本文へスキップ

離婚を迫るから浮気と踏んで探偵に依頼した

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

離婚を迫ってきたから、浮気していると踏んで探偵つけた!

「離婚を執拗に迫ってきて、とても焦っていた」
過去、浮気調査を依頼された要因で一番多いケースです。
そこまで離婚を言ってくるその理由は明らかです。

探偵に依頼するに至った理由も様々なのですが、MKリサーチでの相談者の限りでは、離婚を迫ってきていた夫(妻)に浮気の疑惑を抱いてとか、確信してとかがだんとつ一位です。

また後々わかるものですが、浮気し始めてから離婚を言ってくるまでの期間は短くなってきている傾向です。



離婚調停申し立てられた妻離婚したい浮気夫


「あまりにも離婚言ってくるし、おかしいと思ったから。」という理由。夫の浮気であれ妻の浮気であれ一番多いものです。

 なかには強引に家を出ていく夫(妻)も多く、居場所すら知らせない夫(妻)も少なくありません。

 同居していても、家を出ていってしまっても、事あるごとに、「早く離婚してくれ」と追い詰めてくるわけです。

 そしてほとんどの方に共通するのですが、そんな理由で離婚したい、夫婦はダメと言っているのか、理解に苦しむほどたいした原因でないことを一生懸命まくしたててくる。

 どうネガテイブに捉えても、夫婦関係を継続することが困難である重大な事由にあたらない。

 どこの夫婦でもありがちな不満の域なのです。

 しかし夫(妻)としては、どうしても目的を達成しなければなりません。

 目的とは離婚です。

 ですが、ほとんどの夫(妻)は自分には非がないという前提で、離婚にもっていきたい企みがあります。

 浮気夫の場合ですと離婚する妻には、できる限り金銭は払いたくありません。財産もとられたくありません。

 徹底的に自分有利になるよう主張し続けるでしょう。

 たいした理由でもないのに、そこまで離婚を迫る理由は、やはり不倫相手の存在だったのです。

職場不倫して離婚したい夫離婚するのを待つ不倫相手


いずれにしても、このような夫(妻)は、離婚調停を申し立てる人が多いものです。

しかし、家裁で調停員が、「そんな理由で離婚したいのか」とか、「ご主人が離婚したい本意がよくわかりません」と思うケースすらあるようです。

やはり離婚調停を申し立てられた妻(夫)と同じ思いです。

ですから離婚したい夫(妻)と、離婚は到底のめない妻(夫)との調停は何回行われても不成立なわけです。

いずれ離婚したい方が提訴するかどうかの判断です。

ただ調停を申し立てられたと知った方、すでに1〜2回行われた方が、やはり浮気が原因なのかと確信して相談に来られる方は多いものです。

過去に浮気がばれた方であれば、まず同じ相手と水面下だったわけですから呆れたものです。

どの道、こちらがイエスと言わなければ調停を何回行っても離婚は成立しませんので、安心していただいてけっこうですが、の夫からの執拗な離婚催促はより注意が必要です。

つまり浮気相手の妊娠です。

これは不倫でなくても男女関係では無視できないリスクです。

私たちも多くの事案を扱ってきたなか、浮気相手が妊娠していたという事実に直面することはあるものですから。

また離婚問題でもめているときは、妊娠していなくても、過去に妊娠して中絶させたことがあるなども、非常に深刻です。

とにかくです。
いつしか離婚を迫ってくるのは、浮気相手との人生を歩むと決断したからに他なりません。

不倫という関係が非常に中途半端で罪悪感があるけど、離婚すれば独り身という立場で、不倫ではない堂々とお付き合いができる、などと思っているのは稀の稀でしょう。

やはり、不倫相手とも意気投合し、この先の意思も一致しているはずです。

離婚問題に強い探偵


意味不明なくらい焦って離婚を迫ってくる夫(妻)のほとんどは、不倫相手の存在があると疑ってください。

また、過去、一度でもばれたとか、ばれかかったケース。

また、疑って口論になったけど、うまくかわされたままのケース。

いずれにしても、その時ばれた相手、あのころ疑ったときと同じ相手です。

やはり少しは浮気をあやしんでいた挙句の果てに、離婚を急に迫ってきたケースが多いのですが、まったく疑っていなかった方も2〜3割はいるくらいですから、この項で解説したことはよく念頭においてください。

理解できないほどの離婚催促は、まずは主導権握るために真実を掴むためぜひご相談ください。

いくら「浮気でしょっ!?」と問い詰めていても、その程度では警戒はしません。

また離婚調停に入っているからさすがにしっぽ出さないでしょう、、、もどうでしょう、言うほど関係ないようですよ。

これから調停、調停真っ只中の浮気調査でも、あまり支障はありません。

つまりどうせ真実なんて掴めないんだし、仮に知っててもたいした証拠なんてないんだからという頭の状態がほとんどです。

ほんとになめているも同然です。

なめているうち、高をくくっているうちに調査はするべきです。

また様子見をし続けると、予期せぬリスク(説明しました)とも隣り合わせですのでご注意ください。


浮気調査を依頼した理由とは|メニューへ