本文へスキップ

カラオケボックスで不貞は認められる?|浮気の証拠とは

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

カラオケボックスで不貞の証拠となるか|浮気の証拠とは

夫と浮気相手を追った探偵。二人が入った先はカラオケボックスでした。
その後、二人が出てきたのは2〜3時間後。
二人きりで個室に入ったことは事実ですが、不倫の証拠といえるのでしょうか。

手は繋ぐ、キスはするとラブラブな様子の夫と不倫相手。

しかし二人が向かった先はホテルではなく、カラオケボックスでした!

「夫と女はカラオケボックスで不貞行為しているはずです!と断定している依頼人でしたが・・・。



カラオケボックスで不倫する夫と女


カラオケボックスを不貞行為目的で利用する二人


「カラオケボックスで不貞行為に及んでいるはずです!」という依頼人の妻。

もちろん、探偵らもそう踏んでいる。

年間通して不倫調査をしていきますと、20代を中心に、二人が入室した場所がラブホテル、シティホテルではなく、カラオケボックということはわりとあるものです。

「せめてレンタルルームだったら良かったのに、、、」と、シャワーもついており、利用するカップルもいるこっちの方の個室だったらと。 

勤務先からターゲットを尾行し、不倫相手と接触。二人は飲食店に入店し、20時〜22時頃には出てきて、ホテルに向かうとか、不倫相手の部屋に向かうのが、浮気調査の王道パターンですが、向かった先はカラオケボックス。

「ここまで来るのに、キスしたり、抱きしめたり、イチャイチャ度はマックスだったのに、はしごを外された思いです。」と現場調査員のがっかり感もマックスです。

もちろん、調査員もカラオケボックスに入店して、受付カウンターでの様子を撮影しながら確認し、間違いなく二人きりで利用している事実は確定させます。

ですから依頼人によっては、「これで突っつけないのでしょうか」と期待もするわけですが、、、。


千葉の興信所相談員


カラオケボックスでは不貞は立証されません!


結論言いますと、いくら二人きりで個室に入った証拠があってとしても、「部屋の中で不貞行為に及んでいるはずなので、不貞は認められないでしょうか!」という期待は、期待倒れになる可能性は大です。

不貞の有無を争った場合、まず認められないと思われたほうが賢明です。

不貞まで認められない可能性がかなり高いと、少しばかりの期待を残したのは、

相手が不貞行為のある関係だと認める場合があるかもしれないからです。

つまり、カラオケボックス単体の証拠の他に、そこに至るまでの二人の親密な行動の写真(映像)や、また別の日に密会している親密な証拠写真(映像)。

また依頼人が自身で情報を得た、二人の親密な関係といえる材料など総合して、不貞行為があっても何ら不思議ではないことを立証し、問い詰めた結果、

「彼女とは不貞行為のある関係でした」と白旗を上げる夫、不倫相手はいるものです。

やはり、依頼した探偵社が撮った数々の証拠写真(映像)をまとめて作成した調査報告書が有力の武器になるものですが、浮気問題に熟練した探偵社であれば、説得力のある調査報告書を提出してくれるはずです。


浮気の証拠を出す探偵


が、しかしです。

決定的な不貞の証拠とまで言えなくても、探偵までつけられ、騒がれているわけです。

不倫関係(つまり不貞行為のある関係)を認めさせた場合はあるわけですが、それで運よく認めさせることができた方の事例だとご理解ください。

必ずしも、ご自分の場合、いくら依頼した探偵社が、素晴らしい証拠写真が添付された調査報告書を出してきても、「不貞はない!」と貫けば、そうそう簡単に曲げません。それも現実です。

また逃げようとする相手であれば、裁判になっても、「不貞行為はない」を貫く人も多いものです。

やはりそうなってくると、裁判所としては、まず不貞行為は認めません。

つまり、カラオケボックスは歌を歌う施設であって、性行為をするための場所と認識されていないからです。

ラブホテルで「歌を歌っていただけだ」、「相談事していただけだ」というよくある言い逃れが通らないのは、ラブホテルは性行為をするための場所と認識されており、歌を歌っていただけだとは言えないからです。

やることは同じなのですが(苦笑)、二人きりで入った先でこうも違うわけです。

だからと言って、「部屋の中で不貞行為に及んでいる写真(映像)があればいいんだよね!」と、そっちの方向に向かうことはNGです。

館内をうろつき部屋を覗く、盗撮するなど違法の手段を駆使したうえでの荒業です。

たまたま見てしまった目に入った。偶然に撮れたと言うのでしょうか。

違法手段で得た証拠は証拠として認められないどころか、証拠をとるにあたってとった行動が問題視される可能性がありますのでご注意ください。


浮気の証拠とは