本文へスキップ

不倫関係の彼に復讐したい|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫関係の彼に復讐したい|浮気、不倫を斬る!

 探偵に相談や依頼してくる方は夫、妻の立場である方がほとんど。

 たまに親兄弟が心配して、勝手に(失礼、極秘に)息子の嫁、娘の旦那を調べてくれとかもある。

 しかし、それに混じって、まさかの不倫真っただ中の方からの相談。
 これはほとんど女性だが、いったい何があったのか。


千葉で不倫してる証拠写真
 最初の数十秒の電話で、空気は読めるものだが、割り切って相談の電話を切ってしまえば(ガチ切りではないけど)いいのだが、そうもいかない。

 まず結論言うと、

「彼との不倫の証拠写真をとってほしい」
と言ってくる。

 もうこれは10人中10人と言って良いほど同じ。

 そしてさらに、ほとんどが既婚の彼と同じ職場であること。

 つまり社内不倫を続けてきたというものだ。このパターンが非常に多いものも確かだ。

 とくに既婚の彼が会社の上司のパターンが多く、人事権を握っている男もいれば、規模はどうだか知らないが代表取締役社長なんていうケースもある。

 社長とか幹部とかと社内不倫・・・ドラマだけの世界でもなく現実的にけっこう多いと感じてならない。職権乱用か。

 で、その彼(社長とか上司)が、”妻とは離婚する”、”離婚して一緒になろう”などとささやいてたりするからたちが悪い。

 そして最後には不倫している彼女を左遷させたり、解雇しちゃったケースがあって、それに腹を立てた女性が彼に対する復讐心を抱き始めたなんていう展開もある。

 不倫している彼が他にも付きあっている(関係を持っている)女性がいる疑惑や事実に対する復讐心でなく、同じ会社、同じ部署であったばかりに、不倫関係を続けていくうえで何か事情があって究極の選択を施した彼への恨みつらみなのだ。


不倫関係に悩む茨城の未婚女性 
 最近の相談でも、社長と不倫していた女性。

 不当解雇されたのだ。そして退職金どころか給料の未払いもあったとか。

 それに加えて、恒例の”妻と離婚して結婚の約束までしていた”男だったとか。

 しかし不倫の彼である社長との密会が途絶えたわけでないが、かなり少なくなってきたそう。社長の方も何かたくらみがあってのことだろう。

 いかがだろうか。

 不倫関係は続行しているものの、彼の仕打ちに納得がいかないのはわかる。

 だから彼と接触した夜の不貞の証拠写真、いわゆるラブホテルの決定的な証拠をとって欲しいとの相談なわけだ。

 つまり彼との不倫写真を切り札として保全しておきたいわけで、いざとなったら、それを材料に責め立てるという。

 相談者によっては法的な措置(賃金未払い、不当解雇などの理由で)をとると言っているケースもあるが、いざとなったらわかったものじゃない。

 不倫の彼の奥さんにばらす強硬手段の可能性もありありだ。証拠を楯に彼を脅して言うこときかせることもあろう。

 しかし不倫しているこの女性は、彼の奥さんからすれば、慰謝料請求されて当然な立場。
 頭の中じゃあ理解しているんだろうけど、”刺し違えても懲らしめたい”のだ。

 「けちけちせんといてびしっと手切れ金を払えばいいやん!」と、感じる方もいるだろう。まあそんなお金払いたくない彼もいれば、お金ない彼だっているから。

 しょう〜もない社長だ。また相談者の彼女の気持ちもわからないでもない。
 が、何度も言うように、

 
不倫関係だと確信して交際してきたわけだ彼女は。

 彼は本気で妻と離婚するつもりでなかったことも考えられるし、妻と話し合いはしているなか、想像以上に離婚のハードルは高いと身に染みて、ぐだぐだしていたのかもしれない。

 二人とも割り切って社内不倫しているならまだしも、その後を描いて関係を続けている二人。

 それも同じ会社であればいつか崩れ落ちる確率は非常に高いものだ。

 しかし何度も言うように、不倫であると自覚しながら関係を続けてきた彼女には大いに非があるのだ。いけないこと、悪いことだとわかってはいたと思う。

 その代償が今自身に降りかかっていると受け止め、もうこれ以上、傷つける人を増やさず違う方向に歩んでいく人生を期待したい。

 浮気、不倫を斬る!|探偵コラムメニューへ