本文へスキップ

職場不倫している妻と離婚して親権をとりたい夫の事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

職場不倫する妻と離婚して親権をとりたい|浮気調査事例

 同じ職場の妻子持ち男性と浮気している妻。

 夫は妻に問い詰めたり、妻の会社にも話をつけにいったが、妻の浮気がおさまる様子はなかった。

 いったい夫はどう決断したのか、千葉の探偵MKリサーチの事例です。

 妻の浮気相手が同じ会社の男性だったというケースは探偵がお受けする案件でも非常に多い事例です。

 妻との離婚を決断し、親権をとりたいというご主人でしたが、果たしてその希望はかなったのでしょうか。


探偵に浮気調査を依頼するまでの経緯


 
千葉に住むご主人は20代後半で妻は20代前半でした。

 探偵がお受けする浮気調査の対象者ではかなり年少の方にはなりますが、若年化している浮気妻という傾向も顕著であるのも事実です。

 1年ほど前に妻はある会社に入社した。それから数カ月経過した頃から、妻の帰宅時刻が深夜になり始めたという。

 いくら残業でも22時、23時頃ならまだしも、自宅まで車で15分程度の距離なのに、帰宅が深夜0時〜1時。まれに朝4〜5時という日もあったそう。

 そして休日もたまに休日出勤だとか行って出かけることもあり、お子さんを夫や親に面倒見させたまま休日も深夜まで帰ってこないこともしばしばだったとか。

 実は妻の浮気は初めてではなかったという。

 「前の浮気相手とは切れてはいないだろうが、今はこっちの男に一生懸命だから会っていないでしょう」と、妻が浮気しているという兆候は非常にわかりやすかったそうだ。

 会社を退社して帰宅する妻。妻はシャワーを浴びてからスマホばかりいじっている。浮気相手が仕事を終えるのを待っていたのだった。

 1時間ほどして妻はそっと家を徒歩で出ていく。すると50メートル先の路地に会社からまっすぐにやってきた浮気相手の車が停まっている。

 妻はすぐに助手席に乗り込み二人は去っていく。そして帰ってくるのはそれから数時間後。そんなリスクのある不倫を繰り返していたのだった。

 その後、妻を自宅近くまで迎えにきていた車が妻の会社の駐車場にとまっていることを確認し、「やっぱ同じ会社の男だった」とわかったのでした。

 また妻は何と、ツイッターで自身の浮気行動をつぶやいていたのだった。

 日ごろの何でもないことをつぶやいていたに違いないのだが、それがまた浮気相手との行動も把握されてしまうつぶやきとなっていたとは妻は自覚していなかったのだろう。

 「公園なう」、「これから彼と昼食」だとかは、会社近くの公園でランチデートのことで、確認に向かうと公園の駐車場に二人の車が駐車されており、ベンチのほうに二人の姿が見えたという。

 また時には、ラブホテルにも入っている関係をほのめかすつぶやきもあった。

「今日はテルホ(ラブホテルのこと)行けなくて残念だったけど来週楽しみにしてる・・・」というつぶやきも。

 「来週土曜日です。休日出勤だと予告しているんで間違いありません。」と夫は簡単に分析していたのだった。



妻と離婚して親権をとりたいんです!


 
調査の相談時、ご主人はこう言っておりました。

「妻には浮気ばかりではなく、他のことでも問題は大ありなんです。

 買い物依存症。虚言癖。子供の虐待。
 浮気を繰り返す行為。

「子供は我慢していますが、もう限界を逸脱した行動です。離婚するにあたって親権を主張します。ですから弁護士をたてる覚悟で臨みます。」と。

 ちょうど探偵に相談されてきた直前に妻は家を出て行ったという。

 「子供を放っておいて自分の実家に行きました。妻は離婚を希望しております。もう頭の中が浮気相手の男でいっぱいなのでしょう。相手は妻子がいるのに・・・」と夫は探偵に言いました。
 
 ご主人は仲間や身内からも協力を得ていたことから、その後様々な情報が入ってきたという。妻の浮気相手も自分の奥さんにばれたそうで、妻に電話してきたという。

 どう対処したかまでわからないが、その後も会い続けていたから効き目はなかったのだった。

 妻は実家に帰ってきてからも、夜な夜な不倫行動をしていたわけだから、親御さんも黙っているはずがなかった。

 注意はしたようだったが、やはり親が何と言っても効き目は数日程度。その後はまた元の行動に戻っていたという。

 しかしその時期、妻はやっと警戒しだしたのか・・・ツイッターの閲覧を制限してしまった。

 つまり許可されているフォロワーのみが見れるようにしたのだ。

 しかしそのフォロワーの中には夫の知人が潜り込んでいることは妻は夢にも思わなかっただろう。


離婚調停を妻の方から申し立ててきた結果とは

 
 
子供を置いたまま家を出て行き毎晩のように浮気相手と密会する妻。

 妻はとうとう離婚調停を申し立てたのだった。

 その頃、探偵の浮気調査は開始されていたので順調に不貞の証拠はとれていたが、話しの様子から、妻は親権を夫にあげるつもりだということがわかった。

 とにかく一刻も早くフリーになって、浮気相手と会うことをとやかく言われない身になりたいという思いだったのだろう。
 
 夫のほうは親権をとることが最優先だったので、調停では親権をとることだけに集中し、妻の不貞のことについてはとやかく荒立てないことにしたという。

 そして妻との調停離婚が成立し親権も難なくとれたのだった。

 またその判決として、「夫はこれ以上妻に何ら請求しない」ということを交わしたのだった。

 それは、妻に不貞の慰謝料を請求できないことも意味するのだったが・・・。

 親権はいらないと言っていても、急に変わり身の早い妻はいるものです。

 調停の場で妻がどう発言するか最後まで予断は許せないものでしょう。

 浮気を繰り返す妻、子供までも捨て切れる妻と離婚し、親権を自分のものにする希望がかなったご主人でしたが、これから浮気相手に対する交渉は行うと言っておられました。

 その際にきっと探偵の証拠がお役にたつでしょう。


 妻の不倫を知って離婚を選択した夫の他の事例もあります。


 妻の不倫調査事例に戻り他の事例を見る。


 妻の浮気調査は探偵MKリサーチへご相談ください
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

浮気調査|千葉・東京・茨城の探偵