本文へスキップ

ラブホテルの実践的な張り込み|探偵マニュアル

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

ラブホテルの実践的な張り込み方法|探偵マニュアル

 ラブホテルで探偵はいったいどうやって張り込んでいるのか、疑問に思われる方も多いでしょう。

 浮気調査では非常に重要なテーマであるためラブホテルに絞った張り込み方法を千葉の探偵さんの経験論から解説します。

 探偵の調査においても、あなたが実践する自分調査でも、ラブホテルに入った二人を張り込み撮影するということは絶好のチャンス到来で、不貞の証拠となる決定的な証拠です。

 では、ラブホテルで探偵はいったいどうやって張り込んでいるのか、疑問に思われる方も多いでしょう。

 浮気調査では非常に重要なテーマであるためラブホテルに絞った張り込み方法を千葉の探偵さんの経験論から解説します。

 ここで再確認しておきますが、目的は張り込みではありません。ラブホテルから出てくる生の二人を最高のアングルで撮影することです。最高のショットで撮影を行なうということを忘れないでください。

 ≪車で入った二人を車で張り込む場合≫

 地方では多くのパターンが車でラブホテルに入っていくケースがあげられます。

 実際にラブホテルに入っていった後の張り込みには、いくつかのケースがありますが、それはラブホテルの形式で張り込みの方法が分かれます。

1.駐車場がフリーで、歩いてホテル館内に入る形式のホテル

 ホテルの出入り口を撮影できる駐車場に入ってしまいます。

 そこで、2列目座席に潜み、カメラを数台セットします。そうです、出入り口に向けてです。
 2か所ある場合もよくありますので、その場合2方向にカメラ向けます。

 一つのレンズで2つの出入り口をカバーできる場合もありますので、張り込む駐車位置はよく見極めてください。

 さてここからが問題です。ラブホテルによっては、ナンバーチェックに来ます。すぐ見に来る場合もあれば、さぼっているのか忙しいのか1〜2時間後に突然っていう場合もまれにあります。

 見に来ないラブホテルもあるのですが、その場合はもう楽勝です。あなたが出てくる二人の撮影をミスらない限り、もう撮ったも同然でしょう。

 ラブホテルはホテルのセキュリテーを通過してしまったら住宅地より断然張り込みやすいのです。

 あとは時間との勝負です・・・。

 またナンバーチェックに来たが、普通に控えて行ってしまった。大丈夫でしょう。おそらく気がついていないか、他の車と一緒に来たのかもなんて感じているのでしょうか。

 これも、そのまま黙って張り込みます。多分、このまま完結できるでしょう。

 しかし、その時、ホテル従業員が車内をのぞきこむような動きやら、首をかしげているような不審な動きをしているように見えたら、要注意です!

 さっき車は入ってきたのに、人が出てきて部屋に入って行かない・・・そう感じています。

 運が良ければそのまま行ってしまって、数時間ほっておいてくれることもありますが、再び時間おいて見に来られたら、もうまずいです。

 どうしますか?いったんホテルから出ますか?

 出て、外の出入り口付近で張り込みますか?それはNGです。

 やはり、生の二人を撮影することに意味があるのです。確たる証拠となるのです。

 ホテルの前の空き地やら路上で張り込んで、車だけ写して何の意味がありましょう。(意味がないということはありませんが)

 やはり不審がられているなって感じたら、お客様になってしまうしかありません。

 そうです。車内にカメラセットして録画状態にしたまま、入るしかありません。ちょっと時間経って入っても気にしないことです。ラブホテルはいろんな客がいるんです。

 車内で荷物をごそごそやっていたんだというストーリーでいいんです。

 しかし、運悪く男性一人の入室は断られるラブホテルがありますので、要注意です。

 このような形式のラブホですと、一階でわかってしまいますので無理です。探偵は2〜3名チームで調査を行なっているから、別に大丈夫なのですが。

 一人で浮気調査の張り込みをやっていて、一人での入室のお断りのラブホテルであったら、誰か応援に呼ぶか、敷地外に出るしかないでしょう。

 それか、駐車場にずっと居続けますか?それもありかもしれませんが。

 これも運です。うまくいけばほっておいてくれる場合もありましょうが、長過ぎると、まずいかも。自己責任で。

2.一部屋ごとカースペースとセットで個別に別れている形式のホテル
 
 このようなラブホテルでは、もちろん、どこか一部屋に入ることは必須です。

 前後に建物が向かい合っていて、二人が入った部屋の正面とか斜め向かいにも部屋があって空いていたら迷わずその部屋に入ります。

 最高の位置の部屋が準備中とかであれば、探偵さんだったら待ちます(笑)。いろんな変わったお客はいるんです。「ぼくはこの部屋がいいんです、待っていますから」と常連のふりしていればいいんです。

 ホテルのおばちゃん、お兄さん?急いで準備してくれます。だってお客様なんですから。そういう一発芸も大事です。

 個別式でもこのような形式で向かい、斜め向かいに部屋があれば運はいいでしょう。二人で張り込むなら、一人が入室して一人は車内2列目で張り込むもよし。一人でなら、カメラを録画状態にして部屋に入ります。

 さらに幸運に恵まれるケースは、部屋に入ったら窓があって、あけたら撮影できるなんていう場合です。

 そんな時は、忘れ物取りに車に行くってフロントに電話して、開けてもらえばいいんです。あとは、ちょっとだけ窓を開けて部屋での張り込み撮影開始です。

 しかし、張り込みはあなたの思う通りにさせてくれません。個別式のホテルでも横並びに部屋が並んでいるだけという造りが多いのです。

 「じゃあ、どうする?」ですか?

 これは対象者たちの部屋の隣かもうひとつ隣が空いているかがポイントです。

 そこへ、調査車両を頭から突っ込んで駐車させちゃいます。スペースきっちりと前に駐車せず、ちょっと車のお尻を出します。

 そしてあなたの車内の一番後方にカメラをセットします。対象者らが出てくる位置に向けてです。ですからワゴン車がベストだと言ってきました。

 外から見ればちょっと雑な駐車の仕方にみえるでしょうが、一応スペースに80%入っています。「もうせっかちで我慢できなかった客」ということでいいんです。

 ”お客様、駐車し直してください”なんて言われたことありません(苦笑)

 実際、敷地内ではまず張り込むなんて不可能ですし、外壁も高いですから外から中を覗き込むように張り込み撮影?は無理。それこそ不審者です。通報されますぞ。

 運よくラブホテルから遠く離れた所にちょっと高さのある場所があって、そこからなら写せる!っていうケースもありますが、光学10倍クラスのビデオカメラでは、役に立たないでしょう。まして夜だったら・・・顔がはっきりしない写真になりますきっと。

 ですから、最後の勝負なんですから両隣りの部屋に張り込んで撮ってしまうのです。

 この他にも、また違った造りののラブホテルもあります。

 それは、カーテン付き駐車場設置のラブホテルです。では、そのようなホテルの場合はどうするのでしょうか?

 ラブホテルで探偵ならこうするをご参照ください。


 ≪徒歩でラブホテルに入った二人を張り込む場合≫

 都心、駅に近いラブホテルなど徒歩で入った後の張り込みです。

 探偵さんは出来る限り、車を持ち込んできて張り込み撮影をすることを実践しますが、車が使用できない状況も多々あります。

 立ち張りでの証拠撮影は難易度が高いので、出来る限りストレスを感じない張り込み場所の選定が必要です。

 この場合は周辺をぐるっと見渡します。

○ホテル出入り口から離れた位置に建物があり、その下で張り込めるかもちろん手にはカメラもしくは、あなたの横にはカメラをセットしホテルに向いています。

○ビルとかアパート、マンションなどあって、その非常階段とか2、3階の通路あたりから張り込めるか。

 要するに高い位置を探してみる。住民は通るでしょうが、そんなこと気にしていられません。はっきりとそこに居る理由を口に出して言ってしまった方がかえってあやしまれないかもしれません。うまくカモフラージュしてください。

 とにかくラブホテルから出てくる二人を撮影するための張り込みです。それが目的であることを忘れてはいけません。
 
 以上、細かな点をあげればきりがないのですが、ラブホテルの出入りの証拠は動かぬ証拠となります。

 その確かな証拠を撮るために張り込みがあることをお忘れなく