本文へスキップ

ターゲットの警戒度の高低|浮気調査の難易度

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

警戒度の高低による調査の難易度

「探偵の浮気調査は難しいのか」 難易度の高低を判断できる材料は幾つかあるのですが、何だかわかりますか?

 それは尾行、張り込みをするターゲットの警戒度なのです。

 他にも調査を難しくさせる要因はあるのですが、この「対象者の警戒度」について解説します。


警戒している不倫夫


 
様々なターゲットを尾行張り込みする探偵にとって、そのターゲットの警戒度の違いというものを常々感じ、口走るものです。

 「けっこう警戒しているから距離をとろう」とか、「意外と無警戒だな」とか、細心の注意をはらい監視しているなか、ちょっとした行動や視線などでターゲットの警戒度を測っています。

 調査なんてされるとは思っていない、探偵つけられているなんて思ってない人であっても、不倫している人たちは、やはり周囲を気にしたり注意はしているものです。ばれたらまずい、誰か知っている人に見られたらまずいということはわかって行動しているわけですから。

 ですからそのように周囲を気にしてる不倫の二人の回り(視線に入るなか)で、探偵が下手な尾行、張り込みを行ってると、警戒度がそれほど高くなかったターゲットでも「あれっ!?」と印象付いてしまい、それが二度三度繰り返して認識されると、完全に警戒心を抱かせる原因となるものです。

 ただ多くのケースでは、多少警戒していても、「まさか調査されているとは」など探偵が追っているとは思ってない夫(妻)が多いことは確かですから、多少やりにくかったり時間を要する場合はありますが、行動を起こせば然るべき証拠は捉えられるものです。

 しかし依頼した先の興信所のスタッフが、安易な尾行、張り込みをしたことによって、調査をあやしまれ、最悪相手に確信された(ばれる)事例もよく耳にしますので注意は必要です。

 それは探偵つけた夫(妻)でなく、その不倫相手が警戒度の高い人物だったということもあります。

 一般的な浮気調査では調査に支障をきたすほどの警戒度まで抱いてない対象者の方が多く、探偵がミスを犯さない限り、何とかなるものですが対象者の警戒心という壁に突き当たり、難しい調査になることが多いのはこれから述べるケースです。

難易度の高い調査依頼


 過去に尾行張り込みを決行し現場に乗り込んだ方、ばれた方のケース

 これは以前、探偵つけて調査していることがばれた方ばかりではありません。

 近年ご自身や仲間の協力のうえ追跡したりして、「一回現場をおさえたことあります!」とか、「ばれてしまった」と相談時に話される方は毎年います。

 しかし相談者の中には、「もう1〜2年経過しているので大丈夫でしょう」とか、「一回きりであの時以降していませんので!」とかあまり影響はないと踏んでいる方もいます。

 もちろん、「かなり警戒していますので注意してください」と言われる方もいます。

 実際にこのようなターゲットを調査してみますと、当初の段階で、ターゲットの警戒度をひしひしと感じることは多いものです。

 依頼人様にとっては、「そんなことが警戒していること?」と言われるかたもいますが、尾行張り込み時、常に対象者の行動や視線に注意を払っている探偵は、肌で感じるものですし、実際に警戒行動を調査員の目の前で行っているのですから一目瞭然です。

 ターゲットによっては、一度尾行してみたところ、「これ以上、普通の方法では無理だな」とまで感じる相手もいます。

 次回以降、作戦を練って臨まなければやけどを負うでしょう。

 車両尾行でいえば、淡々と尾行できない、させてくれない。車両を変えても同じ。

 もっとその上の知力で対処せねば証拠はとれないだろうとすら思えるケース。

 徒歩尾行でいえば、ひと夜で何人にも化けたり、2〜3名で騙し騙し追うという、演技と策略をフルに稼働しなければ証拠はとれないだろうといえるケース。

 とにかく、ターゲット個人に備わっている警戒心を過信し過ぎてて、「うちの旦那は警戒心が凄い」とか、「うちの女房はすごく警戒してますよ」と言われてた対象者のほうは、実際にそれほどでもない場合が多く、むしろそんなに警戒心はない相手であったのに、過去に現場をおさえたり、ばれたりしたほうが断然警戒度が高いものですし、調査を手こずる場合が多いのです。

 とにかく過去に一度でも尾行や張り込みがばれたことのある方、不倫の現場に乗り込んでしまった方は正直にお話しすることも、相談時の注意事項ですので念頭に置いてください。


 
探偵の調査に戻る。