本文へスキップ

夫の浮気相手に会って受けた謝罪|調査後の事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

夫の浮気相手に会って受けた謝罪は何だったのか

 夫の浮気相手の家に行き相手の女性と会ってきた妻の事例です。

 探偵の証拠写真まで見せられ激しく動揺した不倫相手は、妻に謝罪の態度を示していたという。

 そして夫との関係を断ち切る旨の誓約書もその場で交わしたのだったが・・・


夫の不倫に悩む妻 
浮気相手の自宅に向かった妻

 探偵の浮気調査によって動かぬ証拠を得た妻は、ご自分で話をつけるために浮気相手の自宅に行くことを決めたのです。

 浮気相手に会う目的とは、今後夫とのいっさいの連絡と接触を絶ってもらうためにです。

 そのために妻が準備したものは、

○家族全員(夫、妻、子供3人)が写っている写真

○夫と浮気相手がキスをしている探偵が調査で撮った写真

○夫との交際を絶つことを約束すると書かれた誓約書

 浮気相手は夫と同じ職場の未婚女性でした。

 当時は実家住まいでご両親と同居していたのでしたが、彼女だけに会いにいくこととし、彼女が仕事を終えて帰宅する時間に合わせて待ち伏せをしたのでした。

 もちろん浮気相手と会うことは夫には内緒です。

 そして運よくそれほど待たず浮気相手が車で帰宅してきたという。妻はすぐに自分の車から出ていき、浮気相手の車の運転席わきに立ち声をかけたそう。

 浮気相手は妻の顔を知りませんでした。だからどちら様ですかという表情をしていたそうだが、妻はすぐに名字を伝え、話しがあると言った途端に相手の顔色は急変したという。

 そして自分の家の玄関先を嫌った浮気相手は、妻の車の方に導かれ車内で話す選択をしたのでした。その後、浮気相手はどのような態度だったのか・・・

夫の水面下の浮気に悩む妻 謝罪の態度に徹していた浮気相手

 妻に対して言い返すこともなく、涙を流しながら聞いていた浮気相手だったそう。

 妻は最初から最後まで責め続けることはせず、責任は自分の夫にもあるという気持ちで接していたという。

 しかし最後は家族の写真を見せながら、「私たち家族の幸せを奪わないで」と伝え、いっさいの関係を絶つことを約束すると書かれた誓約書をその場で交わすことを促したのです。

 その内容には、「約束を守れば今回に限り慰謝料請求は免除する。」と情状酌量の内容でした。

 浮気相手の女性は、抵抗することなく誓約書に署名と捺印をしたそうでした。

 この茨城の奥様のケース。浮気相手の勤務先も把握できていたこともあり、難なく一度の訪問で会うことができた。

 そして妻の訪問によって今までの過ちを涙ながら認め謝罪し、誓約書にもサインした浮気相手だったのだが・・・・

 それから1年後、夫とこの浮気相手がまだ会っていると探偵に相談があったのです。

 当時、夫に対しても、探偵に頼んで証拠をとったこと。浮気相手に会ってきたこと。そして誓約書も書かせたことなどすべて話したそうでした。

 とうの夫も深く反省していた態度だったという。そして今までとは打って変わったかのように帰宅時刻も早くなり、携帯電話もあやしくなくなったという。

 妻が彼女に会ったことは意味がなかったのか。
 あの時の彼女の涙、謝罪の意はなんだったのかと妻は驚くばかりでした。

 浮気不倫問題のその後を見てきたり、耳にしてきますと、このような浮気の再発は珍しくはありません。

 でも妻が浮気相手に会ってきたことが無意味だったのかとも言い切れません。 
 どれだけの最善の方法を施しても、
 この二人にどれだけの道徳、倫理観が備わっているかにも起因するでしょうし、その後の夫婦関係によるところもあるでしょうから。

 もちろん、このような展開になった以上、妻は再度行動を起こすことになったのですが、この項は「浮気相手に会う会わない?」がテーマです。

 妻に謝罪の態度を示したはずなのに、このような展開にもなる場合もあることをしっかりと念頭に置いて欲しいのです。

 このケースとはまた違う相手もいるものですが、こちらの方が多いでしょう、夫の不倫相手に会って知った真実の項で紹介しております。

 つまり浮気相手に会う≒二人の浮気に終止符が打たれる を期待しすぎないことです。

 夫の浮気相手に会ってきた!|事例集に戻る。


 浮気が再発したらMKリサーチにご相談を
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42