本文へスキップ

不倫相手との修羅場にうちの旦那を呼べだと!?|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫相手との修羅場にうちの旦那を呼べだと?|探偵コラム

 探偵もいろいろな浮気妻を見てはきたが、年々浮気妻も若年化してきており、昭和最終世代はざらで、そのうち平成生まれも多くなってくるのも時間の問題かもしれない。

 簡単に浮気に走る若い妻たち。若いって体力もあるし元気。

 そして何より恐いもの知らず?かもしれない。

 そんな浮気妻のなかでこんな過激な妻がいたのだが、もしかして氷山の一角かもしれない。



不倫の修羅場を語る探偵
 不倫相手の男の車のフロントガラスを見事に割ってしまった浮気妻


 車のフロントガラスを故意に割ったことはあるだろうか。

 以前、千葉でもひょうが降ってきてかなりの範囲でひょう被害が発生。

 その際探偵の天下のトヨタの四駆のフロントガラスに大きなひびが入ったことがあったが、それは自然災害だ。

 なんと妻は故意に割ったそう(汗)

 おそらく自分の車に入っていたゴルフクラブでやっちゃったのだろうと夫は言っていたが。

 浮気妻の気性だと不倫相手とけんかしたのだろうと、大いにありえるとご主人は冷静に言ってはいたが、探偵が見るに、一見おとなしそうで何とも可愛らしい嫁さんではないですか。

 そんなことするには見えなかった。

 ましてそのとき浮気妻は夫に浮気がばれていないと踏んでいて、不倫相手のアパートの部屋に外泊し続けていた状態だった。

 しかし浮気妻は一人の親しい女性には、自身の浮気のことを暴露していたという。

 でもその女性は夫とも交流があった。だから、すべて夫にばらしていたという。

 夫としてはいずれ目が覚めて帰ってくるだろうか、もしくはもうこんな浮気妻は懲り懲りで離婚も考えるようにもなっており、妻が男のところに居ることも知らないふりをし続けていたのだった。

 この事実を証拠として探偵にとってもらうためだ。

 そんな矢先に、けんかをしたに違いないのだが、浮気妻は外に駐車されていた不倫相手の男の車のフロントガラスを割ってしまったらしい。

 呼んだのか、通報されたのか、やってきたパトカー。

 犯人はもちろん妻。逃げも隠れもしてない。

 割られたのは浮気相手の車。

 警察の身元確認で二人は夫婦でもないことは知られたはず。

 またここは浮気相手の住まいで、妻は地元の人間でないことも警察官が把握。

 妻が乗ってきた車は、妻の夫のものであることも警察官は把握。

 まあ事が事なだけに、「もう大丈夫ですお巡りさん、帰ってください」と言ったところで、「そうですか」とそうやすやすと引き返してはくれないだろう警察官は。

 警察官も感じただろうか・・・

 「こいつら不倫か?」って。

 まあ知人男性、知人女性という感じの直訳だっただろう。

 そしてそれから妻にとって浮気がばれる危機に差しかかった。

 
警察官、「ご主人を呼んで迎えにきてもらってください。」と!

 要するに犯人である浮気妻一人では帰せないということだ。

 身元引受人として身内をここに呼べと・・・。

 過去に警察官のお世話になった際、両親もしくは身内を呼ばれた方はよくおわかりでしょうか(笑)

 
浮気妻、「夫を呼んだらもっと修羅場になる!」と。

 それはそうだ、妻にとっては浮気がばれることになるのだから。

 それは二次災害だ。警察官にとっても困るだろう。

 もっとくそ面倒くさいことになる可能性は大だ(汗)

 空気を読んだのか警察官。近所に住む親せきでも良いとお許しをもらったとか。

 そんな事の一部始終を知人に話し、それが夫の耳にも伝わっていたわけだから、聞いた夫も相当呆れていただろう。

 探偵も今まで、不倫デート中に車の事故を起こしたりして、浮気がばれた夫(妻)は幾度となく耳にしてきたが、浮気相手の車の窓ガラスを故意に割った浮気妻は最初で最後だろう。

 そんな修羅場で、なんとか浮気がばれなくて安心しきっていた浮気妻だったが、妻の浮気はとっくにばれていたのだからホント笑えますなあ。

 探偵が追う妻、不倫相手はすでに平成生まれは多く出場してくるが、若年化する妻の浮気の傾向も参考に!


 浮気、不倫を斬る!|探偵コラムメニューへ