本文へスキップ

自虐的な浮気夫は本心か|夫(妻)にどう向き合うか

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

自虐的な浮気夫は本心か|夫(妻)にどう向き合うか

夫婦関係を維持していくのに、自分なんて最低な夫だというマイナス思考発言や、離婚も口走るほどのネガティブ発言。
夫のその言動は本心なのか。

世の中には妻と言い合った際に、自虐的な発言をする夫がいる。

悲壮感を漂わして、俺は必要されていないと思っていたらしい。

しかし探偵からすれば、その発言には裏がある。

そして夫は以前の夫ではない、不倫真っ只中の夫であるということだ。




自虐的な浮気夫離婚か別居か迫られている妻


必要とされていない感、疎外感から浮気したではない

なぜ浮気をしたのか?

夫に問い詰めると、「俺は必要とされていなかった。」「邪険に扱われていた」など、自身の疎外感をあげる浮気夫がいる。

そんな必要としていなかったなんてことはないと説得しても、している方にはわかるわけがない、されている立場になってみないとわからないと理屈をこねる始末。

「そうかあ、そんな風に感じていたのか。」

「私も至らない点はあったかもしれない。」と振り返ってみると、思い当たる節がある妻もいる。

ただ、「それで浮気に走ったのか、、、」と、繋げて捉えてはなりません。

妻にも事情があった。
夫とすれ違いの生活だったと。
夫への関心が失せていた。

そうであっても、それがイコール浮気した!ではないのです。

浮気に走った原因は、もっと違うところにあるわけだ。

つまり夫婦がそのような状況であっても、浮気しない夫はしないってこと。

またそういう夫婦関係だったから、浮気を助長したのでは?という意見。

それも違うなあと思う。

そういうことよりも、もっと影響を及ぼす要因は、

どれだけ夫が刺激を求めていたい欲を持っているか、、、その強弱が要因。

それと、たまたま偶然、浮気に走れる異性と出会ってしまった、、、そのタイミングだよね。

そんなものが重なって、ばれなきゃいい、行っちゃえ!となったわけ。

夫婦は普通の状態、夫婦は夜の生活もある状態、離婚の危機もない状態だった。

それでも浮気に走り、ぐちゃぐちゃの不倫になってしまった方たちの事実をどう説明するのか。

俺のことを邪険に扱う、どうでもいいと思っている、怖い、つらく当たる?

それはむしろ妻が浮気を怪しんだ頃、浮気がばれた後じゃないのか?

それがどうだろう、浮気夫は、俺がまだ浮気していない頃の妻と言い張っている。

だから探偵さんはよく言うのだが、「理由のすり替え」だと。

しかし、この手の浮気夫は歯止めが効かない。

さらに自虐的なことを言ってきた、、、。


終わらない夫の不倫に悩む妻離婚を迫る浮気夫


自虐的な夫の言葉に振り回されないこと


さらに自虐的なことを妻に言う夫もいる。

でもその夫とは、以前の夫ではない、浮気真っ只中の夫であることをお忘れないように。

そんな浮気夫が、

自分は夫としても父親としても最低な人だ。

こんな男と一緒にいたらおまえは不幸になる。

だから、、、離婚したほうがいいんじゃないのか?離婚でもいいぞ。
とりあえず別居するか?

おいおい、ねえちょっと待ってよ、夫の言葉だけ聞いていたら、そこまでマイナス思考、ネガティブに思わなくてもいいのに、、、と思う妻は多いだろう。

こんな状態では夫婦を維持していくのは難しいって発言しているわけだ。

ただこんな発言にも裏がある。今一度言うが、とにかく夫は不倫真っ只中であることはお忘れなく。

自分が好きにできない、自由にならない生活は嫌だ。
相手との関係をいちいち妻に邪魔されるなんてごめんだ。

ならば、別居して離婚して俺の人生を謳歌したほうが幸せだ。

とにかく不倫真っ只中の脳みそってなんでかこうなる。こう思えちゃうくらい、思考が偏るわけだ。

この不倫を終わらせるつもりもないから、そこまで自虐的なことを言って、妻を黙らせる。

まだ浮気を疑うのであれば、離婚でもいい。

そんな浮気しているような夫とは離婚しちゃえ!と他人事みたいな言い方もする。

すべては邪魔されずにお花畑に浸っていたいっていう頭。

裏ではかなりハイになってテンション高いのに、妻の前では悲壮感ばりばりな夫。

こんな夫の二重人格、二枚舌に振り回されてはなりません。

自分の欲望のためには、平気で嘘も、自虐的にもなれるものだ。


夫(妻)にどう向き合うか|探偵コラムメニューへ