本文へスキップ

ラブホテル、モーテルは決定的な不貞の証拠|浮気の証拠とは

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

ラブホテル、モーテルは決定的な不貞の証拠!|浮気の証拠とは

浮気の証拠のなか、決定的な不貞の証拠といえるのがラブホテル、モーテルの証拠。
不貞行為が立証される証拠としては探偵調査の王道でしょう。

「ラブホの証拠が欲しい」とか、「ラブホテルに行ってくれたら決定的なのに」と世間では耳にしますが、「いったい探偵はどういうカタチで不貞を立証してくれるのか」と、疑問の相談者もいるはずです。

ラブホテルの証拠って、どのようなものなのかMKリサーチが実例をあげて説明します。



ラブホテルの証拠を見る弁護士


「性的行為をしている映像、写真でもあるのか!?」と、リアルに不貞行為に及んでいる映像、写真がない限り、うちの旦那は認めません!

と、不安になっている妻たち。

裸で重なっている写真でも撮られない限り、認めないと豪語する夫も稀にいます。

ご安心ください。

ラブホテル、モーテルで浮気相手と過ごしていたという事実を捉えれば、不貞行為については認められます。

また仮に一度の事実でも、不貞行為があったということについては認められます。

またその証拠の内容も、リアルに性的行為を行っている映像、写真は必要とされません。

服を着用している状態のラブホテル、モーテルへの出入りだけで十分です。

ホテルの部屋の中での行為まで撮れるはずがなく、仮に証拠を撮ったとしたら、違法行為での収集であったはず。

違法行為によって得た証拠は証拠能力が認められないとして排除されるリスクがあります。

裁判所も不貞を立証する証拠映像、写真として、不倫の二人が裸で性的行為をしている証拠まで求めません。

ですから、「そういう証拠写真でもあるのか!?」になんら心配することはありません。

よって探偵・興信所の浮気調査では、調査行為の正当な業務、ぎりぎりの範囲での証拠撮影となります。

では、ラブホテル、モーテルに入った、行った、過ごした という立証をどういうカタチで示すのでしょうか。


裁判で不貞を立証する依頼人ラブホテルに入る夫と浮気相手


都心でのラブホテルに徒歩で出入りする二人


徒歩でラブホテルに入っていく浮気の場合、一般的には路地からラブホテルの敷地内に入っていくはずです。

すぐに建物出入り口がある場合が多いでしょう。

探偵は一般的に後方、斜め後方からになりますが、ラブホテルに入っていく二人を撮影します。

とりあえずそのシーン(写真、映像)で、二人がラブホテルに入りました!という事実については、立証されます。

何かしらの理由でホテルから出てきたり、反対側の出入り口から出て行ってしまったという行動には注意が必要ですが、きちんとした探偵であれば予期した体制をしいているはずです。

さてこのラブホテルに入ったという証拠の中身ですが、建物に入っていった写真、映像でも、いいわけです。

しかし、何%程度の探偵・興信所が実地するかは不明ですが、そのままラブホテルのフロントまで追尾して、

部屋を選んでいる二人、
受付でチェックインをしている二人の姿、

そしてそのまま奥に設置されている部屋に向かうエレベーターに入って閉まるまで、
階段をあがっていくまで

ホテル内のぎりぎり撮影できるまでのシーンを写真、映像として提出する探偵・興信所はあります。

ぎりぎりとは、ラブホテルの場合そこまでです。

部屋に入る場面は不可能ですのでそこは受け止めてください。(「なぜ!?」という相談者には詳しく説明しておりますが、さすがに設立以来、数人程度です)

弊所も何社かお聞きしたところ、基本ラブホテルのフロントまで撮影している探偵社と、建物に入っていくところまでの探偵社と分かれます。

もちろん、原則ホテル内まで追尾する探偵社でも、難しい場合もありますのでどのような現場でも、そのような証拠が撮れるかの保証はありませんが、MKリサーチとしては、「中まで追尾撮影する」とスタッフ全員で意思を統一しております。

いずれにしても、調査報告書を提出するにあたって、その精度は違いますから。


モーテルの証拠映像を編集する探偵


不倫の二人が入っていった写真、映像は確認できました。

さて後はラブホテルから出てくる写真、映像です。

その間が何時間、何十時間あるかは様々ですが、時間の経過を表現するため、ラブホテルの外観とか出入り口を定期的に撮影しておく場合が多いでしょう。

そして二人が出てくる証拠です。

ここを確実に捉えることによって、滞在時刻が立証され、決定的な証拠として完成します。

ラブホテルの出てくる証拠としては、これはどこに依頼しても、ホテルの建物から(敷地から)出てくる二人の写真(映像)となります。

シティホテル、ビジネスホテル、観光地のホテルなどではありませんから、ホテル内、フロント付近で張り込み撮影は不可能です。

ただ、ホテルから出てくる場面は、探偵社の方法と腕によって左右される場合もあります。

しっかり正面(斜め前面)から二人を捉えられるシーンでもありますので、わかりやすく鮮明にであって欲しいものです。

また瞬時の映像、少ないコマ数の写真となるわけですが、ラブホテルから出てくる場合、どこに依頼してもそのようなものです。

いかがでしょうか、ラブホテルの証拠といっても、意外とあっさりした写真、映像での立証となり、利用している場所は意味深な場所なのですが、証拠写真、映像で見ると、「あ!入りましたね」「出てくるとこですね!」程度という印象を受けられる方もおられます。

ただ、その事実をしっかり撮影しておくことが、不貞を立証させる有力な手段であることは間違いありません。


浮気調査の千葉の探偵


田舎とか地方で車でラブホテル、モーテルを利用した証拠

地方にいきますと、浮気調査も車両を使用した事案が多くなるはずです。

探偵さんからすれば、都心の徒歩での調査より多少難易度が高いものと感じるのですが。

この場合でのラブホの証拠ですが、意外と多い例は下記です。

不倫の二人がちょっと前に車を駐車させてすでに建物内(部屋)に入ってしまった。

だからそのまま付近(多くはホテルのお客様駐車場)に張り込んで、建物(部屋)から出てきた不倫の二人を前面(斜め前方)から証拠撮影する。

となると、駐車されたままの車の写真(映像)。
そして外観、車など撮影して時間の経過を表現。

最終的に、出てきた二人の生の姿の写真、映像。
そして車に乗り込んで当ホテルを出ていく車。

という流れの写真、映像を提出されるはずです。

「なんか最初がはっきりしなくて、それで不貞の証拠として十分なの!?」と疑問に思われる方もいるはずです。

ただ結論言いますと、それでも不貞は立証されますので、ある程度の時間いてくれて、出てきた二人が写っているのであれば、大丈夫です。

入りの証拠写真(映像)がない というのは様々な理由はあります。

調査の契約内容上の理由、田舎すぎてより注意して尾行した理由、あげればいくつか出てきます。

もちろん理想は路地を走行して、ラブホテル、モーテル敷地内に車で進入していく写真、映像。

お客様駐車場に車をとめ、車から降りて建物入っていく二人、そしてフロントでチェックインしているところまでであれば100点です。

田舎の場合、車をとめて建物に入っていくところまでであっても好結果といえます。

田舎と都心ではまた違った意味での難易度があり、現場によって様々ですので一緒くたではありません。

ただ、ご注意いただきたいのは、ラブホテル、モーテルの外観、看板そして駐車されている車だけの写真(映像)です。

他にどのような証拠があるかにもよりますが、ラブホテル、モーテルの証拠としては、十分でありません。

もちろん、それで相手が認めれば十分ということですが、それは結果論。

費用出して浮気の証拠が欲しい依頼人に、ラブホの証拠がとれました、あります!と豪語するべき内容ではないでしょう。

やはり最低限、建物(部屋)から出てきた二人を捉えてある写真(映像)が必要です。

もちろん、このような浮気の証拠も、短時間の映像、多い数のコマ数というわけでありませんが、利用していた場所が場所なだけに、決定的な証拠として有効です。


浮気の証拠とは