本文へスキップ

不倫相手が弁護士たててけん制してきた|調査後の事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫相手が弁護士を立ててけん制してきた!|調査後の事例

 夫(妻)の不倫相手に対して自分で交渉するため、会いに行ったり、手紙や内容証明を送付する方は少なくありません。

 中には、慰謝料が目的でなく、”いっさいの接触も連絡も断たせる”と不倫関係に終止符を打たせたい一心でそうされる方もいるのですが、そんなあなたの行動に対して、ある日不倫相手が立てた弁護士からの通達がきた・・・そんな事例もあるものですが、この項で解説します。


弁護士をたてた夫の不倫相手


不倫相手の弁護士によるけん制に何ら物怖じ(ものおじ)する必要はない!

 不倫相手に対してご自分で動いたばかりに、不倫相手がこれ以上、あなたとの接触とか連絡を遮るために、また不倫相手にとっては不利になったり、(いろいろな意味で)被害が大きくならないよう、弁護士を立てることは弊所の依頼人の方のその後のケースでもあるものです。

 不倫相手に対してご自身で動かれた方の多くは、

○今持っている証拠、材料で示談させたいため。つまり示談で慰謝料を払わせたい。

○今は離婚はありえない。とにかく不倫の関係を終わらせたいため。不倫相手から反省の意と誠意ある対応を望みたい。

○離婚を決めてるが、弁護士に依頼することなく、自分で交渉して不倫相手から納得がいく慰謝料をとりたい。

 このような理由で動かれた方が多いことでしょう。

 しかし、不倫してたことがばれ、自分の身元まで知られてしまった不倫相手は観念してしまうだろうと踏んでいたが、ある日あなたに届いたのは、**法律事務所からの通達。

 弁護士事務所でなく、相手によっては司法書士や行政書士事務所からの通達もあるものです。

 そしてその内容は、不倫相手の代理人になったごあいさつ。

 そして今後の連絡などは、当事務所を通してくれという内容。つまり代理人以外への交渉はしてはなりません的なけん制。

 なんだか、不倫相手が守護神の影に隠れてしまったと感じてしまうあなた。

 これ以上、物騒な行動を起こすものなら、それ相応な対処をしてくるとまでけん制されているようだから。

 不倫相手にとっては、先に弁護士を立てた意味合いは幾つかあるものです。

 既婚者であれば、自身の不倫を配偶者に知られたくないこと。
 自身の不倫が勤務先に知られたくないこと。
 慰謝料の金額を何としても少なく済ませたい。

 なかには、”不貞の事実なんてないです!”とか、”相手の言いがかりです!”とまで弁護士に訴えて、まったく慰謝料払う気持ちもない嘘で固めている相手もいるものです。

 そんな不倫相手もいるなか、”浮気相手の配偶者から慰謝料請求をされたらご相談ください”とうたってる法律の先生もおいでになるようですから、それはそれでかまいませんが、まったく反省の意がない依頼人の弁護なんてして欲しくないのですが。

 どういうつもりで不倫相手が弁護士を立てたか、
 また不倫相手から依頼された先生はどういう手段をとるか。

 それを知ってたら、なんら物怖じすることはないのです。

探偵に紹介された弁護士


「あなたも非を認めて、このくらいで妥協したらどうか」と、不倫相手の依頼人を諭す先生であって欲しいものだが、「不貞はない」、「不倫なんて言いがかりだ」という依頼人の虚言に対しても、クライアントの利益を優先するのはいかがなものか。

 もちろん、不貞の証拠は、訴えたほうが立証せねばならないから、きちんとした証拠がなければ、不倫相手の弁護士も後方で騒いでいる不倫相手の利益になるよう仕事するだろう。

 しかしです!きちんとした証拠があれば何ら恐れることはありません。

 弊所でお世話した依頼者の多くは、確たる浮気の証拠を得ております。

 また依頼人のケースによっては、費用対効果も考慮して、弁護士に依頼せずご自身でやってみるのもありだと指南する場合もあります。

 もちろん、最初から弁護士に依頼する方も少なくありませんが、いずれにしても、確たる浮気の証拠があったうえでの行動ですから、物怖じすることはないのです。

 不倫相手が弁護士をつけたから、その後こちらも弁護士をつけたケースもけっこう多いのですが、和解に至った事例が多いとの印象です。

 そのような際、あなたのほうの切り札としての証拠が生きてきます。

 しかし、あなたも弁護士を立てた以上、勝手に暴走することは難しくなりますので、どういう流れで対処したいかは、弁護士とよく打ち合わせをしてください。

 不倫相手の配偶者に事実を知ってもらいたい、不倫相手の勤務先はもちろん、親にも知らせたいとかあるでしょうが、それはケースバイケースです。


 不倫調査した後の事例に戻る。