本文へスキップ

婿、嫁の浮気調査の探偵・興信所|千葉・東京・茨城

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

婿、嫁の浮気調査|実家、同居の親からの調査依頼

 「娘の婿の浮気調査を探偵さんにお願したいのだが・・・」、

 「息子の嫁の調査を内緒で相談できるのか」

 などという実家や同居している親御様からのご相談は少なくありません。

 MKリサーチでは、浮気されている本人の意思にかかわらず、親御様からのご相談には積極的に応じている探偵・興信所です。

 探偵MKリサーチは婿、嫁の浮気調査のご相談は千葉、茨城、東京を中心に豊富にお受けしてきました。

 低料金で安心調査の興信所ですので、初めてのお客様も安心してお申し付けください。


探偵がとった嫁と不倫相手の証拠
娘の夫、息子の妻の浮気問題を知った親たち


 
探偵MKリサーチでは、ご年配の男性、女性からのお電話をいただくなか、このような内容をお話しされる相談者様がいらっしゃいます。

「息子の嫁の浮気なんだが、そちらの探偵社では息子に内緒で嫁の浮気調査はできるのか」というような方、

「娘の婿さんなんだが、浮気しているらしい。詳しい経緯は娘も一緒に同席させて話するので一度会って欲しい」

 実家の親御様からのご相談の方が同居されている親御様からより幾分多いようです。

 実家の親御様が浮気問題を知ったのは、やはり直接に娘、息子さんから打ち明けられたことから知り得ることとなったようで、その後も、特に母親の方が心配でちょくちょく状況を聞いているようです。

 よって、このようなケースですと、実家の親と一緒に一喜一憂したり対策を講じたりしていくようですが、実際に実家の親御さんの力では、問題を解決することは不可能なようですし、家族会議を開いたところで、「浮気なんてしていない」と反論することは目に見えています。


浮気されている息子、娘本人より探偵相談に積極的な親たち・・・


 
嫁に浮気されている息子さんと同居されている千葉県に住むお父様からのご相談でしたが、「息子も嫁の浮気を疑ってはいるようなんだが、まったくどこまで放っておく気なのか困ったものです。

 もうずっと様子を見続けてばかりで、何か言うのでもなくずるずると今日まできてしまった。

 だから、私が『もうこれ以上見ておられんから動くぞ!』と息子に言ったんです。

 息子は『わかったよ、勝手にしろ』と。探偵でも何でも好きにやってくれとホント情けない。」

 親子でこのようなやりとりを繰り返してきたようで、煮えくりかえらない息子の代理で父親が探偵MKリサーチに浮気調査を依頼してきたということだったのです。

 弊社としては、決して珍しいことではありません。

 この方の嫁の浮気調査では、嫁が外出する予定がわかって「きっと浮気相手と会う」と踏んだお父様の確信(おそらく息子さんも感じていたと思いますが)から、調査依頼するチャンス到来ということだったのです。

 また、千葉県に住む娘の婿が浮気しているという実家のご両親からのご相談でしたが、

「娘の夫の浮気はもうはっきりしているんです。浮気相手もわかっています。娘夫婦には小さな子供が二人いて、娘は相当に苦しんでいます。『離婚した方がいいのか、我慢するべきか』と。

 私は常々、もう帰ってきなよ・・・と言ってはいるのですが、娘はこう返してきます。


 「お母さん、いいよ。私が我慢すればそれでいいんだから・・・」

 
これ以上、放っておいたら娘も孫も可哀そう。

 探偵さん何かいい方法はないでしょうか。

 とにかく娘は婿と離婚はしたくないという気持ちのようです」

 ご心配される実家の親御様に対して、我慢し続ける娘さん。

 娘婿の浮気を知ってしまった以上、黙ってはいられない実家の親御様なのです。非常によくあるご相談例です。

 結局、娘さんには内密に、親御様が依頼者として浮気調査を行ないました。

 浮気を否定する夫、浮気相手に対して確かな浮気の証拠をとり、浮気相手に制裁を加え、不倫に終止符を打たせようという目的でした。

 このような浮気調査の場合、調査が終了するまでは娘さんには内密で行なうこととしております。



千葉で相談を受ける探偵
探偵に依頼することの意味


 
浮気されている娘さん、息子さんによって、探偵に相談することに対する思いはそれぞれです。

 調査に積極的な方、調査に消極的な方と・・・。

 「もういいよ、探偵にまで頼まなくても・・・」

 そうおっしゃていた娘さんもいます。

 できることならば、浮気されている本人と親御様が一致団結することが一番良いのです。

 やはり、娘さん息子さんの方が、親御様ではわかり得ない情報や手がかりを持っています。

 全てを把握している親御様もいるのかもしれませんが、やはり限界はあります。

 それと探偵に調査を依頼する意味は以下のことからであるとご理解ください。

 このまま様子を見続けていて放っておいても事態が悪くなるばかり、好転することはありません。

 好転って何でしょうか?
 不倫に終止符を打つことですか?

 それは経験論から言えば甘いです。

 要するに夫(妻)と浮気相手との不倫に対して自然消滅(そのうち終止符を打つだろう)を期待していても難しいのです。
 
 おそらく離婚はまだ考えていない方のほうが多いでしょう。

 親御様だってできることなら離婚は避けたいはずです。

 よって、離婚しないのであっても、確かな浮気の証拠は必要となります。

 もちろん、離婚という選択であっても、浮気の証拠は必要です。

 
離婚したくないのであれば、浮気に終止符を打たせるために浮気の証拠が必要となるのです。

 離婚するのであれば、あなたが有利な条件で離婚するために浮気の証拠が必要となるのです。


 浮気の証拠を得たあとは、弊社のサポートでその対処の道をご案内します。

 ぜひとも、全てにおいてどんな選択にしろ切り札となるのは「確たる浮気の証拠」であるということをご理解ください。


 浮気調査を探偵に依頼するに至った理由とはに戻る。


 嫁、婿の浮気調査の相談はMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

浮気調査の探偵・興信所|低料金で安心