本文へスキップ

シティホテルでの浮気の証拠はどこまで必要か

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

シティホテルで浮気|証拠はどこまで必要か

 ラブホテルではなく、シティホテルを利用して浮気をする二人も少なくはありません。

 ではシティホテルを利用した浮気の場合、浮気の証拠として立証されるのでしょうか。またどこまでの証拠が必要となるのでしょうか。

シティホテルの不倫証拠


浮気調査を探偵に依頼した方は、不貞行為があると推測される浮気の証拠が誰しも欲しいわけですが、本サイトでも浮気の証拠として有力なものとして、ラブホテル、モーテルへの出入りの証拠写真を代表的なものとしてあげてきました。

 しかしラブホテルではなく、シティホテルを利用して浮気をする二人も少なくはありません。

 では
シティホテルを利用した浮気の場合、浮気の証拠として立証されるのでしょうか。またどこまでの証拠が必要となるのでしょうか。

 そして千葉の探偵MKリサーチでのシテイホテルを利用された場合には、どんなことを心がけ手段を講じているのでしょうか。解説します。

シティホテルで浮気する夫と不倫相手


 シティホテルで欲しい証拠とは

 他の探偵社の浮気調査の結果事例で、シティホテルに入っていく二人の姿と出てくる二人の姿が撮影された証拠写真を目にすることが度々あるのですが、それでよいのでしょうか。

 答えはノーです。

 シティホテルでの浮気はラブホテル、モーテルなどと違い、
建物への出入り≒浮気の証拠として立証されるということは不可能です。(もちろん浮気を認めてしまったら別ですが)

 ラブホテルというものは不貞行為を目的とした場所であると認識されているので、もちろん裁判所は」一回の出入りでも不貞行為は認めます。

 要するに
「ラブホテル、モーテルを利用したということが不貞行為に及んだと解釈される」のですね」と思っていただいて構いません。

 しかし、シティホテルとなるとそうはいきません。

 
シティホテルへの出入り≒不貞行為に及んだとまでお墨付きはもらえないのです。ですから、「二人でホテルに入った!」と喜んでばかりもいられません。

 「二人きりでホテルと名のつくところに入っていったんですよ。まして出てきたのは翌朝じゃないですか。外泊までしています・・・」
 そう思ってしまう気持ちもよくわかります。

 しかしシティホテルという場所は、商用で利用される人もいます。

 もし、「仕事上の打ち合わせで利用していただけだ。」とか、「不貞行為なんていっさいしてはいない」と反論されるのが落ちでしょうし、あなたが浮気の証拠として自信持って法的な処置をとったとしても、結局「不貞行為があったとまでは認められない」なんていう判決をもらってしまうでしょう。

 まして、浮気の証拠としては切り札にならないシティホテルに、ただ建物に出入りしているだけの証拠写真であればなおさら難しいのではないでしょうか。

 もし「別々の部屋に入ったし・・・」と言われたらどうしますか?

 絶対に同じ部屋に宿泊したことを立証できますか?

シティホテルに入る不倫の二人 その日、シティホテルに入っていった証拠の他にどれだけ二人の関係を立証できる積み重ねてきた証拠があるか。その質と量にもよりますが、

 シティホテルだけ単独で考えた場合、必要とされる証拠とは、
二人が同じ部屋に入る場面を撮影した証拠です。

 もちろん、警戒度の高い対象者の場合、別々に部屋に入っていくこともあるでしょう。

 よって、シティホテルでの証拠とりの場合は、探偵にはより追尾撮影能力が求められることになるのです。決して難易度は低くありません。

 
シティホテルを利用した場合での浮気の証拠とは、部屋に入っていく二人を撮影すること(出てくる二人を撮影すること)と認識ください!

 *ラブホテルでは、建物に出入りする二人、敷地内に出入りする対象者の車とかでも浮気の証拠として立証されます。

 いずれにしてもフロントまで追尾することが限界ですが、そこまで追尾撮影できたら満点です。
(さらに一緒に部屋まで尾行することは現実的ではありませんし、不可能です)


  シティホテルを利用する浮気の場合、一緒にエレベータに乗る!
 
 シティホテルでの証拠どりで探偵には追尾撮影能力というものが必要とされます。

 しかし対象者の警戒度、ホテルの環境によって、絶対に成功するのかということも言い切れません。

 どんなに探偵調査員の尾行が上手でも透明人間にはなれません。対象者の視線にも探偵の姿は入るでしょう。

 よって警戒行動から、違う階で一度降りて部屋に向かう対象者とか、後方から歩いてくる他人を気にしつつ、やり過ごしてから部屋に入っていく対象者なんていう人もいます。

 「そんな警戒までして?」と驚かれる方もいるでしょうが、いるのです。そんな警戒行動をとる人が・・・。

 いずれにしても、それは結果論で、どんな場面でも探偵は最善を尽くさねばなりませんが、シティホテルに入っていった時点から、建物に入って行く二人を撮影して良しとするのではなく、カメラを仕込んだセカンドバックを取り出しホテル内撮影に切り替え、フロントもしくは、エレベーターまで尾行し続けます。

 
もちろん一緒にエレベーターに入って行かねば見失います。

 地方のホテルであればまず99%、(都心でも結構そうだが)、エレベーターに入っていったのは、対象者たちと探偵だけだったという場面になる可能性は大です。

 一緒にエレベーターに入るまでも探偵は演技し続けカモフラージュします。

 もちろん、対象者たちにとっては、後からエレベーターに入ってきた探偵は気になりますでしょう。(あまり気にしない人もいますが、普通は気にします)

 そして探偵も偶然を装って同じ階で降りるわけですから、その時点でさらに気にするでしょう。(それまであまり気にしていなかったが、気になり始めます)

 そこから何としても演技しながら部屋まで追尾撮影していかねばなりませんから、技術力も要求されます。シティホテルでの長い廊下は対象者と探偵だけの場合がほとんどでしょう。し〜んとして閑散としているはずです。

 「そのままおとなしく部屋に入ってくれ!」と念じて探偵は撮影しながら尾行しますが、男女で組んで追尾していくこともカモフラージュの追尾撮影のひとつです。

 それとエレベーターに乗らずとも、非常階段を上がっていく、もしくは途中の階で降りて階段で向かうテクニックなどありますが、現場の状況に応じて追尾してください。


  シティホテルの部屋から出てくる証拠がとれたら文句なし!

 不倫の二人が入った部屋が判明したのであれば、付近の部屋をとることです。

 探偵MKリサーチは依頼者の許可を得て、部屋をとるようにしております。

 部屋番号まで一般的にはリクエストはしないと思いますが、部屋から出てくる場面の撮影が可能である位置の部屋番号をチェックし、適当な理由を言って部屋のリクエストをするのです。(探偵MKリサーチではよく使う手があるのですが)

 また、部屋がとれてからも、ある種のカメラ、機材は必要となってきますので、探偵の調査力、機材力の有無も問われることとなります。(ここでは使用する機材と撮影方法の説明は省きます)

 理想的な部屋がとれなかったら部屋から出てくる場面の証拠撮影はまず不可能でしょう。
強引な調査手段をとってもリスクが高くなるばかりです

 その際は一階、もしくは出入り口をおさえて張り込むしかありません。

 いかがでしょうか。シティホテルを利用した場合の浮気の証拠の内容はどこまであればベストなのかおわかりできたでしょうか。

 また探偵に相談される際、シティホテルを利用する可能性がある場合はなおさらのこと、相談員に「どういう場面の証拠をとりますか?」と尋ねてください。


 浮気の証拠とはに戻る。


 浮気の証拠は探偵MKリサーチにお任せください
年休無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42