本文へスキップ

浮気再発防止の誓約書はどうするか|浮気、不倫を斬る!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気再発防止の誓約書はどうするか|浮気、不倫を斬る!

 探偵に浮気調査を依頼する方の多くは、「もうこんな不倫には終止符を打って欲しい。」、「もうきっちりと浮気相手とは別れさせたい。」という気持の方が多いようです。 

 口では「もう絶対に離婚します」とか、「きっと離婚になってしまうと踏んでいます」と言ってはいるのですが、不貞の証拠をつかんで行動を起こしたらどんな展開になるかわからないのですから、気持ちが揺れ動くのは仕方ありません。

 しかし根底は、
「離婚はしたくない」のだから、二度と浮気しない夫(妻)になってもらわねばなりません。

 探偵は、今まで「一度浮気した人はまた浮気する可能性が大」であると言ってきました。

 その理由もサイト内やブログでも探偵の持論ですが述べてまいりました。

 じゃあ「浮気する人間は防ぎようがないの?」とも感じましょうか。

 離婚を回避したいがため、探偵に不貞の証拠をとってもらいたい方は、また同じ相手と浮気が再発しないこと、また将来絶対に浮気をしないことを約束して欲しいはずです。

調査後の選択を話す探偵 
浮気した夫(妻)に対しての約束事は公正証書にするという意気込み、態度を貫くことが大事です!

 簡単に言えば、今回の浮気相手であった**と二度と接触しないことはもちろん、メールも電話も文通さえもしないことを誓わせます。

 しかしそれで万事休すとはいきません。

 これから将来に向けての心配、不安があります。

 そうです、「一度浮気した人はまた浮気する」という浮気の再発の心配、不安です。今度は違う人といつか浮気してしまわないか。

 離婚まで至らなかった相手はきっと、「もう絶対に浮気しません」と言うでしょう。

 初めて謝罪してきて、俺(私)が悪かったと人が変わったかのような態度だった夫(妻)もいるでしょう。

 そこまで言わせたのは、不倫の二人に対して行動を起こした妻(夫)が、毅然とした態度で、
「自分は妻なんだ」、「俺は夫だ」という強い気持ちを持って臨んだことと、費用をかけてまで探偵に依頼してとった不貞の証拠があったからなのです。

 強い妻(夫)と言い訳のできない不貞の証拠を前に、観念せざる負えなかった夫(妻)。

 その相手が、「もう二度と浮気はしません」という言葉・・・

 本当に信じてよいのでしょうか。

 探偵は、
夫婦間の間でも、きちんと誓約書を書いて、「公正証書にします!」という気持ちで対処してくださいと言ってきました。

 しかし、「今後浮気をした場合は・・・」とか、「また浮気相手と連絡を取り合ったら・・・」とかいう内容の執行文付きの公正証書は公証人は作成してくれません。

 「もし〜したら」という曖昧な約束が契約にならないからです。

 あることを予測したものを公正証書には出来ないのです。

 それでも法曹者に相談し、代理として公証人に当たってもらう、もちろん内容の訂正はあるでしょうが、そのようなお話も耳にしたことはありますが、かなりハードルは高いかもしれません。

 ですが、浮気した相手に対する対処で重要なことは、あなたが希望した内容文で公正証書にできるできないことよりも、毅然とした態度で、
「口約束や、ただ書くだけで信用なんてできない!ちゃんと公正証書にするからね」という意気込みを見せることです。

 きっと多くの方は、即答で、「そんなこと公正証書にできるわけがないじゃん」と返すでしょうか?

 そこまで勉強されている方はごく少数だと思えますし、詳しくは知らないでしょう。

 だから、「公正証書にまでする?冗談じゃない。嫌だ・・・」となるか、

 「仕方がない。わかった・・・」と承諾するかです。

誓約書について説明する興信所社長 
ですから、きとんと誓約書を作ること。

もちろん内容は、「今後浮気をしない・・・」ことを記載し、「もし約束を破ったら〜する」というような、浮気した相手にとってハードルが高すぎることを記載するべきです。

 浮気した相手にそれすら書かないケースも多くあり、謝罪してきたから口約束で許したのか、相手が誓約書さえも堅くなに拒否して無理だったかわかりませんが、それでは浮気を防止させたい夫婦にとってリスクは高いままです。

 
誓約書を交わすことはもちろん、それを公正証書にする!とまで言い切るのです。

 そうまでしなければ信用できないという態度で臨むべきです。

 それによって相手の反応次第では、「本当に反省しているのか?」と感じてしまうかもしれません。

 浮気した夫(妻)に対して心底反省しているかどうかの判断材料にもなります。

 今まで探偵さんに依頼されてきた浮気調査のお客様の声のなか、「夫は公正証書にしてもいいって謝罪しています」とか、「公正証書でもなんでもしてくれと言っています」という展開は意外に少なくありません。

 ただのその場限りの逃げでもないとの声だそうです。

 離婚に進展し、慰謝料、財産分与、養育費の取り決めをきちんと公正証書にするべきであることはよく耳にすることと思いますが、

 
浮気再発防止の誓約書を公正証書にしたい意思を貫き通すことは必要です

 公正証書にそんな内容は不可能だとかいう議論でなく、そうまでするという意気込みを示すことに意味があるのです。

 そして希望する内容文面を公正証書にすることが不可能であれば、夫婦で交わしたその誓約書の書面に確定日付印をもらっておけば良いのです。

 もしまた浮気が発覚した場合、その書面が味方となってくれます。

 浮気、不倫を斬る!|探偵コラムメニューに戻る



 浮気調査は対処策をサポートするMKリサーチへ
年中無休 無料相談
電話 0120−8383−42

千葉・茨城・東京で活動する探偵・興信所