本文へスキップ

2週間、勤務終了後の夫を不倫調査して料金は?

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

2週間の浮気調査していくら?|料金費用の事例

 「夫の浮気調査ですが、毎日勤務終了後を追ってもらい証拠をつかんで欲しいのですが、2週間程度いくらでやってくれますか?」

 千葉に住む30代後半の奥様からのご相談でした

 MKリサーチでお受けした浮気調査の料金事例を紹介しております。

 情報に鮮度を持たせるため、過去1年以内の料金費用の実例です。


千葉・東京担当不倫調査員


 ◆浮気調査の依頼内容とは

 依頼者は30代後半の妻。

 夫は自宅から電車で数駅移動した場所であるお店を経営していました。

 不倫相手は不明。半年ほど前から帰宅時間が遅くなり始め、また自宅に送られてきたクレジットカードの明細を見たところ使途不明金が多く、二人で入店した飲食店のレシートなども見つかったそうだった。

 夫の浮気をあやしんだ妻は、数カ月ほど前、夫に問い詰めたが、まったく会話は堂々巡りだったそう。

 それ以降、夫の行動は多少落ち着いたが、やはり月に何回かあやしいなと感じた日はあるそうだった。

 夫は木曜、日曜が休み。閉店時刻は18時頃。

 しかし事務所に残って残務処理などがある場合は19〜20時頃までは出てこないかもしれないし、会合があるときは22〜23時ごろの帰宅になる場合もあるそうだった。

 また何も予定がない日は、20時頃には帰宅するそうだが、今までの流れから予測すると、一番あやしいのは、休みの日の前日で水曜、土曜あたりとか。

 いずれにせよ、急に帰りが遅くなる日もあるそうなので、「やまを張ってもいいんですが、急にっていうことがたまにあるので、気が抜けません・・・」というのが依頼者の本音だったのです。


 ◆MKリサーチがお受けした料金と調査内容とは

 依頼者の妻と協議した結果、2週間(休日の木曜、日曜以外)の浮気調査を行うことにしました。

 調査開始時刻は、18時より夫のお店から。

 尾行方法は徒歩、電車。たまに自転車通勤をしており、自転車もスタンバイ。

 以下が実際の調査で稼働した時間数です。

 月曜日  18時〜21時  3時間 帰宅
 火曜日  18時〜20時  2時間 帰宅
 水曜日  18時〜23時  5時間 会合
 金曜日  18時〜23時  5時間 *浮気相手と接触
 土曜日  18時〜21時  3時間 帰宅

 月曜日  18時〜20時  2時間 帰宅
 火曜日  18時〜24時  6時間 *浮気相手と接触
 水曜日  18時〜20時  2時間 帰宅
 金曜日  18時〜20時  2時間 帰宅
 土曜日  18時〜4時  10時間 *浮気相手と接触

 

 ¥600,000円

 (別途消費税)でお受けしました!


 
総合計時間数は、40時間になりました。

 1時間あたりだと、¥15,000円です。
 調査員2名×車両1台です。

 実は目安となる稼働時間は40時間での契約でしたが、多少オーバーしても(45時間程度まで)同料金で後請求はしないと約束していたのです。

 もちろん、全ての諸経費はオール込みです。

 交通費だとか、車両使用料(この項目は弊社ではありませんが)も全て上記料金に含まれております。

 GPSを使用しても別途料金はかかりまません。

 弊所の場合、余計な経費を請求しませんので、額面以下のお得感は絶対にあるとの自信です!

 早期に十分な証拠がとれた場合、成功とみなし、調査を打ち切るとかいう契約でもなく、2週間は調査を続行するという契約でした。

 やはり、弊社でもこれが限界の条件プランだったことは言うまでもありません。

  一日(一回)の調査が2〜3時間とかそれほど時間を要しない日もある。

 しかし、小刻みな時間数でも毎日夫を追ってもらった方がいい。

 そんな浮気調査を希望される方は、ぜひご相談ください。


 料金費用の事例集メニューへ