本文へスキップ

出会い系サイトの女と浮気したい夫|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

出会い系サイトの女と浮気したい夫|探偵コラム

 探偵もいろいろな相談者とお会いしていますと、出会い系サイトのサクラの女に騙されていた夫なんていう話は珍しくもないのです。

 しかし妻までもリアルに騙されていたという事例があるのですが、まさかこんな展開になるとは・・・

 探偵さん!気がつかなかったのか?なんていうお声が聞こえました。

 しかしかなり切羽詰まった奥様からの依頼であったこと、そして浮気の経緯が奥様の口からだけでしたが非常い真実味のあふれたお話だったので、たったひとつのことだけは気になっていたのですが、探偵もまんまと騙された?とは言わないでくださいね!

夫の不倫に悩む妻
「あさって夫は浮気します」

 千葉の30代後半の奥様から急な浮気調査の相談だった。

 
浮気夫が出会い系サイトで知り合った女性と会うらしい。

 
妻は、ず〜っと浮気夫の携帯電話を見ていたそうだった。

 見られているとは夢にも思っていない浮気夫は、こまめにその一人の女性とメールをし続けてきたらしい。

 「出会い系サイトの女は、『ゆり子』って名のっています。千葉市に住んでいて、バツ一でお子さんなし。会社秘書・・・」

 などと、そのゆり子という女性のことはかなり把握できているそうだった。

 「夫とのメールのやり取りを見てきてもうだいぶ情報は掴んでいます」と妻は自信ありげに探偵に喋っていたのだった(汗)。

 そして二人のメールのやりとりをみているうちに、「あさって初めて会う約束をしています!」という内容をキャッチしたそうだった。

 それに加えて、妻のほうが、「実は明日、あさって一泊で私、検査入院するので家にいないんです。だから主人としては浮気相手に会いやすいでしょう。
 だから今回は探偵さんに頼む絶好のチャンスなんです!」

 浮気夫とその浮気相手は一カ月前にも会う約束をしていたらしい。しかし、土壇場になって浮気相手の都合が悪くなったようで会っていないそうだった。

 それと、なんと浮気夫と相手は直アドでメールをしているわけではなく、サイトを通してやりとりをしていたそうだった。

 要するにサイトにアクセスして、自身で設定した(またはサイトから送られてきた)暗証番号とかIDなどを入力してからサイト内に入る。そして自分の送受信ボックスの中のメールを開くというものだったのだ。

 メールのやりとりは数カ月に及んでいたそうで、探偵も、「まさかサクラじゃないよな?」とも脳裏によぎったが、
 会うまでは直アドも携帯電話番号も教えないことだってありえるわけだし、妻から聞く二人のメールのやりとりが、まさに真に迫っていたので
 あさって夫は浮気相手に会う可能性もおおいにあるかもと踏んでいたのは事実だった(汗)

 「探偵さん、明日からは夫の携帯見れません。お任せします」と依頼者の最後のお言葉だった。さて、浮気夫の行動はいかに・・・


千葉で不倫現場に向かう探偵 
浮気夫は午前9時半ごろ自宅を車で出て行った。

方向は千葉市方向に向かっている。

このまま行って千葉市内で接触かと探偵は尾行し続けた。

が、途中ありえない方向に右折してしまった。
 
 「いったいどこへ行くのか?」

 すると浮気夫は、カインズホームというホームセンターに入っていった。
 探偵、「時間つぶしか・・・」とポジティブに考えるしかない。

 入店した浮気夫は、「地味に資材を見ているやんけ・・・」と探偵が口走ってしまうほど、木材を見ている。
 そして木材を手にとり台車を持ってきて運び出すではないか!

 一本、二本なんていうかわいい本数ではない。もうまとめ買いだった。まるでこれから日曜大工でもするのかと思えるくらい(汗)

 探偵は嫌なことがその時、脳裏に浮かんだ。

 妻は、「普段の休日、主人はよくホームセンターに行きます。日曜大工男なんです。資材を買ってきて家で作業していることが多いかな」と言っていたことを(大汗)

 ちょっと不安になった探偵だった。

 これだけの資材を車に乗せて初めて会う浮気相手に会うのだろうか。

 まあ、千葉市だったらどこかに車を駐車させておいて、待ち合わせ場所まで徒歩で行くのかもしれないし・・・ポジティブに考えるしかなかった。

 それからホームセンターを出た夫は、マックに入ってしまった。

「マックが好きです」とはさすがに聞いていないが、しっかり昼食分は購入していたので、浮気相手と一緒に食事をとる可能性は少なくなった。

 午後から夕方にかけてぱぱっと会って終わりかなとも思っていた探偵だったが、夫はマックを出ると来た道を引き返しなんと自宅に帰ってしまったのだ。

 それから夕方まで夫が外出することはなかった。

 浮気調査の結果を聞いた妻は、まさかのシロ行動に驚いていたのだが、「帰って主人の携帯を見てみます」と、まるで子供の携帯でも見るかのような言い方で、見られている夫を思い出してしまって笑いそうになった探偵だったが、

 後日、「ゆり子のほうから(呼び捨てでした!)都合が悪くなったというメールが前日の夜に入っていました。主人はそれ以降返信していないようです。もうしびれを切らしてあきらめたのでしょうか・・・」と。

 探偵は、「
かなりの可能性で、ゆり子とは絶対に会えない浮気できないと思えます。

 だって、
ゆり子はサクラ ご主人はアクセスするために、ポイントを購入し続けていたということです。

 ですから奥様、ゆり子は架空の女性ですから大丈夫です。今回会わなかったら、かなりの可能性でサクラだと踏んでいたのです」

 そのように依頼者の妻に説明し、「そう言えば何か不自然なつじつまが合わないような内容もあったような」とか言い、学習した様子だった。

 
この下心ありありの浮気予備軍の夫は、サクラと気づいていなかったとしたら、これは本当におめでたい。

 「きっと、あの人気がついていないと思いますよ、また違う女性に営業かけるでしょう」
と呆れながら言っていた妻でしたが、

 どこに本物の女性が潜んでいるかわかりません。たまたま本物で、意気投合して会ってしまって不倫の関係になってしまうケースも少なくありませんから

 とにかく
出会い系サイトで女性漁りをしている行動が大問題なのです。

 ここでしっかりとお灸をすえませんと、手遅れになるかもしれません。

 転ばぬ先の杖とでも言いましょうか。

 
夫のしている行動は、

 
浮気したい、不倫相手を見つけたい 症候群なんです。

 そんな夫や妻は意外といるものなのです!

 浮気、不倫を斬る!|探偵コラムメニューに戻る



 浮気調査のご相談は探偵MKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

浮気調査専門|低料金で安心調査/千葉・茨城・東京