本文へスキップ

浮気の証拠が一番必要な方ってこんなケースの妻(夫)

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不貞の証拠が必要なのは問答無用このような方です!

 探偵に依頼すること迷っていますか?
 浮気の証拠はあればよいこと、わかっているけどどうしようと悩んでいますか?

 では説明します!不貞の証拠を一番得た方がいい夫(妻)とはこういう方です。

 きっとあなたの伝家の宝刀、主導権を握れる切り札となるはずです。

 長年多くの事例に遭遇してきた探偵だから言いますが、費用のこともあるけれど、一番証拠を必要とする方ってこんな方たちだと思ってなりません。

 真実を握ったことが問題をより早く有利に解決してくれること間違いありません。


不貞関係にある夫と職場の女性


 
不倫をひた隠しして離婚を迫ってくる夫(妻)、そしてあなたも・・・


 
「そしてあなたも・・・」その後のフレーズ、どう想像しますか?

 MKリサーチは女性である奥様からの相談、依頼が多いのですが、「離婚はしない、夫婦を続けたい」という思いの方が多いものです。

 夫の不倫が発覚した、夫の不倫が終わらないことに対する苦痛は耐えがたいものです。

 家庭を壊すつもりも離婚するつもりもなく浮気している夫(妻)も非常に多いのですが、そうでなく、不倫している夫からの離婚宣告(離婚の予兆も含む)ほど苦痛はないでしょう。

 「そしてあなたも・・・」という後は何となく想像できるかと思いますが、不倫している夫(妻)が離婚を言ってきている、けど
あなたも、”離婚でいい”と決断された方です。

 離婚を言ってきてる夫が、あなたが納得いく慰謝料、財産分与、養育費(未成年の子がいる場合)やその他もろもをきちんと公正証書にまでして保証するのであれば探偵の証拠は必要ないでしょう。

 ただ、どうしても不貞を認めさせて、そこをシロクロはっきりケジメをつけて離婚したいのであれば別ですが。

 まあこれは「夫(妻)だけ不倫相手と幸せになるのが気に入らない、嫌だ!」というお気持ちですが、これはまた別の項で解説します。

 しかし離婚を促してくる夫(妻)の態度は間逆です。これはほぼ皆さん一緒です。

 妻(夫)が浮気に気がついていない、確信している場合にかかわらず、離婚したい理由は、あなたとの性格の不一致でかたずけようとします。

 決して一緒になりたい女性(男性)がいるとは言いません。

 自由になって不倫関係の彼女(彼)と好きなように生きたいとも言いません。

 まあギリ白状したとしても、俺(私)の人生、これから好きなように自由に生きたいと、勝手で責任を放棄したような戯言を言うでしょうか。

 勝手に不倫を始めて、夫婦がぎくしゃくしてきたのに、夫婦がこうだったから、仕方なく彼女(彼)ができたと言わんばかりです。だいたい浮気の方が先なのです。

 また不倫は夫婦周知の事実だったとしても、離婚とは関係ない。

 つまり夫婦の問題と不倫関係にある彼女(彼)とは別問題だ!の論理です。

 もちろん、唐突に”不倫関係”とも言いませんし、抵当に濁している表現でしょうけど。

 となると、このまま夫婦を継続することが不可能である理由をあれやこれやと並びたててきて、時間稼ぎも入り、夫婦破綻にもっていくか、精神的に追い詰めてクラッシュさせる。

 「そうじゃないでしょっ!離婚原因は女(男)でしょっ!」と問い詰めたとしても、確たる証拠がないのですから、言い逃れされて終わりです。

 真実を離婚したい夫(妻)のほうが言うはずもなく、そこはあなたの方が事実を立証しなければなりません。法はそういうものです。

 さらに調停、裁判にまで進展したら、夫(妻)の不倫は、証拠として立証しなければ認められません。(相手方が認めた場合は除く)

 「あなたの思い違いではないですか?」と言われた方も多いようです。

 もちろん、不倫などしていない言動を貫くでしょう相手は。

 こんな夫(妻)とはもう離婚でいい。そう決心していますか?

 そういう気持ちに傾いているのですか?

 であれば、行動は一つなのです!


不貞の証拠をとる探偵調査員


不貞の証拠をとって夫(妻)の嘘を暴くこと!そして堂々と戦えばいいんです。


 
不倫している夫(妻)は離婚したい、もしくは離婚の予兆がある。

 そしてあなたも離婚でいい。

 問答無用、不貞の証拠といえる証拠がない方は、早期にとるべきです!


 合わせて証拠をとるタイミング(時期)を逃さないようにしてください。


 その他の方には誤解招く表現に聞こえるかもしれませんが、一番探偵の証拠を必要とする方に該当しますし、その証拠が一番効果を発揮するはずです。
 
 不倫している夫が相手であれば、納得のいく額の慰謝料、そして十分な財産分与。

 もちろん不倫相手への慰謝料(二人合算で夫が支払う場合あり)もとりたいはずです。

 不貞の証拠で、有責配偶者のレッテルをはるのです。

 とれるもの、とりたいものとって、問題抱えている人とは早くさよならなのです。

 もうそれくらい冷めていることでしょう。

 今は違います。確たる証拠がありません。その兆候がある程度のものです。

 事実を証拠として立証できなければ、たとえ弁護士に依頼しても十分に闘ってくれません。

 当然、調停、裁判では推測を並べてても、ちょっとした材料を並べても難しいでしょう。

 何も知らない、できないと高をくくっている相手を不貞の証拠によって、ギャフンと言わせる。

 女(男)が原因で離婚を迫ってきている夫(妻)には、証拠が伝家の宝刀、切り札となって役にたつことは絶対です!

 当リサーチは、相談者に対して営業はかけませんが、この項で解説した内容にあてはまる方のばあい、やはり調査の必要性を説いている次第です。

 とにかく、
納得して離婚をすること!なのですから。


 浮気の証拠とはに戻る。