本文へスキップ

不倫相手の部屋の出入りや同居は決定的な証拠か?

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫相手の部屋の出入りや同居の証拠能力|浮気の証拠とは

 係争が裁判まで進展した場合、ご自身が持っている浮気の証拠で十分、ぎゃふんと言わせることが可能か。

 よくある不倫相手の居宅の出入り〜同居状態までの証拠について解説します。

 不倫相手の部屋で密会している、もしくは生活している事実の証拠。

 これで不貞行為は立証できて、納得のいく慰謝料をとることができるのでしょうか。


不貞の証拠が欲しい依頼者


 
不倫相手の部屋の出入り、同居だけでは、絶対的な浮気の証拠とまで言えない


 調査を行った結果、不倫相手の居宅での密会現場を捉えた証拠は多いものです。

 その数からすれば、ラブホテル、シティホテルでの密会より断然多いのが事実です。

 不倫相手が一人住まいで、部屋に出入りできる関係であれば、あまりラブホテルには行きません。もちろん、何かのタイミングでホテルを利用する場合もありますが。

 しかし限られた調査期間中、期待倒れに終わる確率のほうが高いでしょう。

 となると、依頼人が得た証拠は「不倫相手の部屋の出入りの証拠」となり、その頻度、滞在時間、泊まったかなど。その証拠をおさえた結果になります。

 当然、依頼人もですが、一般的な見方からすれば、「一人住まいの女性の部屋に頻繁に出入りしている夫」、「未婚男性の家に夜に訪問し朝方出てくる妻」、「家を出て行った夫が行き先も言わなかった。調べた結果、一人住まいの女性のマンションに転がり込んでいた。」

 そのような事実が判明し、実際に証拠写真として1、2回でも捉えていれば、「それってあやしいよね。絶対に不倫に決まっているよ」と感じるはずです。

 その二人のことを知っている人からすれば、「やっぱりそういう関係(不倫の)だったじゃん」て烙印押すはずです。

 しかしそれはあくまでも一般的な見方。「あやしいよね」という推測に過ぎません。

千葉の不倫調査員


 ではそれが1〜2回だけでなく、3回、いや4,5回、もっと突っ込んで6回もあればどうなのか?ということですが、仮に不倫相手の部屋への出入り5回、つまり部屋への入り5回、出が5回ということですが、絶対に慰謝料も十分とれるだけのぎゃふんと言わせられる浮気の証拠とは言い切れないのが現実です。

 おそらく(例外もあるでしょうからおそらくです)弁護士に、「もっとインパクトのある証拠はないか?」ということを言われるかもしれません。

 つまり「もっと決定的な証拠はないの?」ということです。

 もしラブホテルの出入りが2回だったなら、「もっとインパクトのある証拠はないか?」とは言われないでしょうし、これで十分戦えますと言うはずです。

 となると、不貞行為がないはずがないのに、不倫相手の部屋とか単体だけの証拠ですと、「慰謝料をとれないことはないけど、期待するほどの慰謝料額がとれるか?」という見解にもなるようです。

 もちろん、相手次第ですから、1〜2回でも不倫を認め、慰謝料を支払ってくる相手もいます。

 ただ、今までの事例から、いかに男女の関係があると推測できるだけの証拠内容かが重要で、証拠写真、証拠映像を見て判断する側からすれば、「もっと強烈な決定打はないの!?」という見解にもなるものです。

 依頼人には失礼な誤解を招く表現ですが、不倫相手の部屋の出入りの事実しかとれない動きは、探偵泣かせでもあります。

 手を繋いで歩いている、キスをしている。腕を組んで親密そうにデートしているという、わかりやすい状況証拠も大切な証拠となってきます。

 浮気を立証させるために、「不倫相手の部屋への出入りだけ」は、十分な回数があったとしても、ぎゃふんと言わせるだけの決定的な証拠とまでは言えないことも念頭においてください。

 ただ、相手が認めれば別です。もちろん過去、認めた事例も多くあります。

 よって裁判にまで進展しそうな相手の場合、相談先の探偵・興信所とよく打ち合わせして、急ぎ過ぎず、じっくりと調査(費用をかけるということではなく、調査するタイミングのこと)を進めていくことが大切です。

 合わせて、不倫相手の部屋の出入りだけで不貞は立証されますか?も参考にしてください。

 つまり、「不貞を認めせたい!」ことにこだわるならば、それ相当な内容の事実がないと確実とは言えないのです。

 不倫の証拠とはへ