本文へスキップ

離婚を迫る夫と別居した妻|調査後の選択事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

離婚を迫る夫と別居|浮気調査後の選択事例

 調査の後にみなさんがどのようなご選択に至ったのか。

 探偵・興信所MKリサーチの豊富な事例の中からご紹介しております。

 今回は離婚をせずに別居をご選択した茨城県の40代の奥様の事例を紹介します。


離婚と別居を相談する探偵 ≪夫の浮気相手に慰謝料請求した妻≫

 調査の後、探偵の証拠を得て弁護士を代理人として、不倫相手に慰謝請求を行なう方は少なくはありませんが、この茨城に住む妻も同様でした。

 浮気がばれ、妻が不倫相手に慰謝料請求をしたことがわかった夫は、まるで妻が悪いかのように逆切れし放題だったのです。

 「慰謝料を請求することまですることはないじゃないか!」とか、「取り下げろ」という態度だったそう。

 しかし、妻は夫と不倫相手がまだ真っただ中のころ、夫の携帯電話のメールの中味を見ており、不倫相手からの送信メールの内容に、妻を侮辱するような内容が書かれていたことがどうしても許せない、屈辱的なことであったため、どうしても浮気相手に対してはケジメをつける決心をしていたのです。

 しかし浮気していた夫に対しては、できることならば修復の道を歩んでいきたい気持ちが強く、それは子供たちにはこの夫が父親として必要だと思ってもいたからです。

 ですから、調査の後の流れとしては、探偵の証拠をもとに不倫相手に慰謝料請求をし、不貞を認めさせ、かつ夫との関係を完全に断たせること。

 そして、時間をかけて修復の道を歩いていこうと描いていたのですが・・・

千葉の離婚相談員 ≪離婚しろと追いつめてくる夫≫

 不倫していた夫に変化はありませんでした。むしろ余計荒れるようになったとか。

 今まで夫を慕っていた子供までも、そんな荒れている夫を見て怖がるようになったそうでした。

 「離婚だ、離婚。もうとっくに夫婦破綻しているのだからそれしかないだろう。子供と一緒に早く出て行け!」

 もはや、夫は自分の子供に対しても愛情がないかのような態度でした。

 夫の様子からは、浮気相手とは会ってはいないようでしたが、妻に対して精神的に追い詰める行動はエスカレートし、家計までとり上げる始末だったとか。

 夫の追いつめに根をあげて今、家を出ていったら、二度とこの家に戻れないような不安はあった妻。だから、必死に耐えて頑張ったそうでした。

 しかし、このまま夫と一緒に暮らしていたら、自分も子供も精神的に持たない、それより一度夫と別居して(離れて)お互いどう変わるか・・・

 もしこのまま1年たっても2年たっても何も変わらないのであれば、その時は離婚も現実的であるとそう思うようにしたそうです。

 夫と別居するにあたって、自分も自立して頑張っていかなければいけないが、できることならまた一緒に生活したいと願うお気持ちはあったようです。
 
 別居した夫が、いつか家族の大切さを感じてくれるのか。

 不倫相手と再発してしまうのか。


 正直、別居する妻にもうどうすることもできません。

 しかし妻は夫とは別居し実家には帰ったものの、不貞を認めなく誠意のない回答の不倫相手に対しては訴訟を起こすことに決めたのでした。

 「奥さん、とうとう根をあげて実家に帰っちゃった・・・」と安心した頃、訴状が届いた不倫相手はさぞかしびっくりしたことでしょう。
 
 浮気調査の後の事例|トップに戻り他の事例を見る。