本文へスキップ

業務委託しない探偵社がなぜ良いか|信頼と安心の興信所

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

業務委託しない探偵社がなぜ良いか!?|信頼、安心の証

面談して契約した探偵社が依頼人の現場を責任もって実地する。
MKリサーチは設立以来、一貫としてそうしてきました。

業務委託しない社に依頼することがいかにお客様にメリットがあるか解説します。

MKリサーチでは、当リサーチの人員で実地出来ないご依頼はお受け致しません。

つまり、業務委託や他社の調査員に振ってまで契約をとる姿勢ではないからです。それはなぜか。

よく議論される料金同様、決定的な理由があるのです。

千葉県の興信所相談員


結論を言います。

「依頼人の現場を実地するうえでの意識が違うからです!」

現場を行うのは調査員です。

もちろん、業務委託された事務所の調査員でも、同業者であっても、現場を遂行する責任感はあるはずです。

責任感は当然あるのですが、依頼人のためにどこまでやるか、どこまで責任を感じているかの意識は違うものなのです。

世の中の様々な仕事を見渡すと、マニュアルがあり誰が行ってもそうそう結果は違わない仕事もあるでしょうが、私たち探偵が行う浮気調査などは、そうはいきません。

確かに業務委託された調査員の腕がよく、素晴らしい結果を提出してくることも多いのでしょうが、調査現場も様々でして、1日1回の決められた現場から、何日も実地したり、不規則に実地したりする現場もあります。

難易度にしても、高低はあり、壁に突き当たりなかなか思う通りに進まないことも多々あります。

問題は、壁に突き当たったときとか、難航している場合に顕著に表れます。

もし面談して契約した探偵事務所が責任もって現場を行っていたとしたら、例外もあるでしょうが、柔軟な軌道修正や調査方法の変換などメスを入れることも可能です。

それは事実をつかみたい証拠をとりたい、その料金内で何とかしたいという気持ちがあるからです。

しかしそれが第三者に委託された場合はどうでしょうか。実際に現場に入っている調査員は「何としても証拠をつかみたい」と感じてても、まず契約した分を淡々と良しも悪くも実地する。そんな消化試合的な発想ではないかと痛感します。

仕事を遂行するという責任はあったとしても、決められた仕事をただこなすだけ。そんな感じです。

そこにシロであってもクロであっても関係ない。極端な言い方ですが。

業務委託されて実地する場合と、依頼人により近い立場で調査をする場合とで、これだけの意識の違いが生まれてくるもので、この意識の違いが、結果に反映されうると思えてなりません。

業務委託を解説する探偵


もちろん、業務委託せず自分のところで現場を実地しているケースでも、調査員の意識の違いはあるといえますが、そこはトップ、リーダーの考え、また教育と浸透でどうにでもなるものです。

それが他社の調査員、もしくは委託した先のその先の調査員に振っていてはどうにもなりません。

もう一度言います。

依頼人の現場を、遠回りしてでも実地する意識、無駄だと感じながらも無駄を積み重ねていく意識、

また極端な例ですが、「今日はどうかな、むしろ明後日やったほうがよくないか!?」と踏み、臨機応変に変更するなど、

そんな対応は自分のところで最後までお受けしていないとできないことです。

つまり浮気調査には、このような対応ができるか否かで、結果が得られるか否かにも影響してくるもので、料金がいくら?と同様に、非常に重要なポイントです。

契約を受けたら、そのまま違う会社(事業者)へ現場は丸投げ(委託する)。

契約受けた探偵社は、ちゃんと料金が振り込まれるかが先決。

振り込まれ、現場を振った後には、「現場に任せていますので」、「まだ現場からあがってきていませんので」が常套文句。

酷い場合だと、なかなか連絡すらつかなくなる始末。

いかがでしょうか。

信頼、安心できる探偵・興信所は、お客様の調査を責任もって自社で実地しなければならないというリスク管理は徹底しております。

ですから、優良探偵社のなかには、「*月度はこれ以上お引き受けできません」となるのです。

それはMKリサーチも同じで、無理にお引き受けしても、責任もって実地できないため、お待ちしていただくか、お急ぎであれば他社に相談してくださいとのスタンスです。


信頼と安心のお約束へ