本文へスキップ

メールは浮気の証拠になりますか?|教えて!探偵さん

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

メールは浮気の証拠になりますか?|教えて!千葉の探偵さん

 夫(妻)と浮気相手の携帯電話のメールの中身は浮気の証拠になるのか。

 探偵・興信所MKリサーチでも非常に多く聞かれるご質問です。

 送受信メールの中身が浮気の証拠としてどこまで有効なのか解説します。

 浮気相手との送受信メールを見てしまった、こっそりと見続けている夫(妻)は少なからずいるようです。

 ではメールの中身はどの程度の浮気の証拠になるのでしょうか。

 千葉の探偵さんが解説します。


 浮気相手とのメールのやり取りである送受信メールの文を写真。

 それを他の端末に転送し保存したり、写真に撮ったりした相談者の資料を見ることがあるのですが、みなさん同じようなことをおっしゃいます。

 最初は弁護士に相談したのですが、

 「メールだけでは浮気を立証することは難しく、具体的に不貞行為があると推測されるような行動をとっている夫(妻)と浮気相手の写真が必要です。」と言われました。

 どれだけの内容のメールの中身かはケースバイケースですが、どんなに親密さを感じさせるようなやりとりのメールであっても、具体的な二人の行動の写真は必要なのです。

 メールの中身が強烈であればあるほど、きっと夫(妻)と浮気相手の接触の際には決定的な証拠写真が撮れる期待は大ですから、相談者様は、問い詰めたりせず探偵・興信所にご相談されることが賢明です。

 しかし、メールの中身を見たことによって夫(妻)を問い詰め、相手が浮気を認めたのであれば問題はないのですが、実際にどこまで認めるかあてになりませんし、どんなメールの内容であっても上手に言い逃れをする夫(妻)は多いので期待しないほうが賢明です。

 また、その時は浮気を認めても、あと後になって「浮気を認めた記憶などない」と手のひらを返す相手もいるのですから注意が必要です。

 メールを見られたことに対して、「ただ相談ごとをしていただけ」だとか、「迷惑メールだ、心当たりがない」だとか、人間追い込まれるとどこまで言い逃れをするのかと感心しあきれることでしょう。

 そればかりか、自分の浮気を棚に上げて勝手に携帯電話を見られたことに対して逆切れし、話にならなくなってしまうことにもなりかねません。

 また、携帯電話の通話明細記録をお持ちになっている方もいらっしゃいますが、それ単独では浮気の証拠としては難しいのです。


 
要するに、「メールだけでは浮気を立証させることは難しいのです」が答えです。

 つまり、送受信メールはそれだけ(単体)では浮気を立証させる証拠にはなりません。

 二人がラブホテルやシティホテルに出入りする写真とか、夫(妻)が浮気相手の家に出入りする写真であるとか、腕を組んで歩いている写真、食事している写真などとセットにすることによって生きてくる証拠なのです。

 ですから、メールだけでは証拠能力は弱くても、他の証拠と合算することによって大いに生きてくる証拠といえます。

 実際、過去に弊社で浮気調査を依頼され裁判まで進展し「不貞が認められた事例」として、探偵・興信所の証拠としては、夫が浮気相手のマンションに外泊した事実1回だけの証拠ではありましたが、依頼者の妻が収集していたメールのやりとりの証拠が働き、ふたつの証拠が大きなパワーとなり夫の不貞を認めさせた事例もあるのです。

 裁判所の裁判官にもよるのですが、浮気相手の居宅への出入りなどは複数回の外泊とか出入りの事実が必要であり、それだけの証拠でも不貞関係があったとはいえないという判例もあります。

 探偵・興信所の証拠以外にも浮気の材料として活用できるものがあればあるほど良いのです。

 弁護士の先生が、今までの夫(妻)の行動の事実を日記に記録しなさいと言うのはそういうことからなのです。

 また、メールの中身の証拠をきちんとした形で保存することも重要で、リスクはあるでしょうが写真に残したりするようにしてください。

 浮気を自白(白状)した夫(妻)も意外と少なくありません。


 自白は浮気の証拠になるのか?合わせて参考にしてください。


 浮気調査よくあるご相談事例|教えて!千葉の探偵さん
に戻り、他の相談事例を見る。


 浮気調査のご相談なら実績豊富なMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

メールは浮気の証拠になりますか?