本文へスキップ

浮気、不貞の証拠をとるタイミングを逃さないで!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不貞の証拠をとるタイミングの大切さ

 不貞の証拠をとってもらいたいと探偵・興信所に依頼しようかと迷っている方にとって、依頼するタイミングの大切さを解説します。

 好機を見逃したばかりに収集できるはずの不貞の証拠がとりにくくなったケースはあるものです。


不貞の証拠を解説する千葉相談員 浮気の証拠とは、肉体関係があると推測される事実を目で見るものとして立証できるものであることは当サイトで何度も解説してきました。

 正しくは不貞の証拠と言います。

 その不貞行為があると推測される証拠として、一番わかりやすい結果は、ラブホテル、モーテルへの出入りの証拠であり、「一回の証拠でも不貞行為は認められる」ようです。

 しかし、不貞行為そのものはあるはずだが、なかなかラブホテルに行かない二人のケースもよくあるものです。

 いったいいつ何どき、ホテルへ行くのか。
 
 とくに不倫相手が一人住まいであり、部屋に出入りできる環境、関係であれば、ホテルを利用することはかなり少なくなり、何かのイベントに絡んでしか利用しなくなる二人になりがちです。

 不倫相手の部屋への出入りばかりの会い方しかしない二人も多いものですが、お互い家に呼べない二人が不倫の関係が深まるにつれて、どちらかが部屋を借りて住み始めたり、密会するときだけ利用する部屋を借りるなんていうケースもけっこうあるものです。

 「不倫相手は実家住まいと思います。だから外で不倫するしかないでしょうが、どうも旦那がマンション(アパート)を探している様子です。

 家を出ていく気か。もしくは不倫部屋を借りるのか・・・。

 もしかしたら、もう借りているかもしれません。」とか、

 「相手は単身で暮らしています。だから不倫相手の部屋に行っているでしょうから、ホテルを利用することはないでしょう。まして旦那はケチですし(苦笑)。

 でも今度**のイベントがあり、女と出かけるようです。遅くなると予告してきましたし、きっと理由つけて朝帰りでしょう。千葉に戻らず都内で外泊すると思えます」

 このように、調査をするなら、この時期にやった方がよい場合、また決定的な証拠がとれるチャンス到来と確信した場合は調査するタイミングであるといえます。


浮気の証拠を説明する茨城相談員 さらに様子見を続けると次回のチャンスはかなり先になったり、読めなくなるケースもあることに注意してください。

 実際にあった事例をあげましたが、不倫の二人が部屋を借りて住んでしまった後だったら、ホテルの証拠はつかめなかった可能性は大です。

 もちろん、不倫部屋での出入りを複数回撮ることによって有力な証拠となりますが、ラブホテルという裁判所も不貞を認めるわかりやすい証拠とは違います。

 不倫部屋の出入りだけでは”不貞までは認めない”判決も出る可能性も大ですし裁判官によるところが大きいものですし、他にどれだけの証拠材料があるかにもよるところが大きいのです。

 また、メールやラインのやりとりなどを見れたりする場合もあります。

 写真か何かに証拠として確保しておくことも大切ですが、「じゃあ明日いつもの所で」と、そんな内容を見たりしたらどうされますか?

 過去を振り返って、そういえば定期的に帰宅が遅い日があるのであれば、やはり証拠収集の依頼チャンスなのです。

 よほどのことがない限り、はずれはありません。もちろんどのような会い方をするかですが、不倫の二人がいつ会うかわからない依頼者が多いなか、タイミング的に非常に恵まれてるケースなのです。

 また、ご自身で相手の素行を探ってきた方で、あるところまで素行をつかめてきた方は、証拠撮影までご自身で実践しようとせず、安全に探偵・興信所にお任せしたほうが賢明です。

 「妻の車にGPSを忍ばせていたら、ある場所に頻繁にとまっています。そこは高速の高架下でひとけのない所です」
 
 このような場合、ご自身で張り込んで確認しようとせず、そこまでわかったのですから、プロに依頼する絶好なタイミングであると思えます。

 あとは、しかる場所にとまっていた曜日、時間帯などを短期間ですが傾向(統計)をとることです。

 いつまで同じ素行をとり続けるかわかりませんから、動向をいつまでも見続けることはやめた方がいいでしょう。

 とにかく依頼するタイミングが早過ぎる方はあまりいませんが、好機を逃してしまうほど様子を見続けることにならないように注意してください。

 依頼のタイミングかどうか不安であれば何なりとご相談ください。


 なお、不貞の証拠が絶対必要な方って問答無用こんな方だと思えます。


 あなたはいかがですか?


 不貞の証拠収集はMKリサーチへご相談ください
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

不貞の証拠収集|千葉・茨城・東京