本文へスキップ

浮気の罪悪感があるかないか|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気の罪悪感があるかないか|浮気、不倫を斬る!

 浮気している夫(妻)を見てて、”この人、自分のしていることが、悪いことと思ってるのか”と脳みその中を見てみたいと思ったことがある方はいるだろう。

 だからといって、「悪いと思ってる?」、「罪悪感あるのないの?」と迫ってみてもはぐらかすに決まってるが。

 本日、この”浮気の罪悪感の効果”というものについて斬りたいと思う。


千葉の不倫相談員


 不倫してて罪悪感を感じてる人は多いとは思うが・・・

 ”不倫してて苦しくなってきた”、”こんな関係はよくないことだ”と、頭の中ではわかっている人は多いものだが、終止符を打たせる勇気もないのが現実だ。

 探偵も、「そんなに苦しいのなら、思いきってやめちゃえばいいのに」と他人事だけどそう言ったところで、なかなかそうもいかない。

 自分の不倫のためにつらい思いをさせている子供、そして何も知らない(知らないふりをしている場合もある)相手に対して多少の罪悪感というか負い目を感じている場合もあるものだ。

 探偵は思うのだが、この罪悪感とか負い目。

 これを抱いているか否かは、問題を解決するにあたって大きなポイントだと思う。

 例えば夫の不倫だった場合、妻に酷い態度や言葉を投げてくるものの、冷静になったとき、自分の行為に対しても幾ばくかの負い目を抱いていたとしよう。

 本人も”苦しんでいる”、”辛い”ことは事実だ(擁護するわけでない)。

 もちろん、されている妻の苦しさの比ではない。次元が違う。

 何を言いたいかと言うと、そんな己に対する罪悪感を抱いている場合、かなり高い確率で不倫に終止符を打たせることが期待できるということだ。

 よく、不倫している夫に罪悪感を抱かせるような接し方をしましょうという方法はもはや都市伝説で、多くの方が解説されるが、そんな相手であれば一定の効果は期待できる可能性もなくはないだろう。

 もはや罪悪感のかけらすらなく、”自分の不倫はおまえのせい”と言わんばかりに、相手のせいだとの態度の夫すらいるが、そうなってくるとかなり末期症状で、解決も時間がかかるものだ。

 だから苦しんでいる、負い目をもっているうちが勝負であって、何かしら解決に向けての行動を起こすことが必要だ。

浮気を終わらせたい依頼人の妻


 不倫している方の感情をとやかく議論しても仕方がないが、罪悪感や負い目を抱いている(でもやめられない。やめるやめないは別物だから・・・)相手は意外といるもので、運が良ければ、そのうち不倫は終わるかもしれない。

 でもあくまでも”運”、”成り行き次第”の外部要因に左右されることは確かなのは事実。

 だからといって、いつになるか予期できぬ不倫の自然崩壊を待っていることもできっこない。

 何の対処すら施さないことは絶対ダメだ。

 だから、相当に長い道のりを覚悟せねばならないが、相手に罪悪感を感じさせ続けるような、太陽のような接し方をされる方もいる。

 段々とボディーブロウのように効いてくるかもしれない。

 もしくは真実を暴いて行動を起こす方もいる。つまり不倫をやめる力がないから、やめさせる強硬手段だ。

 個人的には罪悪感を抱いているような夫であっても、後者のスタンスだが・・・。

 とにかく、不倫に対する罪悪感、負い目すら失せてしまったなら、不倫している夫だけに矛先を向けて解決しようと施しても難しいわけで、場合によっては、まったく効き目がない対処を永遠とし続けることになるのだ。

 
”あんた罪悪感あるのないの!?”と尋ねてみたりして・・・失礼。

 浮気、不倫を斬る!|探偵コラムメニューへ