本文へスキップ

片方が不倫を認めたら相手から慰謝料とれますか?

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

片方が不倫を認めたら相手から慰謝料とれますか?

妻が不倫を認めたら、相手が認めなくても慰謝料をとれますか?
片方が不倫を認めた場合はどうなるのでしょうか。

妻の浮気相手から慰謝料をとりたい!と思い、探偵に証拠収集の依頼をされてくる方は多いものです。

もちろん夫の浮気相手から慰謝料をとりたい妻も多い。

さて、手っ取り速く問い詰められる妻(夫)が不倫を認めたら、問答無用相手からも慰謝料はとれるのでしょうか。



不倫の証拠を見る弁護士不貞行為を否認する妻の浮気相手


妻が不倫を認めても、相手にも認めさせる必要はあります!



不倫の慰謝料を請求されたとき、不倫を認めないのに慰謝料を払う人はまずいないはずです。

一般的に浮気相手に慰謝料を支払わせるためには、自身の配偶者が既婚者だと知っていながら不貞行為に及ぶ行為があったか。
そこが争点となります。

今回の質問は、「自分の妻に白状させたのだから、相手から慰謝料をとれる十分な証拠となり、とれますよね?」という内容です。

このようなケースも意外とあり得ますが、どうなのでしょうか。

「結論としては、あくまでも妻が不倫を認めたわけですから、不倫を認めた妻に慰謝料を請求することはできても、それで相手にも慰謝料を支払う義務が生じることではない。」

つまり妻の不倫相手からも慰謝料をとりたければ、相手に不倫を認めさせなければならないわけです。

ですから中途半端な証拠ですと、不倫相手から慰謝料をとるハードルは高くなります。

探偵の不貞の証拠があっても、言い逃れしてくる相手も多いのも事実なのです。

まして自身の妻、夫すら不倫を認めるなんてことも期待し過ぎてもいけません。

確かに不貞といえる証拠まで持っていなくても(探偵に依頼したけど決定的な証拠まで掴めなかった場合でも)、対処の方法がうまくいって、相手から不倫の慰謝料をとれた事例もあります。

しかし、その方のケースでたまたま上手くいっただけであり、確率からすると、難しい場合のほうが多いでしょう。

いずれにしても相手から慰謝料がとれるかどうか微妙な証拠、事実を掴んでいる場合は特にご注意ください。

例えば、浮気調査ではよくありがちなこのような事例は典型的です。



家で不倫する妻


部屋での密会、相手の家での外泊不倫



夫が不倫相手の部屋に泊る。

妻が夫の留守中に、家に不倫相手を招き入れる。

弊所の浮気調査でもわりとある事例です。

妻の不倫の事例ですが、夫は興信所に依頼して、妻が男を部屋に招き入れて一泊した証拠をおさえました。

と同時に、不倫相手の居住住所も調べ判明させたのです。

普通に考えれば、これが不倫(不貞行為のある関係)でなくて何!?って話です。

しかし弁護士に相談したら、不倫相手の男性から慰謝料をとれる保証はないと厳しい言葉を。

これはこのページをおご覧になっていただいている方に念頭においてほしいことですが、家に一泊泊めたからといって、不貞行為があったとは断定できないということです。

泊りでなく、何時間かの滞在を2〜3回捉えただけでも、当然厳しく、もちろん、相手が不倫を認めればいいわけですが、どういう出方をしてくるか予測はつかないものです。

ですから弁護士の見解として、さらにもう一泊の証拠。

そしてできれば、妻からの自白を引っ張ることができれば、かなり有利になるということでした。

とにかく妻と不倫相手が、二泊した証拠。

以前妻が離婚を迫ってきたとき、この男性とお付き合いしていることまで口走ったほどお花畑だったようです。

ですから、かまをかければ喋るだろうと。

それを録音するということです。


千葉の興信所相談員


不貞を認めなくても最後は認めさせ慰謝料をとれる証拠を常に考えています!



結局、不貞はないとか否認してくる相手は多いわけです。

こちらがどれだけの事実を掴んで請求しているか、空気を読めていなくて反論している場合も多いはず。

しかし夫や妻が認めたとしても、相手が認めなければ相手への慰謝料は発生しないことはわかりました。

ですから、不貞を立証できるだけの証拠をとっておけばいい。

また探偵社に相談されるとき、どこまでの証拠をとれば、仮に相手が認めなくても、裁判までなんでもして認めさせることができるのか・・・。

そこまで見通した証拠収集は必要です。

もちろん、依頼人様が蓄積してきた状況証拠も材料になります。

不倫を認めてくれないから支払わないつもり ではなく、

不倫を認めないだろうことは予測して、”これで不倫は決定的じゃないか!”というところまで準備してでの対処が必要だということです。

それを考えると、話がそれますが、一歩間違え、超高額な料金を提示してくる探偵社に依頼していたら目的を達成するまで相当な費用を浪費する確率も高いですからご注意ください。


よくあるご相談|メニューへ