本文へスキップ

調停、裁判中でも不倫相手と会っているようです

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

調停、裁判中でも会っているようです|よくあるご相談

 調停や裁判中でもこっそりと会い続ける不倫の二人は少なくありません。

 今回のご相談は、夫と相手女性との不倫の証拠をおさえ、弁護士に依頼し不倫相手を提訴した奥様からです。

 不倫相手との裁判は始まったばかりですが、夫と不倫相手がいまだに接触している様子だということでした。


夫の浮気相手と裁判中の茨城の妻

 
調停を申し立てても、提訴までしても、こっそりと接触している二人は少なくありません。

 不貞行為はありませんという反論は多いようですが、相手夫婦は破綻していると聞いてたし、むしろ自分の方こそ被害者だという反論、まれに既婚者であると知らなかったという反論まで様々ですが、その多くは事実と相反する反論のようです。

 やはり不利な判決を受けたくない、慰謝料は少しでも減額させたい思いから事実と違う反論をするものです。

 しかし裁判になった場合は特にですが、不倫という配偶者である立場を脅かす不法行為を受けたあなたの方が、真実を立証しなければなりません。

 今回のご相談者の場合、探偵に依頼してある程度の親密な関係である証拠(ラブホテルなどの不貞行為を立証できるものではない)を収集し、弁護士をたてて不倫相手を訴えたのですが、強硬に反論してきているようです。

 そして夫の方はどうかと言えば、「不倫相手とはもう別れて会っていない。」との一点張りだったそう。

 妻の方としては、その言葉を信じ、「興信所までつけて証拠をとって、彼女を訴えたのだから、さすがにもう会わないでしょう。」と、これから長い係争になるかもしれないが、提訴したことで少しは肩の荷がおりた気持ちで眠れるようになったという。

夫と浮気相手の証拠
しかし提訴してから、二人が一緒に居る現場を見たという情報が妻のもとに入ってきたのです。

 妻の知人が二人が不倫相手の車に乗って移動している光景を偶然見てしまったのでした。

 このようなケースもわりとありますし、奥様本人が現場に出くわすこともあります。

 「まだ続いてたのか・・・」と、過去に苦しみ悩んだときのことが走馬灯のようにフラッシュバックしてきたのでした。

 それ以来、再び眠れない日々になってしまったという。

 もちろん、二人が一緒に居たことを目撃した知人がいると、日時と場所まで夫に言ったわけですから、とうの夫も否定できず会っていたことは認めたそうです。

 しかし、「慰謝料請求をされているため(不倫は共同不法行為ですので求償権といって、不倫相手の女性が妻に支払う慰謝料のうち例えば半分を夫に請求できるという権利がある)、話しをしていた」と言い訳を言っていたそう。

 当然妻は信じるれるはすがありません。

 二人が一緒にいた状況は、まるで普通に密会していた様子と何ら変わりがなかったのですし、とても慰謝料のことについて話し合いをしていただけとも思えません。

 不倫相手との裁判ではお互い弁論のぶつけ合いで長引く様相でした。

 夫の方には、たまにちくちく問い詰めても、「もう全然会っていない」と一度知人に目撃された後は、まったく話し合いでも会っていないと言うばかりだった。

 しかし、夫の行動に不審を感じていたという。不審な外出、電話をしてもとらない数時間。もしかしてまだ会っているのではないかと。

 離婚裁判を勧める探偵


 いかがでしょうか。不倫相手と裁判で係争中であるにもかかわらず、水面下で接触している二人。

 もちろん浮気している配偶者との調停期間中の場合も多いものです。

 このご相談者の場合では、弁護士をたてており、また不倫相手も弁護士を立てたようでした。

 弊所としては、弁護士の先生と相談されてどうされるか打ち合わせをして欲しいとの見解でしたが、

 「今でも関係が続いている場面を一度でも良いから証拠をとった方がいい」との弁護士のアドバイスだったのです。

 これから裁判が続いていくなか、今なお接触している事実があることも材料の一つとして訴えていくのでしょう。

 結果的に、妻の勘は鋭いものです。二人は普通に会ってデートをしていたのです。

 そして、その事実をさらに知った奥様は、ご主人に、「**(不倫相手の名字)ともう会っていないよね?」と聞いたところ、「会っているわけないじゃん。」と平然とした顔で答えたそうです、ICレコーダーで録音されているのも知らず。

 おそらく、不倫相手も裁判で、「もう会っていません」と発言するでしょうから、事実と違うことを裁判で言い裁判官の心証を悪くするでしょう。

 調停や裁判に入っている場合で、弁護士をたてている場合は、弊所だけの判断で進めることは致しませんので、ぜひ弁護士に相談され、あらたに証拠が必要か、必要であればどこまでの証拠が必要かを協議してください。

 よくあるご相談|教えて!千葉の探偵さんに戻り他の相談事例を見る。


 裁判資料の収集はMKリサーチにご相談ください
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

調停・裁判に有利な証拠収集|千葉・茨城・東京