本文へスキップ

暗い場所でも証拠撮影できますか?|よくあるご質問

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

暗い場所でも証拠撮影できますか?|よくある相談

 不倫現場が暗くても、ちゃんと二人を写せますか?

 現場は夜間、それも暗い場所は多いものです。
 不倫の二人が誰か認識できる写真(映像)が撮れるのかというよくあるご質問です。

 探偵の力の差に、夜間の撮影能力があげられます。これに関しては、どのような方法で夜間撮影をしているかに尽きます。

 特殊機材で対応しますと言われたが実際の現場ではどうでしょうか。


調査力ある千葉の探偵


夜間撮影を一般的なビデオカメラ、デジカメなどで行っている現実


 
相談者が想定される夜間撮影も個人差があり、ネオンとか外灯もある探偵から言わせれば、通常のカメラで通常モードで十分な現場もあります。

 今回は、通常撮影であれば、人物は黒い影みたいに写ってしまうとか、顔がはっきり認識できない程度の暗さを想定してみましょう。

 それと、車中不倫の現場など、真っ暗な現場を想定して質問される方もおれます。

 「暗い場所でもはっきりと映す(写す)ことはできますか?」への回答です。

 ここで注意して欲しいことは、「夜間撮影も、暗闇の暗視撮影も大丈夫です」との探偵社の回答ですが、ビデオカメラやハンディカムの赤外線モードや、ナイトモードとか(いろいろ言い方がありますが)で撮影しているだけの場合です。

 これは多少暗い場面でも映せますが、0ルクスとか0,1ルクス(数値上)程度なのです。

 それでは相談者の言う、探偵が想像する暗い現場は映せないのは当然です。

 ですから、暗いとは言っても、限界はあるもので、撮影してキャプチャーした静止画をパソコン上で明るさ処理など画像修正して少しでもわかりやすく見せている場合もあります。

 弊所でも実際に依頼者(相談者)から、そのような画像処理した他社の証拠写真を見せられたことはあるものです。

 ですから一番良いのは、事務所で面談されたときに、夜間撮影機材を見せてもらうとか、機材の写真か何かで見せてもらい説明を受ける。

 かつ、夜間、暗闇で撮影した証拠写真のサンプルを見せてもらうことでしょう。


暗視撮影機材車中不倫の証拠撮影機材


映せないものは映せない、映らないものは映らない


 
夜間、暗闇撮影においては、いくらベテランであっても熟練探偵であっても、どんな方法で撮影するかが問題であり、腕だけではどうにも解決できないのが事実なのです。

 やはり調査結果は撮った後の画像処理とかで修正をかけるべきではありませんし、現場に対応するカメラ、周辺機器を使用すればその必要はありません。

 ぎりぎりデジカメやビデオカメラ、ハンディカムでも映せると踏んだ現場でも暗視撮影が可能なCCDカメラを使用することによって、より高品質な結果となることは間違いありません。

 しかし、言うほど聞くほど、そのようなカメラで対応している探偵・興信所は少ないのが現実です。


 ちなみにMKリサーチでの暗視撮影の機材と方法を公開しておりますので参考にしてください。

 事務所には置いておりません(現場に持ち込み、もしくは調査車両内に保管してます)が、相談者にはわかりやすくシンプルに説明しておりますし、サイト内でも発信している次第です。

 とにかく、夜間撮影が多い、特に車中不倫が行われる現場が想定されるのであれば、どんな方法で調査員は証拠撮影するのか、口頭でなく、この項で説明しました方法でご確認されたほうが賢明です。


 よくある相談|教えて!探偵さんへ