本文へスキップ

関西方面の浮気調査はできますか?営業所はあるの?

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

関西方面の浮気調査できますか?|よくあるご質問、ご相談

 大阪や名古屋など関西はやってないの?
 九州の調査はできますか?
 関西方面に営業所はないのですか?

 このようなご質問に対する当リサーチでの回答です。

「おたくは西の方はやってないの?」、「大阪とかに事務所はないですか?」などと関西、九州方面の相談者からお電話やメールをいただくことは多くなってきましたが、当リサーチでの見解を解説します。


関西地方の浮気調査相談者


 
MKリサーチは西日本方面に営業所、支店はありません。


 
大阪、名古屋、兵庫、岐阜や、九州は福岡などから浮気調査のお問い合わせ、ご相談をされることがあります。

 誠に喜ばしい所存ですが、弊所は設立以来、千葉県に事務所を構え、千葉、東京、茨城の3県に居住される依頼者様に対応してまいりました。

 もちろん近隣の神奈川県、埼玉県の依頼者も多くなってきており、弊所とお客様の距離をご理解いただいたうえでお受けしています。

 ただ、静岡県から西方面になりますと、千葉から向かって現場に携わることの経費面でのデメリット、また浮気調査では臨機応変な対応、急な出動等も必要となってくるため、どうしても現場に携わる立場としては弊害が多くなってきます。

 できることならば、距離がどの程度か移動時間がどの程度かは個々の探偵社によって見解は違うでしょうが、(例え4〜5時間離れた現場でも、すみやかな対応ができるのであれば問題はないという話でありますが)、調査員が出ていく場所(事務所、自宅より直行)から調査起点までの移動4〜5時間は現実的ではありません。

 よって、大阪なら周辺に事務所を構えており、相談者が依頼したい現場に臨機応変、フットワークの軽い体制で受けてくれる探偵社を選ぶことが絶対に賢明です。

 西地区にも営業事務所はあるのか?という質問に対しては、

 「まだ力不足で、西日本にはMKリサーチはありません。事務所は千葉県千葉市だけです。」が回答です。

 「関西で信頼おける探偵・興信所を知らないか?紹介してくれないか?」と、このような質問に発展される場合もありますが、「ここに相談したらいい!という絶対的な名称はお答えできません。

 実際にどんな料金設定をして、どのように現場で仕事しているか見ていないからです。」とお答えしております。

 弊所が加盟している日本調査業協会の関西方面の探偵社のお名前も知ってはいますが、現場を介してまでの交流はないため、紹介しにくいというのが本音です。

 もちろん、弊所ももっと勉強し他社との交流を深めたうえで、信頼がおけ、仕事もきちんとやる探偵社を知る努力は必要だと常々痛感しています。


千葉の探偵相談員


関西の浮気調査をおたくに依頼できませんか?


 
結論を言いますと、難しいとの見解です。

 弊所は、西日本方面の探偵社との業務提携はしていませんし、下請けに委託することもしておりません。

 もちろん、時代の流れですから、業務提携、業務委託で対処している社もありましょう。

 が、こだわっているのが、”起承転結”を自社で責任もって抱えることです。

 もし、西方面の調査を弊所でお受けする場合は、自社のスタッフが遠征して対応するということになります。

 が、移動時間、そして移動経費を考えると総額で割高な料金になる可能性は大です。

 (しかし見積もりを比べたら、地元の探偵社に依頼した場合より総額料金が安かったということはありますが)

 ただ懸念は料金のことばかりでなく、依頼者も探偵スタッフもお互い効率のよくないものになりかねないということです。

 まして、浮気の経緯、状況をお聞きしたら、不倫相手との接触は頻繁ではないということであれば、空振った時の負担が大きくなりましょう。

 では絶対やらないか・・・

 そうは言いましても、今までもお受けして遠征したことはあります。

 
ただ、その案件が、頻繁に浮気行動をとっているターゲットであったこと。

 地元の探偵社何社かに相談したけど、決めることができなかったこと。

 移動経費(交通費、宿泊代)は依頼者が負担できるということ。

 そして何よりなのは、調査するなら探偵さんのところに頼みたいと思っていたこと。

 
 難しいことを言っているわけではありませんが、調査の大小かかわらず、お客様の調査をお受けすることは、非常に重たい深刻な問題をこちらも抱えていくわけです。

 そこを思うと、安易な受件も、安易な紹介もできないのがホンネであり、力相応、自社の目が届く範囲での解決をするべきで、そこをふまえて依頼者様と向い合っていきたい所存です。


 よくあるご相談メニューへ