本文へスキップ

風俗店に通う夫は浮気のハードルが低い|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

風俗店に通う夫は浮気のハードルが低いもの!|探偵コラム

 あなたの夫は風俗、キャバクラに行く?行かない?

  風俗は浮気なんかじゃないと奇麗事を言うけれど、風俗店ばかりでなく、ホステスがいるクラブやスナックに足繁く通う夫は、”女性が好きである”事実は変わない。

 ただ、お酒が好きならば、居酒屋とかホステスに同席されないような飲み屋で美味しく飲めばいいのだし、ただ発散したい(オブラートな表現だが)のなら、自家発電でもよいのだろうが、やはりひと肌でなければ満足しない夫もいるものだから、お金払ってまでも風俗で本物の女性を求めるわけだ。

夫のキャバクラ通いに悩む妻


 一線を超えてしまうハードルが低いことは確かな夫

 このような風俗店通い、女性が多数在籍しているキャバクラに代表される飲食店通い。

 風俗ははっきり言って、”抜きたい”(ほんとストレートで失礼)のが本音だろうし、クラブやバーなど雰囲気が好きだとか、おいしく飲みたいだとか奇麗事を言うものの、結局、”女性と飲みたい”のが本音。そんな夫が多数だろう。

 なかには、お金と癒しの時間と割り切って、大人的に遊んでいる方もいようが、好みの女性がいれば、一生懸命になる夫のほうが断然多いと思える。(お金が続けばだが・・・)

 何が言いたいかというと、そんな下心丸出しで足繁く通ったり、お店の子を口説いたり誘ったりするとか、勇気がなくてもそんな願望を持っているということは、まさかのチャンスが到来したら、簡単にレッドゾーンに突入する危険と常に隣り合わせだ。

 要するに会社内で、取引先関係で、はたまた何かの飲み会やらで、意気投合した女性がいたとしたら、何かのはずみで浮気してしまうことってあるものだ。

 つまりそのハードルが低過ぎと言いたいのだ。

 風俗、キャバクラに通うほど”女好き”なのだ。

 もちろん、その手の店に行かない夫はいるし、行かない夫はいかない。たとえ勢いで行ったとしても、”また行きたいとは思わない”と思うだろうし、後ろめたさ感を抱く夫もいるものだ。

 だがハードルが低い夫は、日常の生活の中で偶然にも一人の女性と急接近することになった場合、勢いでハードルを越えてしまい、あやまちを犯してしまう可能性は大だろう。

 「これ以上はまずいぞ」とブレーキを踏むどころか、アクセルを踏み始め、必死にくどいているかもしれない。

 頭の中は、”ばれなきゃいい”だろう。

風俗キャバクラ好きな夫


 夫婦関係が上手くいってても風俗で遊ぶ夫は遊ぶ

 以前から何度も言っているが、夫婦関係が特段悪いわけでないのに、不倫する夫は不倫するものだ。

 また、夫婦関係が上手くいってても、セックスレスでもないのに、風俗店に行く夫は行くものだ。

 つまり夫婦関係がこうだったから不倫した、風俗店に通ってたとかでないことも大いにあるわけで、妻がいくら接し方を変えてもあまり意味をなさない。

 こうなったら、夫自身のモラル次第だと言っても過言でない。そこに妻の責任は存在しないのだ。

 もちろん、ハードルが低い夫たちも、不倫したくて風俗店に通っているわけでないだろうし、ホステスと不倫したくてキャバクラやクラブに通っているわけでもないが、まさかの展開はいつ訪れてもおかしくないものだ。


 探偵も、キャバクラのホステスとの不倫。


 家を出ていって風俗嬢との同居など、お金払って割り切って遊んでいたのが、普通の不倫に展開した事例はよく見てきた。

 それも特段珍しくはなく、なぜかと言うと、風俗店に勤める女性も、クラブのホステスも、プロの顔した一般女性だからだ。

 プロの女性を相手にしている限り安心だは封印するべきだ。


 デリヘル夫に狂う夫も多いわけだし。デリヘル夫と離婚したい妻の事例で紹介。


 不倫を斬る!|探偵コラムメニューへ