本文へスキップ

夫の不貞は裁判で認められるか|調査後の対処事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不貞行為は認められるか|調査後に裁判まで進展した事例

 夫との離婚が裁判まで進展した事例を紹介します。

 妻の願いは「夫の不貞行為」を認めさせるというものだったのです。

 探偵・興信所MKリサーチが浮気調査で証拠をとった依頼者様は、その後どのような選択をしどう対処していったのでしょうか。

 今回は不倫している夫との離婚が裁判まで進展した事例を紹介します。

 妻の願いは「夫の不貞行為」を認めさせるというものだったのです。


千葉に住む夫の不倫相手


 
≪夫の浮気調査の結果とは≫

 40代後半の夫は、同じ職場の未婚で一人暮らしの女性と浮気していた事実が判明しました。

 5年ほど前から、夫は浮気相手のアパートで頻繁に密会を繰り返していたそうで、当時浮気がばれた際には一度おとなしくなったそうでしたが、夫は浮気を認めてはいませんでした。

 その後浮気相手の女性は会社には来ていたが、引っ越してしまったそうです。

 実は、妻と浮気相手の女性は同じ職場で、公私ともども非常に親しくしていた関係であったそうでしたから、相当ショックを受けたことは言うまでもありません。

 弊社に浮気調査を依頼された頃は、その半年前から夫は妻と壮絶なケンカをし、家を飛び出してしまったそうで、車中や会社で寝ているとか言っているそう。

 妻は「夫は浮気相手の家に居るに違ない。もう我慢に我慢を重ねてきました。

 私は、夫もあの女性も許せない。もう夫とは離婚を決心しています。

 その後も弁護士に依頼するつもりです。もうあの二人にはかかわりあいたくないです。」

 妻の予想通りでした。

 弊社は、浮気相手の住所調査をし居住場所を判明させ、張り込み調査を決行したところ、やはり夫は浮気相手の部屋と会社の往復。

 要するに浮気相手の部屋で生活していました。

 浮気調査は一週間に及び、その間の夫、浮気相手の出入りの証拠を蓄積したのでした。

 特に二人で外出するということはありませんでした。

千葉・茨城担当の探偵相談員


 ≪妻の選択、対処策とは≫

 妻は、夫との話し合いは不可能であると認識していたため、最初から代理人として弁護士に託すことは決めていました。

 よって、すべての対処は弁護士に託すことになったのです。

○夫と離婚する気持ちにぶれはない。

○夫の浮気が明確で、浮気の証拠も公判で使用できる資料がある。

○浮気相手の氏名、住所はわかっていて、慰謝料請求する。

○夫との協議は期待できない。調停で和解できることも期待できない。裁判まで進展することは覚悟している。

 以上全てにあてはまる方は、弁護士に相談される方が得策なのです。

 まず、弁護士は浮気相手の女性に対して慰謝料請求をすることから入りました。

 結果的に浮気相手から200万の慰謝料をとることができました。

 それからです。夫との離婚係争に入りました。

 実は夫との離婚裁判は長引いたそうです。

 夫は頑なに不貞行為を否定し、「妻が追い出したから仕方なく、寝泊まりさせてもらっていた・・・」と。

 確かに夫の浮気や暴力に耐えかねて、半分追い出したカタチではあったそうでした。

 しかし、妻は夫が隠れてずっと浮気相手と接触し続けていたことも、不貞行為なんてないと言い逃れしているに過ぎないこともよくわかっていました。
 
 妻は最後、夫に対するケジメとして「あなたの不貞行為」を認めさせることだったのです。

 夫は最後まで認めなくとも裁判によって、「不貞行為」だと認められることを希望していたのです。

 結局、裁判所がくだした判決とは、「夫に不貞行為があったとまでは認めることはできないが、不法行為があったことは認める」というものでした。

 弁護士の言うには、言葉の違いほど意味の違いはないとの見解です。また、裁判官によっても見解が違うことがあるらしいのです。

 しかし、夫からも相手女性からも合格ラインの慰謝料はとれたことは事実でしたし、裁判所が夫に対して「不法行為」であると認めたことは勝訴なのです。

 「夫に不貞行為があった」と認めて欲しかった・・・

 妻の本音はこうでした。

 長い係争も終わり、子どもさんと穏やかな生活をスタートし始めたと耳に入ってきました。

 これからの人生をお幸せに。


 浮気調査の後にどうしたか|選択、対処の事例に戻り、他の事例を見る。