本文へスキップ

既婚者だと知らなかった|不倫相手の反論

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

「既婚だと知らなかった」という不倫相手の反論

 不倫の証拠をとっても、「既婚者だと知りませんでした」と相手が言い張ったら、慰謝料とれませんよね。

 このような不安を抱く依頼者様もおられます。どう捉えたらよいでしょうか。

 不倫相手の反論の切り札か!?「奥さんがいるとは知りませんでした」と、不倫の罪を逃れようとする相手もいます。

 本当に知らなかったのか。しかし過去の実例を振り返るとそうでもないわけです。

 それより何より現実的な目線で解説します。


不倫女に既婚者と知らないと言われた妻不貞を否定する浮気相手


 
既婚者だっとと知っていたと立証しなければだめですよね!?


 
弁護士に相談したら、「不貞の証拠があっても、不倫相手が既婚者だと知らなくて関係していたと言い張れば慰謝料はとれませんよ」と言われました。

 これについてはその通りです。法律的には何も間違っておりません。
 
 「だから、不倫相手が私の夫が既婚だと知ってて関係していたことを私が立証しなければなりませんよね」

 その通りです、訴えを起こした方が立証しなければなりません。

 「相手に聞くか?」ことはまったく現実的でないし、「うちの夫にかまかけて喋らせるか」と依頼人の不安は尽きません。

 また探偵社に聞いても、不倫相手がうちの旦那のことを独身でなく妻帯者であると認識していたと立証することは難しいものだ。

 じゃあ、もう言われっぱなしか。

 しかし、多くの浮気問題を扱ってきた探偵からすれば、「机上の話だよね」と違和感を感じてなりません。

 つまり、仮に夫の不倫だとしたら、不倫相手の女性が、本当に「おたくの旦那さんが既婚とは知りませんでした」なのか?という話しです。

 もちろん夫が未婚(独身)だと嘘を言って不倫していたケースもあるでしょう。

 ただ、どうでしょうか。私たちがお世話してきた浮気問題を抱えていた方のケースのなかでは、「不倫相手がそう主張してきたのですが」ってことは、あまりありません。いや、記憶の中の限りごく一部。

 他の項でも解説していますが、「不貞行為はありません」の方が、圧倒的です。

 「不貞行為はない、浮気なんてしていません!」

 舞台にあがってくる口論はそっちであり、そんなさなか、急に「既婚だんなんて知らなかったし」って言われても「嘘つけっ!」って話だろう。

 妻に行動起こされて、「へえ〜奥様いたんですか!」という驚き感を伴った反論でなく、「奥様、何を言っているんですか!?不貞はありません。そういう関係ではありません」

 つまり、妻がいることには何らサプライズもなく、確信していたということです。

 私たちが扱っている多くの二人の間柄は、職場不倫だとか、知人を通してとか、仕事上の関係とか、同級生とか、いろいろです。

 そのような経緯を経て知り合った二人。

 既婚だと知らなかったはずがないというのが実情です。

 仮に出会い系だとか、道端で知り合い(苦笑)、まだ間もないとか、数回程度しか会っていないなど、そんな関係であれば「既婚者だと知りませんでした」もなくもないでしょうが、そうでない知り合い方で、半年や1年経過してて知らなかったはずがないのです。

 仮に知らなかったと主張するのであれば、「そこまでの関係で知らなかったことが過失です。知らなかったことに責任はないのでしょうか」と、その視点で向かっていくことも必要ではないでしょうか。

 ただ、何度も言いますが、このような反論が来たらどうしようという不安もありますが、現実問題、ネット上で議論されるほど、不倫相手からのよくある反論でもないことは確かで、実際に不倫相手に慰謝料を請求した方の結果をお聞きしたうえでの見解ですので、ネガティブに考えすぎないよう捉えてください。

 また法律家の見解も様々です。
 やはり「相手が既婚だと知っていたという裏付けが欲しい」と考える先生もいます。

 その反面、不貞の証拠と相手の身元だけで引き受けてくれる先生もいます。

 夫と不倫相手がどのような関係から始まったか。そしてそれからの経緯と現状は?

 それらを垣間見ると、「既婚と確信して不倫していた」はずで、不倫相手もそこをついた嘘までは考えないのでしょうね。きっとそうだと思いますよ。

 二人きりのとき、妻や子供の話やら、奥さんの悪口やら、離婚調停している話しだってしているわけですから。

 あ、そういえば、女が夫に送ったメールで、「注意してよ、奥さんにばれないよ〜にね」とハートマーク添えて送信したのがいましたが、これこそ決定的証拠ですよね。


 不倫相手のよくある反論へ