本文へスキップ

家を出て離婚を催促する夫|調査事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

離婚を催促する夫|夫の浮気調査事例

 離婚したいと家を出ていき一人暮らしをしている夫。

 相談者の妻は夫の居場所すら知りません。
 離婚を催促してくる夫は浮気しているのだろうか。

 その真実は何なのか。
 探偵・興信所MKリサーチでお受けした過去の事例を紹介します。

 家を出ていった夫が離婚したいと催促する本当の理由って何なのか。同じような境遇に遭われている方は少なくありません。

 相談者は夫がいったいどこで生活しているのかを興信所に依頼したのでした。

 そこで知った真実とは。


不倫夫に離婚を迫られている妻


夫の今住んでいる住所を知りたい


 
千葉に住む相談者の妻は30代半ばの一人のお子さんがいる方でした。

 かれこれ1年ほど前から夫が「離婚して欲しい」と言ってくるようになり、妻としては「離婚する理由はないし、夫の言う離婚理由にも納得がいかない」ということで、口論するばかりで堂々巡りだったそうでした。

 それが半年ほど前、夫は離婚してくれない妻に業を煮やしついに家を出ていったのでした。

 夫の言うには、アパートを借りて一人で住んでいるということでした。
 職場は変わっていないのでそれほど遠くない場所に住んでいるのではということでした。

 相談者の妻は「探偵さん、夫が言う離婚理由ってのは一言で言えば性格の不一致。

『俺たち合わないし、こんなんだったら夫婦やっていても意味ないじゃん。おまえだって新しい人生を歩んだ方が良くないか?』ともよく言っていました。

 もしかしたら誰か好きな女性でもできて一緒に暮らしているのか、そんなこともよく考えます。

 まあ、周囲の人たちには浮気を疑った方が良いと言われますが。

 けれど夫は警察官です。どうでしょうか。

 私的には浮気の可能性は半分半分かなとも思えます。

 探偵さん、まずは夫が今どこに住んでいるのかつきとめてください」


千葉の浮気調査の探偵スタッフ


MKリサーチは夫の住所調査に入りました。その結果とは。


 
弊社探偵調査員は、警察官である夫の住所調査に入りました。

 その結果、夫が勤務する警察署から30分ほどのアパートに住んでいることが判明したのです。

 探偵調査員は、夫の部屋にかけられているカーテンが男性の一人暮らしとは感じられない雰囲気を感じたため、しばらく当地で張り込んでいたところ、一人の若い女性が夫の部屋から出てきてカギを閉めて出かけていく光景を目にしたのでした。

 この事実を依頼者の妻に報告したところ、「やはり夫には女性がいたのですね。夫の部屋から出てきたのであれば間違いありませんよね探偵さん?わかりました。

 本当は私は夫と離婚はしたくありません。でも、もう離婚は回避できないかもしれません。

 ですから、離婚になった場合、私は夫にも浮気相手にも償いをしてもらうつもりです。探偵さん、そのための証拠を固めてください。」

 MKリサーチは引き続き夫の浮気調査に入りました。


一緒に暮らす夫と不倫相手


探偵は浮気調査によってさらなる真実を見ることになったのでした。その真実とは。


 
夫の浮気調査は一週間行なわれました。

 夫は浮気相手と一緒に暮らしているのか。また浮気相手はどこの誰で、二人の関係はいったいどこまで発展している様子なのかを収集できればとのことでした。

 その結果とは以下でした。

○夫と20代後半に見える浮気相手は完全に同棲していました。

 朝、夫が出勤するときは浮気相手は玄関先まで見送っていましたが、仕事に出ている様子はなく、夫が勤務中はアパートに居たり自分の実家に行ったりとしていた日々でした。

 その実家とは車で10分程度で古くから居住している民家だったのです。

 しかし今回の浮気調査の中で、探偵調査員は新たな事実を垣間見ることになったのです。

 それは、夫が浮気相手の実家に頻繁に訪問していたことでした。

 夫と浮気相手は、ちょくちょく浮気相手の実家に行っており、泊ってきた日もあったのでした。

 弊社相談員は、その全てを依頼者の妻に報告しましたところ、


「夫は彼女と早く再婚したいのでしょう。だから私に離婚を催促しているんです」

 
そう確信したそうです。それから続けて言いました、

「夫は早く離婚して欲しい。養育費もきちんと払うし、当面の保証はきちんとするからと繰り返していたんですが、それもすべて彼女と早く再婚したかったからか・・・」


 
妻は夫のたくらみを知ったのでした。

 探偵の浮気調査によって真実を知った妻は、最後にこう話されました。

「もしかしたら浮気相手の女性は私たちのことを知っていて、もう解決しているものだと聞かされているかもしれません。夫の口からでしか聞けないことですから夫はどうにでも言えます。

 私が興信所をつかったこと、夫の不倫の事実を公にしたら、おそらく夫は不倫を認めるでしょう。
 しかし、夫の結論は不倫相手を選択することに変わりはないと思います。

 もうだめですよね・・・。

 親にも兄弟にも言われました。もうあの人とは縁を切った方がいいって。
 その方が私のためにもいいって。

 そこまでして不倫相手を選択している夫ですから。

 子供には苦労かけてしまうかもしれませんが、私の親もいっぱい子供に愛情を注いでくれるから安心です。

 自分の子供にすら愛情を注げない夫とは正反対です。」

 
子供がいることが救いです。これからの人生、子供と頑張って生きていきます。


 夫の浮気|調査事例集に戻り他の事例を見る