本文へスキップ

なぜ浮気を繰り返すのか|終わらない不倫なのか

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

なぜ浮気を繰り返すのか|同じ相手とまだ続いてる夫

 浮気・不倫に終止符を打たせたはずのなのに、発覚したのを機に終わったものと思っていたのに夫はなぜ同じ相手とまだ続いてるのか。

 同じ相手と別れられない、再発してしまう夫(妻)に対処する策はないのでしょうか。

「なぜ浮気をするのか」に続き「なぜ同じ相手と繰り返すのか」を考えたいと思います。

 弊社探偵相談員の豊富な相談と調査の事例を検証しますと、浮気を繰り返す原因は明白です。


興信所に依頼した妻浮気を繰り返す夫と不倫相手


 なぜ浮気をするのかという理由は本サイトで解説してきました。

 浮気した方の「浮気に走ったわけ」「浮気した理由」を知ることによって浮気というものに対して見方が変わった方もいれば、かえって夫(妻)のことが許せなくなった方と様々です。

 またその浮気も、「同じ相手と浮気を繰り返す夫、別れてくれない夫」は少なくはありません。

 どうして、夫は浮気相手と別れてくれないのでしょうか。

 あなたが過去に不倫に終止符を打たせたのになぜ不倫を繰り返しているのでしょうか。

 夫がまた同じ相手のその女性との不倫の関係を切ることはもう不可能なのでしょうか。


 
弊所相談員は、不倫相手との関係が終わらない夫は、もはや女を切る力はないのです

 と奥様方に解説するのですが、このフレーズは初めて浮気問題に遭遇したときから念頭に入れたほうが賢明です。


 また、「また浮気が再発しているようです」というご相談は非常に多いのですが、教えて!千葉探偵さんで解説しておりますので参考にしてください。


≪浮気の証拠まで得て、きちんと不倫相手に交渉して不倫に終止符を打たせたはずなのに、また同じ不倫相手と浮気した夫≫

 
茨城県の夫の不倫に対する妻からの相談事例です。

 探偵の浮気調査の動かぬ証拠写真を手にして浮気相手と一対一で会った妻。

 浮気相手は証拠まで握られていることに言い訳もできず、謝罪の態度をとっていたとか。

 妻は、夫と浮気相手との交際断絶書を用意し、「もう2度と夫と会わない、連絡もとらない」主旨の書面を交わしました。

 また、その書面の内容は、「約束を守ってくれるのならば、今回は慰謝料請求はしない。勤務先(公務員だった)にも公表しない。

 しかし、約束が守られなかったら、慰謝料も請求し、勤務先にも関係の事実を公表する」というものだったのです。

 妻は、不倫相手が完全に観念した態度であり懲りただろうって思い、夫の浮気もやっと終止符を打てたと感じたそうでした。

 しかしその後、再び、夫と浮気相手の浮気が再発したのです。

 探偵による2回目の調査でまた証拠は得られたのです。

 二人は接触の仕方を変え、会う回数も極端に減らして会っていたのでした。

 妻は約束を破った浮気相手に慰謝料を請求しました。

 浮気相手は慰謝料を支払ったものの妻の請求の半分にも満たない額であったそうです。

 また自分の夫からも慰謝料というかたちで金銭を受け取ったそうです。

 浮気相手の職場の上司に相談もしたそうですが、慰謝料というかたちでケジメをつけたのだから、もうこれ以上目くじらをたてないよう説得されたようでした。

 そしてその半年後、夫と浮気相手との浮気の再発の疑惑が浮上してきているそうです。


夫と別れない不倫相手


≪浮気の事実、要するに不貞行為の事実まで知ったのに、強行手段をとらないがため夫の浮気はいっとき収まったかにみえても全く終わっていない様子≫

 
夫の浮気を疑って以前浮気調査を依頼された千葉県の妻がいました。

 妻の予想通り夫と浮気相手は日中のラブホテルで過ごし、不貞の事実が確定したのです。

 その後、妻は夫の浮気に終止符を打たせるためにあからさまに事を荒立てることはせず、具体的な対処策も講じることはなく、ただ夫に遠まわしに浮気の疑いをかけたような発言をしたり、時には「知り合いが貴方を女性らしき人と一緒にいるのを見たわよ」とか言う対処の仕方が精一杯だったとか。

 それからというものの妻の発言が夫としてはかなり核心に迫られたように感じたらしく警戒したような態度となったそうで、「もしかしたら探偵つけられたかもしれない」という雰囲気になっていたそうでした。

 妻がなぜ夫にも浮気相手にも具体的な行動を起こさなかった理由は、夫を追いつめることによって夫婦の崩壊、家族の崩壊を恐れたからでした。

 いかがでしょうか?この妻のお気持ちが察しできる方も多いのではと思います。

 不倫の真実を知っていながら、夫をあからさまに追い詰めたら、夫は浮気相手の女性のところに行ってしまうのではないのかと恐れたのです。

 できることなら、夫にプレッシャーを与え続け、何とか自分の力で関係を消滅させていければ一番よい方法であるとそう思っていたのです。


茨城の興信所相談員


≪不倫に終止符を打たせた、浮気をやりにくくさせ別れさせたつもりの、妻であるあなたの対処の仕方が甘かったのです≫


 
はっきりと言います。

「不倫は簡単には終わりません」「不倫に終止符を打たせる」ような簡単な薬もありません。

 上の二人の妻の事例をご理解できたでしょうか。

 夫と浮気相手の不貞の証拠という確たる真実を得たにもかかわらず、妻の対処の仕方が甘かったのです。

 こんな対処方法では不倫している二人が別れるはずがありません。

 確かに妻の責任ばかりではないのですが、離婚という文字はなく、何とか目を覚ましてほしいという願いなのであれば、こんな対処方法では浮気は終止符は打ちません。

 実際、このように事を荒立て過ぎることを恐れて、中途半端な対処策でしか実行しなかったために、「まだ同じ相手と浮気している」と悩み続けている妻が多いのです。

 「また同じ相手と浮気している」「夫はいつになったら浮気相手と切れるのか」と嘆いているばかりでは終わりません。

 ではどうしたら良いのでしょうか・・・。

 夫に対しても浮気相手に対しても、最初の一回目から、「もう浮気は懲り懲りだ!」と思わせるほど、「こんな目に会うのなら死んでしまいたいくらいだ!」とまで思わせなければ終止符は打ちません。

 ですから今回の二人の妻の事例では、浮気調査の証拠写真という動かぬ証拠まであるのに、どうして生ぬるい対処策でしか行なえなかったのか。

 「生ぬるい」とか「死んでしまいたいほど苦しい」などと荒い、戦いみたいな表現をしておりますが、それくらい大変なことで、強く、ある意味”怒り”の気持ちを持たないと行動なんてできないからです。

 とくに、二人目の千葉の奥様の事例は問題外です。

 夫の暴走を恐れるばかりに、荒波立てない。

 一人目の妻は、浮気相手が謝罪するものだから今回に限り許してしまう。

 甘過ぎるのです。優しすぎるのです。

 最初の段階から、慰謝料を請求する。職場の上司など飛び越えてさらに上の幹部に直訴する、夫に対しては離婚をちらつかせ子どもにも会わせないくらいの仕打ちまでする必要もあります。

 もちろんこの対処がすべてではありません。

 また、やってよいケースと、ダメなケースもあります。

 それは個別に指南しております。

 もちろん、「二度と会わない連絡もとらない」という誓約書(もし破ったら**する)もただの書面かもしれませんが、重ねて交わすことも忘れてはいけません。

 それとW不倫であったなら、浮気相手の夫(妻)にまで事実を耳にいれるくらいの覚悟も必要なのです。

 多くの方が、「相手の旦那(奥さん)さんにばらすことまではしなかった」という声も多いのが事実です。

 ダブル不倫なんてそこまでしてやっと懲りるのです。

 お金(慰謝料)だけではありません。

 もし、あなたができる最大限まで行なっても、浮気に終止符を打たなかったら夫と浮気相手の不倫は本物です。

 あとは、もうこんな二人にかかわっていたら自分の人生がもったいないと割り切り、多額の慰謝料を二人に請求して離婚するか、妻の立場を最大限利用し、「あなたたちの好きにさせるものですか!」と絶対離婚しない対処をするかでしょう。


 なかには浮気が悪いことと思ってないからする夫(妻)もいます。


 そのような場合、やはり離婚も視野に入れた選択肢もありではないでしょうか。

 浮気がばれてもまた同じ相手と続いている・・・弊社相談員の浮気相談の経験から、夫の浮気相手が未婚やバツ一で夫のいない女性が多いようです。

 それがまた二人を別れにくくしている要因となっているのでしょう。


 浮気を繰り返す夫(妻)の事例|終わらない不倫事例を豊富に紹介しております。ぜひご覧ください。


 浮気調査はアフターサポートの充実している探偵MKリサーチにお任せください
年中無休 無料相談受付
電話0120−8383−42

なぜ浮気を繰り返すのか|終わらない不倫