻をとるか女をとるかなんて考えていない



夫が不倫しているとしよう。

最初から、妻をとるか女をとるか。離婚するかしないかって考えながらし始めている人はまれだろう。

なんとなく関係が始まり、これって恋!恋愛か!っていう錯覚に陥っていく、また、身と心の癒しの極地におぼれていっている感じの状態だ。

そんな状態が続いているうちは、問い詰められたり責められたりすることもないから、二人はマイペースに関係を続けていく。

相手の女はもちろん妻(お子さんがいればお子さん)がいる彼と認識しているうえで、この疑似恋愛に浸っている。

けど、妻にばれてしまった。

またわりと多いのだが、相手の女性が誰かもわかってしまった。

離婚は現実的には思ってもいなかった。

不倫女には、「妻とはうまくいっていない」だとか、「一緒になりたい」だとかささやいていたかもしれない。

あと、”ないことまみれの妻の悪口”か。

「うちの夫婦は最悪の状態」と言うのが王道だ。

だから、こうやって君と会っていて、癒されている。

俺は君のおけがで救われているとまで言う輩が多いのも常々。

でも、本気で夫婦を解消してまでも、成就する恋か?

不倫から発展し、彼女と一緒になる!?

ぴんとこない、わからんって感じ。

不倫した女性と夫婦になった っていうのがNGというよりも、今の夫婦、また家族を捨ててまで、この女をとるということがNG。

つまり世間体も気にするし、責任感っていうものも一応あるし、基本真面目なところがけっこうあるからにして、本気で女を選択しようとは思っていない、できないっていう言い方が合っているだろう。

だからずるずるといく。

だからいつしかばれる時が来る。

そんな真面目な夫の不倫が発覚するのも時間の問題なのだ。




妻と不倫相手の板挟みの夫



妻をとるか女をとるかさ迷う夫



さて、夫の不倫がばれた。

相手もどこの誰かがわかったのであれば、なおさら、こういう基本真面目な浮気夫は認めてしまう。

で、一度目は、彼女との関係は終わりにするっていう発言が90%。

夫自身、離婚までするつもりがないから当然の言葉。

ただ、妻と一緒にいるか、女と一緒にいるかどっちがいい?を選ばしたら、失礼な言い方をするが、ほぼほぼ女と答えるだろう、、、裏ではね。

だからこういうことになったわけだが、ばれたからには、「もう会わない」「別れる」って妻には言うしかない。

しかしこの段階で終止符を打つのはごくわずか。10%と感じている。

口頭注意の程度だったわけだから、懲りていない。

「浮気がばれるってことはこういうことか!」っていうまさか感と、妻の尋常ではない感には驚いたか。

けど時間の経過とともに、再び始まってしまう。

夫自身も不倫女のことが忘れられない、女も女でこの夫を断ち切れない。
やっと訪れた春、、、。

奥さんにばれちゃったからもう終わりね!っていうあっさりした女ばかりじゃないのだ。

そうなってくると浮気夫の中には真剣に悩む夫がいても当然。

過去の事例だけど、会社を休んで真剣に悩んでいた夫がいたのだ。

紙に妻と不倫相手の名前を最初に書いて、以下様々な項目ごと二人を採点していたのだ!

優しさとか性格などの項目、料理など実務的な項目など。

仕事から帰ってきた妻がその採点表を見つけてしまったというから最悪。

絶対に見たくない採点表だし、信じられないよね。

この浮気夫も相当に病んでいたのか、緩いのか。


探偵さん、「で、結果はいかに?」と意地悪な質問を妻にしたら、「最悪の結果でした、、、」ということでした(汗)

結果はお分かりかと。

だから水面下に入っても、しばらく間あいて再発しても、こんな浮気夫だとまずまたばれる。

二度目三度目、ばれて妻の前では、夫婦を守りたいスタンスを言っているけど、またころころ変わる。

ころころって、「離婚しない、一緒に頑張ろう」って言ったよね?

「もうおまえとはやっていけない」だとか、「離婚でもいい」とか。

会社を有休とって一日真剣に悩んでいるくらいな夫だから、気持ちの動揺、変化なんて不思議でもない。

このまま夫婦でいるべきか、

彼女を選択するべきか、

そこまで悩むって、女は独身が多く、この女もそうだった。
またばれても夫を諦めない、忘れられない女だった。

どっちもどっちで、呆れてしまうが、
この種の浮気夫で、二度目三度目が続行している場合、対処は難しい。

さすがに用紙を出して書き比べていた夫は珍しいが、頭の中では自覚はないだろうが、妻と女を測りにかけている浮気夫たちもいる。



浮気、不倫を斬る|探偵コラムメニュー