本文へスキップ

探偵業務の委託基準について|MKリサーチ

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

探偵業務の委託基準の考え方

依頼者様が悩みに悩み、選びに選んで電話して面談した探偵・興信所。

しかし面談と契約、そして調査後の結果報告だけだったと想像されたことはあるでしょうか。

そうです、一番肝心な現場は、依頼者様が知らない他の会社、業者が行っていたのです。これを探偵業務の委託と言います。

探偵業務の委託基準について弊所はこう考えます。


依頼人には何も告げずに、自社で調査しているふり(言い方に語弊はありますが)して結果報告までする社もありますし、

業務を委託することを事前に説明し納得されたうえで、業務委託先の名称など基本事項を契約書に記載する社もあります。

が、法律的には本来、後者でなければなりません。

ここまでは契約上のことですが、依頼人様にとって注意していただきたいのは、何も知らされず業務を委託されていた場合もですが、業務委託された会社、業者の調査力、技術力によって、提出される結果に大きな差が出るということです。

つまり、きちんとした体制で、ある程度の技術と調査力を持ったところで業務を行ったのであれば、まず問題はないと思えます。

このように下請けを主体とした業務を行っている良心的で優秀な会社(業者)は実在しますから。

が、低レベルなところに業務を委託されてたら・・・

それなりの結果しか出してこない可能性もあります。

やはり結果というものは、どの会社(業者)が、誰が、行ったかによって違いは出てくるもので、雲泥の差さえ出てくることもあり得ます。

ですから、自社内で現場も含め全ての業務を完結していることろに相談された方が安心なはずですが、業界大手、リーダー的な宣伝をうたっている会社ですら業務委託をしているのですから注意は必要です。

しかし今後事業を拡大していくにあたって、将来的にも業務を委託することは絶対ないのかと聞かれることはありますが、正直、”業務委託も検討しています”とも考えております。

探偵業務を委託するならば・・・

弊所がご依頼者様の現場を他社に委託するならば、以下のことをお約束し委託基準にしたい意向です。

⇒ ウェブ上、広報、依頼者様に対しては

○ホームページに、ご依頼者との協議と承諾によって業務委託をする場合はあると明記します。

しかし、基本は自社内ですべての業務を完結する体制に何ら変わりはありません。

○依頼人との契約時、探偵業法を遵守して、業務を委託する旨、委託先の情報を明らかにします。

 ⇒ 業務を委託する探偵業者に対しては

○委託した業務にかかわる調査員は2名体制が基本。

○現場歴5年以上

○ワテックのCCD暗視カメラを使用していること。また装着するレンズは160mm程度は欲しいところ。

ワッテクにはこだわりませんが、暗い場面でどう仕事するか。きちんと撮れれば他の機材でもぜんぜん大丈夫です。

〇店内撮影、隠匿撮影をどうするか。問題のない方法、そして結果が期待できるのであれば、独自のスタイルでも良いのではないでしょうか。

○調査に適した車両を使用していること。

また、業務を請け負う2名は、一般人であり、目立たない外見であること。

以上です。

これを満たしてくれれば、他のことを要求したり、質問する必要もないだろうと思えます。

不倫調査を主に活動している社なら、特段難しい条件でもありませんし、どういう姿勢で現場に向い合ってるかが基準だとの持論です。


信頼と安心をお約束に戻る。