本文へスキップ

浮気、不倫を放置、様子見しても解決に至らなかった|お客様の声

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気を放置したばかりに招いた結果・・・|お客様の声

 夫の不倫を疑い、確信に至ってから、弁護士や心理カウンセラーや夫婦問題のカウンセラーに相談し続けた妻でした。

 様々な教えやアドバイスをされ、妻は、”何も知らないふりをし続け、じっと耐え放置する”ことを選択してきました。

 しかし、それでは何の解決に至らなかったとわかる瞬間がやってきたのです。


夫の不倫に悩む妻 夫の不倫に耐え続けてきたが・・・

 この依頼者様は、千葉にお住まいの30代後半の奥様でした。

 千葉から都内に電車通勤する夫の不倫に気がついたのはもう3年ほど前でした。

 帰宅時刻は遅い。

 携帯電話は肌身離さない。

 話しかけても空返事。

 とにかく今までと違う変化に妻は気が気でなりませんでした。

 たまりかねた妻は、何度か「最近おかしい」、「どうしたの?何か変だよ」などと言葉を投げかけてみたものの、「仕事で忙しいから」、「何でもない。おまえの気のせいじゃないか」とはぐらかされてばかりだったという。

 そして同じような行動をとられる方も多いようですが、夫が帰ってこない(帰宅時刻が遅い)夜、ネットを回遊したり、専門家に有料相談するようになっていたのです。

 「最悪のこと(離婚)も考えて、弁護士に相談に行きました。弁護士は、もし夫の不倫が原因で離婚するのであれば、夫が認めるはずはないから、証拠をとりなさいと。

 興信所とまではっきり言わなかったのですが、”確かな不貞の証拠”と言ってましたから、そういうことでしょう。

 また、違う先生にも相談に行きました。

 その先生は、離婚するにしてもこれから生きていくのに覚悟も必要だし、甘く考えない方がいいとおっしゃりました。

 何も離婚を望んでいた私でもなかった。もしものため、離婚も視野に入れなくてはならない時期が迫ってくることにも不安を感じてでの行動でしたから。

不倫問題カウンセラー 
 それからも夫婦問題で悩む日々でした。

 そしてカウンセラーの先生に相談にも行き長いお付き合いになったのですが・・・

 もうその頃、夫の行動はさらに度が過ぎた行動になっていました。

 私の方も探ったりしてましたから、不倫相手は同じ会社の人妻で、氏名までわかった頃でした。

 でも知れば知るほど、夫の行動がエスカレートすればするほど、私の心はどん底に落とされます。

 そのとき、先生は私の救いの神同然の位置づけでした。

 
「離婚したくないのであれば、興信所に依頼して証拠とって、女に慰謝料請求しようだとか、会って話をつけようとか考えてはダメ。

 とにかく、不倫については触れないこと。黙って耐えて、ご主人を優しく迎えなさい。」

 そう力を込めて諭してくれました。

 私も「そうだよね、事を荒立てたりしたら本当に離婚になっちゃうよね。夫は離婚だとか別居だとか迫ってくるわけでもないし。

 自分自身に至らない点も多々あったから、自分が変わるように努力しよう」と思い続けていたのです。

 それから半年、1年、2年と経過しました。

 夫の行動が改まることはありませんでした。

 浮気に罪悪感を感じてる?夫にそんな様子は少なくとも私には見られません。

 夫にとっては外で好きなことをしてきて、家に帰ってきても、うるさいことや別にとやかく言われない状況でした。

 私がいろいろ言わないから、ケンカも起こりません。

 私が夫の職場不倫に気がついていることを夫はわかってない様子でした。

 そのうち、二泊で出張に行くと言って家をあけたものの、それは嘘で、不倫相手と旅行に行っていたことも後々の形跡でわかりました・・・でも、黙っていました。

 飲み会で帰れない日も、不倫相手とホテルに外泊したことも、後々わかりました。

 でも、何も知らないふりをして耐えました。

 不倫に触れず、じっと耐えてきた私でしたが、そんな状況に居心地がいいのか、どんどんつけあがっている夫の行動でした。

 そしてある日、夫はこう言ってきたのです・・・


夫の不倫を放置する妻
 
 
「離婚して欲しい・・・」

 夫が初めてそう言ってきたのです。

 会話らしい会話すらない夫婦。冷めた空気。このまま夫婦してても苦痛だし、お互い一緒にいる意味がないだろうと。

 できるだけのことはするつもりだからとも言ってくる夫。

 「誰か女の人でもいるの?」

 耐えきれなくて、とうとうそう聞いてしまいました。

 「それはない!」と夫は否定しています。もちろんそれは嘘。

 あれから彼女とどんどん進展していったのかと脳裏に浮かぶばかり。

 夫の携帯も見ない、帰ってきた夫の身辺を探ることはやめなさいとの教えを守ってきた私でした。

 だから、それまで少しでも動向を把握できていたのですが、探ることも封印していたわけです。

 もしかして、この期間に不倫相手は離婚したのかもしれない。そう想像すらしました。

 
ずっと放置してきて、この結果。夫にとっては、女も大事、家庭も大事と、いいとこどりだった状態。で、いつかそのバランスは崩れるもの。

 私は、
このままではダメだとやっとわかった瞬間でした。

 もう遅いのかもしれない、ダメだ手遅れだ・・・そうも感じました。

 
何も知らないふりをしてきた代償は大きかった。

 まさかこんな仕打ちを浴びせられるとは夢にも思いませんでした。

 自分が変わろうと、そうすればきっと改善できるとも信じてきました。

 もちろん、そうやって改善できたご夫婦もいるかもしれません。


 でも私の場合はダメでした。かえって彼女との関係をより深く助長するものとなってしまったのです。

 でも仕方ありません。私が選択した道ですから。

 不倫がわかったとき、すぐに事実をおさえて、夫にも不倫相手にもずばっと行動を起こしてたらまた違った展開だったでしょうか。

 さらにどん底に落ち、『離婚することを決心した』とまで宣告してきた夫に対して、どうしたらいいか、さんざん悩み、貴社に相談したのでした。

 いかがでしょうか。

 今までのやり方ではダメだったとやっと身に染みて相談されてくる方は少なくありません。

 ここで紹介した千葉の奥様のお言葉は、多くの方が同じようなお言葉を発するものです。思い当たる節の方もいることと思います。

 でも諦めないでください。

 軌道修正、やり直しはできるのです。

 そこに早く気がつき、
気がついたなら迅速に行動を起こすことが大切です。

 夫(妻)、不倫相手にどう向き合うか|コラム集には、様々な事例、見解を紹介しております。ぜひ参考にしてください。


 お客様の声|MKリサーチに戻る


 向き合って行動起こすと決心したらMKリサーチへ
 年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42