本文へスキップ

探偵の力の差|調査結果の違いを解説します。

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

探偵の力の差|探偵社によってどうして浮気調査の結果が違うのか

 探偵・興信所によって浮気調査の結果(要するに証拠写真や証拠映像)がどうして違うのかと、実際過去に浮気調査を複数の探偵社に依頼したことのある方、多くの探偵の浮気調査の報告書を目にしてきた弁護士、司法書士の先生方の声を耳にします。

 浮気調査は探偵社によって結果の完成度が違うことは過去からよく言われてきたことです。

 つまり、探偵調査員の力の差(調査力の差)なのですが、どうしてそんなことが起きるのでしょうか・・・

浮気調査の結果に対するよくあるクレームとは


 
浮気調査の依頼者や、探偵の調査報告書を見てきた弁護士、司法書士の先生らからよく聞く言葉なんですが、浮気調査を探偵に依頼し、その調査結果報告書を見たら、

・文章はきっちりと丁寧に詳細に記載されているんだが、肝心な写真が数枚程度だった。

・調査報告書の写真は、建物やら車両やら外観ばかりで肝心な対象者と浮気相手のツーショットの姿がない。

・対象者と浮気相手の生の姿の写真が少なく、証拠力に乏しい

・ホテルの出入り、アパートやマンションの玄関の出入りの対象者と浮気相手の写真が不鮮明、小粒ではっきりと顔が認識できない。言い逃れされそうだ。

・浮気相手の顔写真ははっきりと欲しいと浮気調査の依頼時に伝えてあったのに、結果の写真では到底満足できない。

 など、依頼した探偵社はきちっと浮気調査を行っていたのだが、結果が伴っていないというクレームです。

 ここではまれに耳にする浮気調査すらやっていないとか、浮気調査の結果報告書を提出しない悪徳探偵社は未知の世界ですので除外します。

 探偵社として依頼された浮気調査をきちっと実践して、かたちとなる写真を添付した調査報告書を提出したのですから、トラブルまでには発展していないケースが多いのですが、浮気調査の依頼者や、その調査報告書を見た弁護士や司法書士の先生は納得しません。

 挙句の果てに、「探偵の浮気調査ってこんなもんか」とか、「ほんとこれじゃ何の証拠にもならないわ、お粗末なもんだ」と探偵・興信所業界のイメージ、信用性まで損なわれてきます。

探偵社によって浮気調査の結果に差がでる理由とは


 
ではどうして、探偵社によって浮気調査の調査結果の中身(報告書)に差が出るのでしょうか。

 ここでは探偵調査員が浮気調査の尾行張り込みなどを真実に基づいて実践していることを前提に解説します。

 おおかた書面の中身の文章には大きな差は出ないと思います。

 例えば、浮気相手の氏名、住所が判明した記載などは、記載の仕方のセンスなどはありますが、数行で済む文章ですので争点にはなりません。

 行動の記録なども「何時何分**に入店」とか、「何時何分**より出て、**号線を**方向に向かって行く」など、記載の仕方の違い程度ですからこれも争点にはなりません。

 結果の違いは、添付されてる「写真」です。DVDの映像などもそうですが、写真を見れば映像だって想像つきましょう。

 探偵が提出した写真・・・その差が大なのです。

 よって、探偵に浮気調査を依頼しようと検討されている方は、どの探偵に依頼しても、同じ結果が出てくると思ってはいけません。

 探偵社によっては、まったく満足のできない写真、映像しか提出できない事例はよくあるのです。

 では、どうして浮気調査は探偵社によって写真や映像にそれほどの差があるのか斬りたいと思います。

 簡単に言えば探偵調査員の力(要するに調査力、技術力)がないからです。

 当然皆様もそう思いましょう。

 しかし長年、浮気調査に携わってきた弊社探偵の持論ですが、「お客様が依頼した探偵社に問題がある」ということが根源なのです。

 やはり責任の所在は、探偵社もっと掘り下げて言えば、探偵社の社長、責任者です。

 浮気調査においては、

○複数の探偵調査員で実践していて かつ、場数踏んできたベテラン探偵調査員は必ず1名は参加していること。

 ベテラン探偵は常にいいショットで撮影していきます。

 力のある探偵が2名、3名体制で行っていけばさらにベストです。

 結果がともわない探偵社とは、現場実績があまりなく技術力も撮影力も乏しい探偵やアルバイトなどでやっている可能性があります。

 探偵社の責任者自らが相談業務中心ではなく、どんどん浮気調査の現場に出ていくべきです。

 しかし、探偵社の責任者みずからが、場数が少ない経験も浅い・・・のであれば難しいでしょう。
 
○撮影技術の向上に心がけ、探偵とは浮気の証拠となるスクープを最高のショットで撮ることと常に教育し、それを一番の目的に掲げることが重要です。

 であれば、使用する機材が浮気調査の結果写真に大きく影響を及ぼすことは、必然と肌で感じるはずです。

 カメラなどの機材にもしっかり経費をかけなければいけません。

 よって、ずさんな写真や映像を提出する探偵社は、遠方でも暗くてもしっかり撮影できる機材(要するに、画像が劣化しないための望遠レンズ、照度が低い場所でもはっきり写せる暗視カメラ)を所持していていない可能性もあります。

 細かく言えば、使用するプリンターやら写真用紙のレベルまでこだわり、少しでも高品質な結果を提出すことにも心がけていなければいけません。 

○依頼者から受けた浮気調査は必ず責任の所在が明確にはっきりする自分のところで行なって、下請けにふったり他の探偵社に頼んだりしないことは浮気調査では必須です。

 以上のような原因が複数絡み合っているのです。

 少なくともここで解説したことだけでも全てクリアーしている探偵社ならきちっと浮気調査の結果を高品質な写真で提供してくれるでしょう。


 
探偵は結果が全て!要するに依頼者に提出する写真と映像が(特に写真です)全て・・・これに尽きます。


 
浮気調査のこと教えて!|探偵からみた浮気調査とはに戻る


 探偵に浮気調査を相談されるなら確かな結果を提出するMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

探偵に浮気調査を相談するならMKリサーチ