本文へスキップ

依頼したい探偵社から遠方に住んでいる場合はどうしたらいい?

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

依頼したい探偵社から遠方に住んでいる場合

「おたくからは遠方に住んでいますが、千葉、茨城、東京(弊所の活動エリア)の調査を検討しています。

 調査現場に近いおたくに依頼するか、私の地元の探偵社に依頼するかどう考えたらよいでしょうか。


千葉で面談する相談員


 調べたい相手(例えば夫とか彼)が、依頼したい探偵社のエリア(弊所でいえば、千葉、茨城、東京)に向かう予定がある場合、相談者が住む地域の探偵社に相談したら良いか、調べたい相手が行動を起こす(向かう先の)探偵社に相談したほうが良いか迷うところです。

 弊所でも意外とよくある相談ですが、このような場合、どう考えたらよいのでしょうか。幾つか注意点を上げて解説します。


 ○ターゲットが、千葉、茨城、東京に来た際、滞在する先、一定の時間帯に居る場所は把握できますか?

 これが一番のポイントです。

 あなたの地元を出てからの行動がまったく読めない、だいたいでしかわからないなら、弊所でもお断りせざるおえません。他社も同じかと思われます。

 浮気、素行、行動調査の場合、調査起点(いつどこから調査開始するか)がはっきりしていませんと、調査員はターゲットを認識できないからです。

 調査したくても本人が確認できなければ尾行すらできません。(ターゲットが個人の車両(または家族の車両)を使用するなら別です)

 このような場合は、あなたの地元からターゲットを尾行しないと見失うことになりますので、地元の信頼できる社に依頼するしかないでしょう。

 遠方の探偵社でも、あなたの地元に来てくれて、あなたの地元から調査すると言われたとしても、あまり現実的ではなく、おおかたあなたの地元の下請業者に現場を任せたりか、同業他社に協力を求めたりする可能性は高いことと思われます。

 千葉、茨城の探偵社が積極的にあなたの地元まで相談に来てくれて、調査もその社で対応してくれることは地元で忙しく活動しているところなら現実的でないと思います。

 よって慎重に判断しませんと大変なことになりかねません。


 ○調査現場になるであろう地域でターゲットを確認できる方法、手段があるなら遠方の探偵社に依頼するメリットは大です。

 あなたの地元からやって来たターゲットをある場所、ある時間帯で調査員が正しく確認できるのであれば、調査の効率から考えると、遠方の探偵社(調査現場に身近なところ)に相談した方が得策です。

 あなたの地元⇔ターゲットの向かう千葉、茨城、東京の往復の費用は端折れますし、その地に慣れている社のほうが良いに決まってます。

 しかし、相談者からはるか遠方の探偵社に依頼するにしても、事務所に訪問できない、相談員も来てもらえない場合は多いことと思います。

 そこが不安のひとつですが、このような場合はどうしたら良いのでしょうか。

茨城の相談員


 まれに遠方から来社される相談者もいますが、多くの相談者は電話とメールでのやりとりになってしまうのが現実です。

 そのような場合、探偵・興信所選びには細心の注意が必要です。

 以下のことを心がけてください。

ターゲットが向かう先が探偵社と身近であるか。きちんと住所の確認です。

 なにも30分とか1時間以内にこだわりなさいと言っておりません。地元で活動している社かどうかです。

 
一つの目安として、現場調査にかかる交通費を請求せず込みの料金で計算してくれる探偵社であれば安心でしょう。

○電話でのやりとりも大切ですが、
依頼しようか検討している探偵社のサイトをよく吟味されることです。

 実際に過去の依頼者様たちは相談される前に、探偵社が発信している内容を何度も吟味したと言います。

 遠方であればなおさらよく読んで、”ここに頼みたい”と思うか否か。
 そこも判断の分かれ目です。

 プロの探偵としてどう活動しているか、方針はどうか。
 浮気問題についてどれだけ経験豊富そうか、何となくわかるものです。

 実際に会って面談しないとわからないではなく、
相談するに値するところか否かは発信している内容をよく比べてみることなのです。

 その部分では、千葉、茨城、東京の近距離の相談者でも遠方の相談者でも何らハンデイはないのですから。

 ○電話相談、メール相談を重ね、
依頼しようかと思っても、”依頼することに無理があるのかなあ”と、脳裏によぎったら無理をしないことです。

 もちろん、あなたのほうが積極的に依頼したい意向でも、相談を重ねるなか、探偵社のほうが、”やや無理がありますね”と、前向きになれない場合もあります。

 そのような場合、MKリサーチでは、積極的にお受けしません。

 もしリスクが多い場合、上手くいかない場合もあるかもしれません。そのリスクは弊社のほうで推測できるものです。

 何度も言いますが、やって来たターゲットを調査員が確認できるか否かです。

 しかし無理があっても積極的に受ける探偵・興信所はありますので、注意が必要です。

 どんな困難な状態でもプロだからやってくれるんでしょうと過剰な期待も禁物です。

 いかがでしょうか、いくつかのポイントをあげたのですが、
 あなたの地元の探偵社と調査現場に近い探偵社のどちらがいいかどうしても迷います。

 そんな場合、全国ネットとうたう大手でなく(大手と感じるところは、下請け業者に現場をほぼふっていますし割高になります)、地元の一か所二か所で活動しているところで、サイトやブログなどを見ても甲乙つけがたい場合、現場に近い探偵社のほうがメリットはあると思えます。

 ただ、面談できなければ、十分に意思の疎通、やりとりを行い納得して契約してください。

 特に、ターゲットの顔写真の情報、わかっている情報は詳細に伝えることは絶対です。

 また、最後は契約書をFAXかメールで交わすことになるのですが、記載しなければならない項目(それは依頼人の保護権利のため)は法律で決められているので、不備がないか注意することです。

 あなたが信頼できそうだと感じた社で、あなたの地元の社と、現場になる遠方の社、一社づつ選び見積もりも兼ねて相談して比べてみればわかりやすいと思えます。

 その際、何社も選び過ぎないことです。

 じっくりサイトを読んで1〜2社づつ(多くても3社程度)に絞って尋ねる方のほうが失敗しないようです。


 
よくある質問|MKリサーチ/千葉・茨城・東京に戻り他の質問を見る。